« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

miniの警報装置、エッ、これが!!

世の中いろいろと物騒なので、クーパー君にも警報装置をつけました。カーショップで売っている警報装置は、使えないらしいので、純正のものにしました。うちのマンションの駐車場には、監視カメラがついているので、盗難とかはないのですが、いろんな所に駐めるわけですから、付けておいた方が安心ですよね。前のka君にも付けていました。ホントはこんなのを付ける必要がないのが一番良いのでしょうにね。

でも、今度のはちょっとしたアクセサリーにもなるので、気に入ってはいます。

Cimg2673 Cimg2672

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

本当は私が主役です!!

このブログは「ネコおんがく」でしたのに、いつの間にかネコのジジがあまり登場しなくなりました。今日は反省して、ジジに登場してもらいました。

どのネコもそうかもしれませんが、黒猫は特に姿勢が良いような気がします(猫背ですがcoldsweats01…そして、親ばかかなsign02)。うちのジジは正面からなかなか写真を撮らせてくれないのですが、今日は珍しくしっかり前を向いてくれました。ちょっと肝臓系の病気なので、最近は寝ていることが(ネコはよく眠るのではありますが)多くて、心配しています。

季節によって、ジジのベッドは変わるのですが、この季節は、僕の部屋にあるジジベッドで寝ています。夜中に目が覚めると、ジジがいっしょに寝ていたりして、ちょっと幸せになりますheart02。もっと暑くなると、いつの間にかジジのベッドの場所が変わってしまいます。ホント気まぐれです。

Cimg2663 Cimg2255

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ついに芽が出た!!

ついに芽が出ました!!というと、思わぬ事で受賞したとか、成功したことが何かあったのかなsign02と思われるかもしれませんが(誰も思わないかcoldsweats01)、文字通り芽が出たのです。しばらく前に植えたインゲンと万能ネギです。インゲンの方は、割と早くに芽が出たのですが、万能ネギの方がなかなか芽が出なくて、もう半分あきらめていました。それが、やっと芽が出てきました。インゲンもおいしいのですが、ネギって、必要なときに「あっ、ないーーー!!」などというときがありますよね。「今日は素麺だぞ!!」なんて思ってて「あっ、ネギがなーい!!」。「鰹のタタキだぞ!!」なんて思ってて、「あっ、ネギがなーい!!」。僕はたびたびあるのです。それで、植えることにしました。そして、芽が出たのです。でも、これってホントにネギになるのかなsign02と思うほど、頼りない芽なのです。もし、ホントにネギになったら写真で紹介します。左がネギで、真ん中がインゲンです。右が、結構がんばっているミニトマトですhappy01

Cimg2662 Cimg2661 Cimg2660

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

久しぶりのにぎり寿司だぞ!!

お客さんが来たので、久しぶりにお寿司をにぎりました。ホントに久しぶりだったので、感覚が鈍っていて、シャリが大きくなってしまいました。たくさん食べてないのにお腹がいっぱいになってしまいました。

お寿司を食べるのも好きですが、にぎるのも大好きなのです。あまりうまくはありませんがcoldsweats01。今日のタネは、ヒラメ、鯛、中トロ、ブリ、赤イカ、ウニ、筋子、ツブ貝でした。そこそこおいしかったです。ヒラメはエンガワつきの短冊でしたが、中トロは短冊がなかったため、お刺身用の切り身でしたので、寿司タネにしては小さかったので、握りにくく、シャリがはみ出してしまいますが、味はなかなかでしたhappy01。左の写真は一人前です。右の写真は、中トロ、ウニ、筋子の三種盛りです。ピントが合っていませんねcoldsweats02

Cimg2665 Cimg2668

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

風神雷神図と深夜の雷雨

友人と京都祇園の建仁寺(けんにんじ)に行ってきました。涼しげな初夏の風が吹く、心地よい日よりでした。日本最古の禅寺といわれるこのお寺には国宝の風神雷神図(俵屋宗達作)があります。この時期だけの公開最後の日に間に合って、初めて本物を見ました(写真は撮影用のダミーです)。保存状態が良いのか、色彩がとてもきれいで、迫力がありました。

その深夜のことです。夕方からの雨が激しい雷雨に変わり、1時間以上荒れ狂いました。さすがに目が覚め、以後なかなか寝付かれず、うとうとしながら、建仁寺の風神雷神図が頭を駆けめぐりました。お陰で今日は、寝不足の一日になってしまいました。

ちなみに、下の祇園花見小路の写真に写っている人物は僕でも友人でもありませんcoldsweats01。たまたま写った人々ですhappy01

Cimg2643 Cimg2651

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

今日はフル回転だ!!

今日は一日、目一杯働きました。朝6時出発で車で大阪まで。帰ってちょっと一眠りして、プールに。昼食後、雨で汚れてしまった車の洗車。息つく暇もなく、当番だったマンションの階段掃除。続いて、ずーとほっていた花の種まき。庭の草抜き。その後、ツタヤに行ってCDを買ってきました。これは、母の日のプレゼント(本来、夫が妻にプレゼントをするという趣旨ではないのですが…coldsweats01)単なるゴマすりです。

今夜はゆっくりねむれそうですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

新緑のトンネルだ!!

どこに行っても新緑がまぶしいですね。ホントに良い季節です。きょうはあいにくの雨ですがcoldsweats01でも、この雨で、新緑がますます冴えわたっていますね。

うちの近くの、車でよく通るところに新緑のトンネルがあります。通称「ケヤキ通り」と呼ばれる道路です。よく晴れた日でも、窓を開けると涼しい風が「スー」と吹き込んできます。日差しも直接射さないのでひんやりします。結構長い距離で、ここを通るのが大好きです。時々用事もないのに通ったりします。エコに反しますがcoldsweats01

きょうも、これからツタヤに行くときに通ります。雨に濡れた新緑のトンネルもなかなかいいものですよ。

Cimg2603 Cimg2600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ゴールデンウィーク顛末記

◆野外コンサートは地獄だcoldsweats02

5月3日、待望の、FM大阪主催「上町春コンサート」に行ってきました。平原綾香・河口恭吾など、結構好きなアーティストが出ていましたので楽しみにしていました。場所は大阪城公園の「大阪城音楽堂」です。「大阪城ホール」ではないですよsign01そして、これが悲劇の始まりだったのです。3日は、雲一つ無いまったくの良い天気で、気温31.5度。開始10分前に座席に着きました。イスが暑い!!、空気が暑い!!日差しが鋭い!!オープニングアクトが歌い始めました(名前は忘れましたゴメンなさい)。生ギター一本で、ギターがうまい!!歌もうまい!!でもあつーーーいshock

結局その人が3曲歌って、次のアーティストに替わるときに、会場を撤退しました。木陰で一息ついて、涼しいコーヒーハウスにまっしぐらsign03何しに来たのかわかりませんでした。

◆涼しい時の京都洛北は最高だhappy01

5月5日子どもの日はあいにくのお天気でした。でも、この天気だったら絶対暑くないsign03

そう確信した僕は、いつもの洛北一乗寺駅に向かいました(コンサートの後遺症が残っていたのです)。駅に着いたとたん、ザアーっと雨が降ってきました。「涼しいのはいいけど、雨は困るなー」などと虫の良いことを考えていました。とりあえず雨宿りも兼ねて昼食。

食べ終わって外に出ると雨が上がっていました。半袖では少し肌寒いお天気でしたが、暑いよりずーといいです。いつもの円光寺には誰もいませんでした(後で何人か来ましたが…)。金福寺も誰もいませんでした。今回も三毛ちゃんには会えませんでした。彼は人が好きなので、人がいないと出てこないのですweep

でも、どちらも新緑がとてもステキでした。

「憂き我を、さびしがらせよ かんこ鳥~芭蕉~」と書かれた句碑が一人で来た僕にはぴったりでした。

お祭りもやっていたので、うれしかったです。珍しい「女みこし」も出て、若いお姉さんからあまり若くないお姉さんまで、みんなとても元気でした。

Cimg2623 Cimg2633

◆さわやかだった植物園club

5月6日。連休最後は近くの植物園です。この日は良いお天気でしたが、コンサートほどの暑さではありませんでした(まだ後遺症が消えません)。大学の理学部の植物園でもあるので、レジャー施設などはまったくありません。なので、人も少なく、奥深い山里に迷い込んだような錯覚におちいります。木陰で、よく冷えた持参のビールと鮭おにぎりをほおばり、その後昼寝。静かで絵画的なひと時をのんびりと過ごしました。

森林浴と言いますが、ホントに身も心も洗われるような、とても爽やかな最高の一日でした。この日が、連休の中で一番ステキな一日になりました。wink

Cimg2638 Cimg2639

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »