« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月20日 (金)

黒猫ジジ・グッズ

うちには黒猫のジジ(雌7歳)がいるので、関連するジジグッズがたくさんあることに気づきました。
P10005391
これは本物です。

車の中にはこんな物が。
Cimg3660
Cimg3661
家の中には
Cimg3648
Cimg3649
Cimg3652
Cimg3655
Cimg3657

僕の部屋にはこんなバックが
Cimg3654
その他、うちの奥さんのハンカチ、靴下、エプロンや、娘のペンケースなどあちこちにジジグッズがありました。

黒猫のグッズを見るとついつい買ってしまいます。これも親ばかの一種ですねcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅が咲いた!!in大阪城梅園

暖かくなったり、寒くなったり「どっちやねんpout」と言いたくなるこの頃ですが、みなさんお風邪など引いていませんか?

今大阪は梅が見頃です。そんな訳で、有名な大阪城の梅園に行ってきました。桜も良いのですが、梅は良いですよねhappy01。寒い時期なので花もなく、殺風景な景色の中、急に良い香りと、可愛い花が咲き誇ります。

この日は結構暖かくて、風もなく、とても良い梅日和りでした。

梅園に入ると(無料です:大阪は太っ腹です)良い香りが一面に立ちこめ、それだけで心が癒されます。
いろんな種類の梅と、それによって咲く時期の違うものが散在していていろんな楽しみ方ができます。

平日でしたので人もそれほど多くなく、友人とゆっくりと楽しむことができました。売店があり、ふと、見ると「冷えたビール」の張り紙が…。<冷えてないビールなんてあるのかな?>と思いつつ、すぐに「ビールくださいhappy01」。冷たいビールを飲みながら、ゆっくりと梅を観賞しましたbeer

ここは、普通の梅園と違って、何せ大阪城公園ですから、梅の背景に天守閣が見えます。これがまた良いのです。「お城と梅」何となく情緒があると思いませんか。

まだまだ梅が咲き誇っていますので、是非一度ご覧ください。僕ももう一回行きますlovely
Hofun1
Koubai1
Kouhakubai1
Oosakazyou1


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

16夜の月

ここ数日、大きくなった月が気になっていて、写真を撮ろうと思いながらなかなか撮れませんでした。
今日の晩にカメラを持ち出したのですが、あいにくの天気で、なかなかシャッターチャンスがありませんでした。

しばらく待つと、ようやく月が顔を出しました。何枚か撮ったのですが、シャッター速度がおそくなるために望遠で撮ると、とうしてもぶれてしまいます。階段の手すりに肘をつけて何とか撮りましたwink

でも、そんなやって撮って何になるのと聞かれれば、「うーん…」と考えるしかないのですthink

人は、時として意味のないことをしたがるものなのですねcoldsweats01

この季節は梅を撮るのが楽しみです。
16ya

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

感動した!!金曜ロードショー

普段あまりテレビを見ないのですが、何気なく見ていた10ch(大阪では読売テレビ、関東では日テレですか)の「隠し剣 鬼の爪」(山田洋次監督)という時代劇に見入ってしまいました。

時代劇はあまり好きではないので、ほとんど見ないのですが、この映画は面白かったですよhappy01
よかった場面はいろいろあるのですが、永瀬正敏扮する主人公の下級武士が、嫁いびりされたあげく病に伏せってしまう元奉公人(松たかこ)をその場で、おんぶして家に連れて帰るシーン。理不尽な上司には、きちんと物言いをし、疎まれるところ。これは、近頃はやりのパラサイト・ミドルに見せてやりたいですねbleah

物語の最後の場面で、主人公の侍(永瀬正敏)がきえさん(松たかこ)に「俺の嫁になって、いっしょに蝦夷に行ってけろ」と、プロポーズした時のきえさんの返事が最高にステキでした。気になる方は是非DVDをレンタルしましょうwink。僕は翌日、ツタヤで早速レンタルして2回も見てしまいました。暇ですねcoldsweats01

舞台背景は山形なので、山形弁がとても魅力的でした。最後のクレジットが流れる背景は、きっと雪景色の蔵王山ではないかと思います。

タイトルの「隠し剣 鬼の爪」って、何かな?ってテレビを見たときはわからなかったのですが、ビデオを見て気がつきました。まったく鈍感で恥ずかしいです。
Kakusiken

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ちょっと早いバレンタインデー

少し早いバレンタインのチョコレートをもらいました。

注文していたカーワックスをディーラーに買いに行った時のことです。
お姉さんが「ミニからのバレンタインチョコのプレゼントです。お好きなだけつかみ取りしてください」
ということでしたが、少し遠慮してつかみ取りをしました。チロルチョコはミニがプリントしているのと、チロルチョコのままの包装紙の中身はミニの型どりがされていました。なかなか小憎らしい演出です。

僕があまりに遠慮したものですから、お姉さんが2・3個付け加えてくれました。
結構うれしいプレ・バレンタインでした。
Cimg3643
Cimg3645
Cimg3640

| | コメント (3) | トラックバック (0)

これは、何のトーストでしょう!!

Cimg3639

このトースト、少し変わっているでしょうcoldsweats02
何のトーストだと思いますか?

ヒントは、ご飯にかけるものです。大阪では、そのまま食べる人も多いですが…

そうです。納豆ですsad

納豆をパンの上に載せ、マヨネーズをかけて、トースターで焼きます。

結構いけましたよhappy01

これは、NHKの三分丸という番組でギャル曽根が作ったトーストです。本当は、納豆とマヨネーズを混ぜ合わせて、パンに載せ、さらにその上にマヨネーズをかけて、トーストするのですが、僕は、それではあまりにカロリーが高くはないかと思い、普通にお醤油とカラシを混ぜ合わせてパンに載せました。

結構いけるのですが、納豆を焼くと部屋中そうとう臭います。これはちょっと困りますcatface

興味のある方は一度お試しください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

狂喜乱舞のジジの節分~豆まき編~

今日は節分です。豆まきはうちのジジ(黒猫雌)catが大好きで、狂喜乱舞しますhappy01
きょうも、丸かじりの太巻きを食べた後、恒例の豆まきをしました。僕が鬼になり、今年はうちの奥さんが豆まき係で、ジジといっしょに豆まきをします。

今年は落花生が手に入ったので、後の回収も簡単だし、ジジも追いかけるのにちょうど良いようです。普段入り込まない北側の部屋にも入り込み、落花生にじゃれていました。

豆まきの後は、お豆を年の数だけ食べないといけないのですが、僕は年の数だけ食べると胃もたれしそうなので、ほどほどにしました。でも、それでも落花生は食べ始めたら止められず、ついつい食べ過ぎてしまいます。

僕は年中行事が大好きで、比較的まじめにこなしますcoldsweats01。その中でも、節分は一番好きです。一番寒いときなのに、もうすぐ春がやってくるという期待感と、身の引き締まる寒さの中に(大阪はそれほどではないのですがcoldsweats01)置かれている緊張感の狭間にいることが心地よいのです。

今日も、鬼の面をかぶり「ガオーガオー」っとほえましたhappy02
Cimg3635
Cimg3630
Cimg3632

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

チェ 28歳の革命

今日は休みだったので、前から気になっていた「チェ 28歳の革命」という映画を見に行きました。
月曜日なのに結構人が入っていましたよ。

淡々としたなかなか良い映画でした。ゲバラは、その風貌もあり有名な人ですが、それほど詳しくは知りませんでした。国も異なり、時代背景も随分違うので思想信条についての評価は避けますが、彼の生き方は昔から尊敬に値すると思っていました。

でも、何故、今、ゲバラなのかなーって不思議な気もします。派遣切りに象徴されるような、働く人にとって理不尽な世の中や、格差が広がる世の中に対する警鐘なのかな?って、うがった見方をしてしまいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一周年記念のカスタマイズ~MINI~

ミニに乗ってから今日で1年になります。「またミニの話かthinkはい、はい」と思うかもしれません。
どうもすみませんm(_ _)m。

1年を記念して、少しドレスアップをしました。ディーラーではなく、江坂という所にミニの専門店があり、そこでサイドステッカーを貼ってもらいました。ぐっと引き締まってなかなか良いですよlovely

うちの奥さんは「何これーsign01、もういいかげんにしーやーpout」との感想でしたが、娘は「なかなかおしゃれやんhappy01」と、好評でした。やれやれconfident

もちろん僕は大満足ですlovely
ミニデルタというお店は、なかなか魅力的なパーツ屋さんで、行きつけになりそうです。ほどほどにしないと、うちの奥さんに怒られそうですが…coldsweats01
Cimg3622

Cimg3627
Cimg3629

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »