« デジタル・フォトフレーム | トップページ | 父の日…プレゼント!! »

2008年6月13日 (金)

雨の日の本

今日から、梅雨も少し中休みだそうです。今日の大阪は、気温は高かったのですが、珍しく湿度が低く、さわやかな一日でしたsun

そうは言っても梅雨です。雨の多い日が続きますrain。<そんな時は読書やろなー>と思い、雨の日の本を探してきました。

1、「世界中が雨だったら」市川拓司著、新潮文庫

 <恋愛小説の名手が、心の裡をさらけ出した3編、最初で最後の個人的な作品>だそうです。>

2、せつない小説アンソロジー「人恋しい雨の夜に」浅田次郎編、光文社文庫

<感涙の小説家浅田次郎が広汎な読書体験のなかから、今なお強く胸に残る名作を精選した珠玉のアンソロジー>だそうです。

3、「雨の匂い」樋口有介

<降りしきる雨の中で育まれていくのは愛か、殺意か。著者真骨頂の切ないミステリー>

だそうです。

どれも、まだ読んでいませんが、何だか面白そうです。雨の日は、ちょっとしたミステリーもいいかもしれませんね。特に夜に読むのがよさそうです。眠れなくなっても知りませんよcoldsweats01

Cimg2680

|

« デジタル・フォトフレーム | トップページ | 父の日…プレゼント!! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

モーツァルトさん
こっちも朝から青空が広がってます。暑くなりそうですsun
この季節、ゆっくり読書もいいですね。夜、読書すると眠くなりませんか?僕は1分ともちませんよ、きっとcoldsweats02

投稿: くるたん家族 | 2008年6月14日 (土) 07時44分

読書ですか、いいですね。
雨の日、お家でゆっくり過ごすのには、もってこいですねhappy01
ミステリー何だか面白そうflair
母は、今、赤毛のアンを読んでますbook

投稿: りえ | 2008年6月14日 (土) 12時44分

くるたんパパさん。
いや、僕も早いときは、5・6分で寝てしまいます。通常は30分位は何とか持ちますが…coldsweats01家にいるときは、なかなか読書はできません。もっぱら電車に乗っている時が読書タイムというところですbus

投稿: モーツアルト | 2008年6月15日 (日) 22時10分

りえさん。
赤毛のアンですか。お母さんも若いですねhappy01。雨の日の読書ってうれしいですよね。なかなか出来ませんが…rain
りえさんは仕事がいそがしくて、読書どころではないですよね。無理しないようにがんばってください。

投稿: モーツアルト | 2008年6月15日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/41523700

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の本:

« デジタル・フォトフレーム | トップページ | 父の日…プレゼント!! »