« 明けましておめでとうございます | トップページ | 新春福袋 »

2007年1月 1日 (月)

椿山課長の七日間

二つの本の紹介です。

1、浅田次郎の「椿山課長の七日間」

 よかったですよ。泣けました。死を仮定して生き方を問い直してみる…というような思いにとらわれながら読みました。構成がすごいです。でも、欲を言えば、3人が借りた現世での体の持ち主についてももう少し語って欲しかったなーと思いました。彼らは一時的な存在ではなく、きっと普通の人たちだったのだと思います。自分で想像すればいいのかもしれませんが…。

Photo_1

2、浅田次郎の「地下鉄に乗って」

同じ作家で、同じような傾向の物語なのです。切なくて、スリリングで、おもしろくて、この世界に引き込まれてしまいます。

Photo_2

浅田次郎の作品はこの二つしか読んでいませんが、浅田作品は映画化されるものが多いのですね?この二つの作品も映画化されました。いつかビデオを見たいと思います。

もしよかったら正月休みにでも、読んでみてください。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 新春福袋 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/13300500

この記事へのトラックバック一覧です: 椿山課長の七日間:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 新春福袋 »