« 杜の都・大学女子駅伝 | トップページ | じんましんで眠れません »

2006年10月30日 (月)

秋の夜長に小説を

秋になると人恋しくなります。これは、人間だけでなく、ネコもそうですよね。うちのジジはやたら恋しがります。ふだんは結構クールなのですが、秋は甘えっ子になります。それがうれしいのではありますが…。

秋の夜長に小説を…と思う方もおられると思いますが、もし、どうしても読みたいのに読む本がない!!という方のためにアップしました。「仮題・病院なる人々」第6話です。

よろしくかったらどうぞ。

「byoin6.pdf」をダウンロード

|

« 杜の都・大学女子駅伝 | トップページ | じんましんで眠れません »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

読みたい本も読んでしましたので(;^_^・・
浅田次郎さんの薔薇盗人と月のしずくを
一気に読んでしまいました(久々の読書)

介護も人事ではありませんし
自分もいつ、どんな病気や事故にあうかも
分かりませんよね...
そんな事を思うと、ふと一緒に暮らしてる
動物、、「遺書でも書いておこうか...」
などと思ったりします。

投稿: バロン | 2006年11月 7日 (火) 11時44分

バロンさん今晩は。
いつも読んでいただいてすみません。時間を浪費させているようでごめんなさい。
僕も最近浅田次郎さんの「地下鉄に乗って」を読みました。面白かったです。映画も楽しみです。
きのう、村上春樹さんの「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」という本を買ってきたのですが、家に帰って本棚を見たら、この本が本棚にありました。むむむむむー!くやしいー(^_^;)

投稿: モーツアルト | 2006年11月 7日 (火) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/12491574

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に小説を:

« 杜の都・大学女子駅伝 | トップページ | じんましんで眠れません »