« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

ガソリン再値上げ!!

この日を待っていたように、ガソリンが無くなりました。ニュースとか見ていたら、スタンドが混みそうなので、結構朝早くにガソリンを入れに行きました。全然混んでいなくて普通でした。満タンにして、一安心です。と言っても、次は高いガソリンを入れないといけないので、気休めには違いないのです。

夕方、同じスタンドを通ったら、国道までたくさんの車が並んでいましたsign02

しかし、みんな何であまり怒らないのかなsign02意思表示する手段がないんでしょうね、きっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

ギリギリ間に合った黄桜

もう散ってしまったかな?と思いながら友達と5人で京都伏見の酒造「黄桜」に黄桜を見に行ってきました。もちろん黄桜を見るだけではなく、おいしいお酒も目当てです。

まだ咲いていましたlovely。ほとんど散りかけではありましたが…。黄桜を見て、満足し、次の目当てのおいしいお酒を、併設の居酒屋でいただきました。いつも外のテーブルでビールなので、ここは初めてでした。夕方4時半頃でしたが、結構人が入っていて盛り上がっていました。「のれそれ」とか「竹の子の若竹煮」、「初鰹のたたき」などいただきながらおいしいお酒を味わいましたbottle

祇園の八坂の塔の散りかけの桜も見ながら、久しぶりの京都を歩きました。ホントに良い季節です。cherryblossom

Yasakanotou Kizakura08

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

衝動買いFile2

今日、クーパー君の1,000㎞点検をしてきました。待っている間、ワックスなど買おうかなと思って店内をブラブラしていたら、サイドウインカーのアクセントが目につきました。ミニのクラブマン発売に合わせて発売したものだそうです。ユニオンジャックをデザインしたもので、いかにもミニらしいアクセントでした。僕は思わず「これつけてくださいsign03」と言ってしまいました。余分なお金は持っていなかったので、もちろんクレジットカードでした。

時々財布の中身を顧みず、無謀な衝動買いをしてしまいます。ホントに困ったものですcoldsweats01。もちろん、うちの奥さんにきつくしかられました。こんな時に限って僕の車に乗ったりするんですcoldsweats02

Cimg2596

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

木曜日は雨

今年度は、木曜日に滋賀にある大学に講義に行っています。ところが大学が始まってから今日までの3週、毎回雨なのです。それも半端な雨ではなく、暴風に近いあめなのです。高速も走りにくいし、大学の、近くの駐車場も木曜日はいっぱいで、少し遠い駐車場に駐めないといけません。ちょっとつらいです。すかっと晴れた高速で、クーパー君を飛ばしたいと(もちろん、そこそこですがcoldsweats01)思うのですが、なかなかそういう機会に恵まれません。もっぱら、最近レンタルしたビューティフルheart01カバーズhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/jeugia/vicl-62806.html

や、懐かしい吉田拓郎のカバーアルバム「吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~」などを聞いて喜んでいますnote。このCDでは、熊木杏里さんがカバーしている「夏休み」がとてもおしゃれでした。heart

ユーミンの曲を海外のアーティストがカバーした、「OVER THE SKY Yuming」もなかなかステキでした。

ちょっと自慢ですが、クーパー君には6つのオーディオスピーカーがついています。前に四つと真ん中に二つです(どの車もついてるわーpoutと怒られそうですが…)。これがなかなか良い音なんですhappy01アハハハハー。

最近カバーがはやりなのでしょうかsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

滋賀のしだれ桜

少し前になりますが、長い春休み(学生にとってcoldsweats01)が終わり、大学にも新入生がやって来て、にぎやかなキャンパスになっていました。桜はさすがに、散っていましたが、しだれ桜は満開でした。春の学校(会社も同じですね)というのは、大学に限らず、独特の雰囲気に包まれます。華やぐというか、新しいというか、緊張するというか…happy01。この季節だけの雰囲気ですね。

今日は、野菜の種を買ってきました。ネギとか青じそとかインゲン豆です。青じそは以前失敗したので、今回は慎重に育てます。すべてプランター栽培ですが、うまく育ったらうれしいですね。「プチ自給」cloverかな?アハハハハーsign02育ったらの話ですが…。うまく育ったら写真出しますね。

Sigasakura

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

(続々)湯布院・柳川に行ってきました

つづきがずいぶん遅くなってしまいました。

柳川の川下りはとてものんびりしたものでした。僕と夫婦連れの方と、3人だけでした。船頭さんは22歳の若い人でした。この船頭さんがすごい人で、一番低い橋を通ったときに「すみません、この竿竹持っていていただけますか」と言ったかと思ったら、ピョンとその橋に飛び乗り、橋をくぐり終えたときに、船の上にストンともどってきました。

思わず、3人で拍手をしました。ホントにすごい!!

途中で、船が売店に立ち寄ったので、すぐに缶ビールを買い(いつものことですがbeer)岸辺の様々な春の花を愛でて船はのどかに進んでいきました。途中の岸辺に幼稚園か、保育所の子どもたちが20人位岸辺の公園に座っていました。僕が手を振ると、「どこからいらしたんですか?」と、先生が聞いたので「大阪からでーす!!」と答えました。すると、少し間をおいて、子どもたち全員が声をそろえて「まいどおおきにー!!」と言ってくれました。ホントに可愛かったですよ。

船を下りると、昼食時です。迷わず名物うなぎを食べました。柳川の鰻重は白ご飯ではなく、タレごはん(というのかな)予め味が付いたごはんにうなぎが乗っています。

おいしかったけど、特筆すべきものではありませんでした。

次回も柳川で、最終回です。happy01

Cimg2569 Cimg2543 Cimg2528

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

(続)湯布院・柳川に行ってきました

前回お話ししたJRのチケットの顛末です。再購入した時に、出てきた場合の払い戻しの手続きをしました。幸いポケットから出てきたので、帰りに新大阪で払い戻しをしてもらいました。千円ほど手数料を取られましたが、大半は戻ってきたので、ホントやれやれです。

湯布院の宿はJRのサイトで予約した宿です。フレンチのフルコースの夕ご飯付きで13,650円でした。この値段ですから、フレンチの方は期待していなかったのですが、きちんとしたフレンチでしたrestaurant(きちんとしたフレンチは食べたことがないので、あくまでも、僕の想像ですcoldsweats01)。どの料理も美味しかったのですが、最後に出た、メインのステーキが柔らかく、香ばしくてとてもおいしかったです。ちなみに、部屋は八畳の和室でした。特筆すべきことはありませんでした。

スカボローバスという、40年使っているという古いバスに乗って湯布院を一周しました。運転手さんが「このバスはぼろいので、この名前がついたのです」などと解説をしてくれました。歩いてはなかなか行けない周辺を走ってくれて、これはこれでよかったです。

次に乗った「ゆふいんの森号」の中では、こんなお弁当を食べました。がら空きだったので、ゆっくり座席で食べました。そして、写真も撮れましたcoldsweats01

この時は、後で事故のため1時間以上臨時停車するなんて夢にも思いませんでした。

写真は「湯布院の森号弁当」  と高級旅館「玉ノ湯」のカフェテラスから見たお庭です。

小出しにするようですが、次回は柳川のうなぎです。(つづく)

Cimg2516Cimg2501

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

湯布院に行ってきました

1日から4日まで九州に行ってきました。2年前に行った湯布院や柳川にもう一度行ってみたいと思いたち、前日にネットで新幹線や宿を予約し、とりあえず出かけました。

新大阪で、受け取ったばかりの切符を、無意識のうちにコートの隠しポケット(のようなものだと思います)に入れてしまい、失くしたのだと勘違いしてしまい、再購入しました。そんなこんなであたふたと新幹線に乗り込み、もう一度落ち着いて探したら出てきたのです。最悪の旅立ちでした。

湯布院はのどかで、文字通り春爛漫でした。今回も由布岳がどーんと迎えてくれました。まずはとりあえず昼食!riceball。湯布院名物地鶏焼き定食を食べました。香ばしくてなかなか美味しかったです。今回も一人旅でしたので、写真を撮る勇気が出なくて、食べ物の写真は撮れませんでした。残念でしたが…。でも、同じ店で、一人で来ていた若い男の人が、注文した鰻重を、食べる前に写真に撮っていました。えらいなーdespairとつくづく感心してしまいました。何でもないことなのにね。写真は由布岳と特急「ゆふいんの森号」です。(つづく)

Cimg2498 Cimg2486

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »