2019年7月 8日 (月)

蜂の襲撃

土曜日のことだけど、花が終わったサツキを綺麗に刈り取ろうと作業をしていたら、身体にチクチクと痛みが走った。

何かのトゲかと思ったら、蜂がわんさか、急に沸いてきた。

「うわ!」

と、声を上げ、植木ばさみを放り投げ、逃げた。

それでも、三箇所刺されてしまった。腫れてとても痛い!

お昼前だったので、皮膚科に電話して診察してもらうことにした。

薬を貰い、痛みもようやく落ち着いた。改めて調べてみたら、サツキの中に蜂の巣があった。

蜂にしてみれば、いきなり巣を刈り取ろうとする不届き者が来たと防御したのだろうけど、彼らの攻撃態勢は凄かった。

腫れは大部収ったけど、夜中に痒くなって眠れなかった。

気持ち悪いので、蜂の巣を撤去することにした。スキーウエアにパイクのヘルメットで完全武装して髙枝はさみを使って、蜂の巣を切り取り、袋に入れた。遠くで見ていた人と目が合った。恥ずかしかったけど、構わずに続けた。無事に撤去。その後、蜂撃退用のスプレーを撒いて作業 完了。

 

みなさんも呉々も気をつけて下さいね。

| | コメント (2)

2019年7月 5日 (金)

カードのポイント

カードのポイントが急に増えていたりする。

通信会社系のカードだけど、エントリーすると、ポイント20倍とか、ゲームでポイント付加とかいろんな案内が来て、気が向けばスゴロクゲームをしたり、クイズをしたりして、結構小まめにポイントを稼いだりする。たまたま必要な買い物があって、20倍の時に買い物をするとポイントがまたまた増える。

先日、千円分のポイントを使って、残りが100ポイント位になっていてちょっと淋しいなぁと思っていた。ところが、しばらくして見たら、急に5000ポイント増えていた。

こんな時は嬉しい。地道な努力(?)が実ったのだと思うと自分を褒めたくなる(^^;)。

でも、これは、地道な努力のせいではなく、ポイント20倍が大きかったようだ。

でも、よく考えてみたら、スマホで結構高い通信費を払っているので、これ位のリターンは当然かなとも思う。

それでも、まあ、時々入ってくる3000ポイントとか5000ポイントはやっぱり嬉しいのです!

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

半夏生

今月の初め頃半夏生を見に行ったけど、もちろん、まだ白くなっていなかった。

昨日もう一度見に行った。ちょっと億劫ではあったが、後悔しないようにと思って電車に乗った。

いつものように七条で降りて、五条まで歩いた。

高瀬川沿いをのんびり上がって、途中で五条の喫茶店(前回と同じとこ)でハンバーグランチを食べた。

ここのランチはとても美味しい。サラダもしっかり美味しい。

満足して建仁寺、両足院へ向かってのんびり歩く。15分ほど歩くと建仁寺に着く。

両足院はあまり混んでいなくてゆったりと見学できた。観光客は半夏生にはあまり興味がないのかもしれない。

半夏生はすっかり化粧済みだった。

Dsc_2270540x960  

縁側に座って、半夏生の庭を眺める。こういう時間は何ごとにも変えがたいとつくづく思う。涼しい風が庭からフッと流れてきて、さらに癒される。

帰りは五条まで歩いて電車に乗る。この道程は古い街並みが続いていて、とても懐かしい。「懐かしい昔のお店」という看板の家があったが、とっくの昔に閉店したようで、古い看板だけ残されていた。

どんな店だったんだろう? この界隈を見ると、京都に来たばかりの大昔を思い出して、何だかキュンと切なくなる。

 

| | コメント (2)

2019年6月23日 (日)

夕顔

去年できた夕顔のタネを植えたけど、全然芽が出なかった。

仕方なく、新しいタネを買ってきて植えたら芽が出た。これでひと安心。

朝顔も植えたのだけど、夕顔もないと淋しい。

夜中にふんわりと咲く白い花。近づくと石鹸の匂いのする美人(あくまでも比喩です)のような良い香りがする。

朝の元気な朝顔も良いけど、夜の夕顔はまた格別だ。何と言っても美人だ。

去年は部屋からは見えない所に植えてしまったので、今年は部屋からも見える所にした。

夜中に、カーテンを開けたら、ふんわりと咲いた美人の姿が見られるのが楽しみだ。それが月夜だったら、これもまた良い。 Dsc_2229864x1536

| | コメント (2)

2019年6月21日 (金)

完全ワイアレスイヤホン

ジムで筋トレしているときに、いつも音楽を聞いている。

筋トレは楽しくはないし、ただ辛いだけなので、せめて音楽でも聞いて頑張ろうと思っている。

しかし、イヤホンのコードが引っかかったりして邪魔になる。この前、ヨドバシカメラに行ったら「完全ワイアレスイヤホン」

というのを見かけた。結構良い値段だったけど、比較的安いものを選んだ。レコード針メーカーで有名な「ナガオカ」の製品だ。

これはとても便利だ。コードがまったくないので、引っかかることも無い。気軽に使える。音も良い。

しかし、難点が一つ。僕の右耳の形状のせいだと思うけど、たまに抜けて落ちてしまう。コードがあれば、本体が床に落ちることはないけど、コードがないので床に落ちる。

トイレとかだったらとても困る。あるいは、駅のホームで線路に落ちたりしたら……等々。

でも、今のところまだジムでしか使ってないので、最悪のことはないが、気をつけないといけない。

耳の形状に問題のない人は大丈夫だと思うけど、導入しようと思われている方は注意してくださいね。

Dsc_2227864x1536

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

最後の一粒

バレンタインに娘に貰ったチョコレート。

猫のデザインのチョコだったので、割と大事に食べていた。しかし、いよいよ最後の一個になってしまった。

賞味期限を見たら「5月31日」だった。

もう、しょうがないか! と思って食べた。今朝は珍しく早起きだったので、10時頃には小腹が空いてきた。

丁度良い頃合いだったので、最後の一粒はとても美味しかった。

箱が可愛いので、小物入れにでも使おうと思う。

それにしても、バレンタインから何ヶ月経つんだろう?

 

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

高瀬川そぞろ歩き

今日から6月。

「早いなぁー」と言いたい気持ちをぐっと抑えて、ここは「時の流れに身を任せて」粛々と(この言葉誰かがよく使う言葉できらいだなぁ)。

先月の終わりに、春以来の京都に行って来た。あまり暑くならないうちに、高瀬川そぞろ歩きをしたいと思った。

この辺りは観光客もほとんど居なくて、のんびり歩くのに最適だ。

この日は気温もほどほどで、空気も乾いていて、散策するのに丁度良い日和りだった。

樹木のネームプレートもバージョンアップされていたりして「フムフム、これがアオキか。フムフム、これが楠木か」などと口に出したりするのも面白い。

中には「桜のなかま」などと言うアバウトなプレートもあったりする。

四条通りの喧噪に比べると、高瀬川は、ただ静かに、のんびりと流れている。時に、カモが泳いでいたりする。以前は大きな亀も見つけた。

道路端に「サウナの梅湯」と書かれた古い銭湯があった。営業しているのかと思ったが、現在も営業しているらしい。と思ったら、すごく高そうな高級旅館があったりもする。

そんな発見もあり、ここはぶらぶら歩きに適している。

五条に着くと、ちょうど昼時だったので、前に入ったことのある定食屋に入ったら、サラリーマンの行列が出来ていて止めた。

仕方ないので、近くのカフェで食べることにした。外に置かれたメニューカードを見ると「ビール」の文字が無い。「ハンバーグランチ、サラダ付き」合わせて注文すると、コーヒー250円というのもある。

ビールが書いていないのが不安だったので、店に入るなり「ビールありますか?」と聞いてみると「スーパードライの小瓶があります」とのこと。それで十分!! でも、店に入るやいなやビールありますかと訊く客も珍しいだろうなぁと思った。

ここのハンバーグランチは抜群に美味しかった。サラダの白いアスパラもハムも、とても美味しい。

四条まで歩いたので、ついでに建仁寺の塔頭の一つ、両足院にでも行って、まだ早いけど「半夏生(はんげしょう)」でも見ようかと思った。

この祇園界隈は、かけうどん900円の店もあれば、寿司の盛り合わせ(10カン)750円の店もアリ、なかなか興味深い。

半夏生はやはりまだ化粧していなかった。

| | コメント (2)

2019年5月25日 (土)

歓迎されない季節

急に夏になった。

昨日まで長袖のシャツで大丈夫だったのに、今日は半袖のTシャツじゃないと過ごせなかった。

バイクで近くの図書館まで行って来たのだけど、信号待ちの時がとても暑くて大変だった。

まだ、5月やろ? って思うけど、太陽は早く夏にしたいらしい。この調子で真夏はどんなになるんやろ? 想像したくない……。

それでも、救いは部屋の中の気温。部屋に居る限りはまだ大丈夫だ。でも、土日だからといって、ずーっと家の中に居るわけにはいかず、いろいろと用事もある。

そろそろ覚悟を決めるべきなのだろうけど、まだ十分に良い季節を満喫していない。まだ出かけたい所はある。

気温の低い日を見計らって、出かけたい所に出かけよう!!

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

東京 上野・

先週、久しぶりに東京に行って来た。友人のお見舞いだけど、今は入院している訳では無く、一緒に浅草で飲んできた。

肺癌の彼は、癌の影響で声が出にくかったけど、よく話を聞いていた。

一応ツアーの切符なので、上野の美術館のチケットがセットになっているもので、非常に安い。普通に買う切符よりも9千円ほど安い。

その代わり、出発は6時台、帰りは夜の8時台からの新幹線になる。経費を節約しようと思えば、知恵を使うか、労力を使うか、そのどちらも使うかしかない。

楽して節約は出来ない。

一緒に行った友人が缶ビールとおつまみ、おにぎりなどを買って来てくれて、早朝6時から缶ビールという幸せなひと時だった。

この日は浅草の三社祭の日ですごい人手だった。浅草寺が人で埋まっていた。大阪もたいがい人が多いけど、この三社祭の人の多さには驚いた。

駒形のどぜう屋さんでお昼をいただき、どぜうとビール、日本酒、焼酎などを飲み、浅草寺の屋台のような店で飲み、アメ横で飲み、朝から夕方まで飲み通した。

総勢七人だったので、話も弾み、ついつい酒が進む。

帰りの新幹線は爆睡だった。新大阪が終点だったので、安心して眠れた。

お見舞いに行ったのか、友人の病気を悪化させに行ったのか、今となっては判別がつかない。でも、友人はとても楽しそうだった。  Dsc_2148780x1040Dsc_2155780x1040


 


 

| | コメント (1)

2019年5月23日 (木)

作家デスク

今まで使っていた机(娘からのお下がり)が傾いてきてちょっと危なくなってきたので机を買い替えることにした。

どうせなら大きな机が良いと思い、予算の範囲で探した。

いろんな店を見て、ようやく適当な机に出会った。

通常100センチから120センチ幅の机が一般的なのだが、150センチに拘った。

文芸誌などを見ると、作家が広い机に座ってインタビューに答えていたりする。それに、広いと何だか自分の頭の中も広くなったような気がする。

この机で小説を書いたら良いなぁと思った。

この机は引き出しが何もないので(その代わり肘掛け椅子が入る)、予算の関係で、以前の引き出しのキャビネットを使い回した。

使ってみて(このブログを今正に書いている)どうだったか? やっぱり良い!! 広さがあるというのがこんなに良いとは正直思わなかった。

机上の宇宙が広い。

何か良い小説が書けそうだ。

がんばりまーす!!

Dsc_21601040x780

| | コメント (3)

«おまけの奇蹟