« ホース・アシステッドセラピー? | トップページ | お花見に持って行く食べ物・飲み物 »

2009年3月22日 (日)

交響曲?~春の訪れ~

前にもブログで紹介した「春の訪れ」という自作の曲のお話です。

この時季しか紹介できない曲なので、またアップしました。

ちょっと曲の紹介をcoldsweats01

6分の短い曲ですが、一応交響曲のつもりです(アハハハー)

【第1楽章】
一般的な交響曲はアップテンポで始まるのですが、この曲はスローで暗いイメージで始まります。
長い冬がようやく終わりを告げ、少しだけ春の兆しが見えてくる…重苦しい季節のイメージが残るコントラバスが響きます。

【第2楽章】
一転して明るいイメージの軽快な曲風になります。ちょうど今の季節のように、心も浮き浮きと軽やかになります。ハープの伴奏で、ピッコロが軽やかに春を歌います。

【第3楽章】
春は三寒四温と言います。暖かくなったと思ったら、急に寒のぶり返しがあったりします。
思わぬ寒さに、少し心も暗くなったりします。
荘重な?テーマに、ピアノソロが加わり、心の雪解けが始まる気配がします。ストリングスが加わり音が広がりながら、同時にシンセの人声がそれを励ましてくれるのです。

【第4楽章】
軽快なドラムスで始まる明るい笛のメロディーは気まぐれな春風をイメージしています。しかし、ところどころに残る不安な心も同居しており、二元論的な明と暗で進行し、ストリングスがテーマを奏で、ピアノの伴奏が春の鼓動を力強く打ち付けます。最後には調和してエンディングを迎えるという感じです。無理無理言えば、ソナタのような感じでしょうかcoldsweats01、こじつけですが…。

写真はあくまでもおまけです。音楽だけでは1Mを超えてしまうので、ビデオにしただけです。イメージを押しつけるようであまりよくないとは思うのですが、仕方ないのです。「とにかく暇で暇で何をしていいかわからない」という時があったら聞いてみてください。何せ6分もあるものですからcoldsweats02

|

« ホース・アシステッドセラピー? | トップページ | お花見に持って行く食べ物・飲み物 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

モーツァルトさん
いやぁ〜、それにしても大作ですね。
明るい雰囲気の2楽章が好きです。
第2楽章のストリングスも良い感じですね。
覚悟を決めて取りかからないと、これほどの大作は作れませんよ。
ブラボーですhappy01

投稿: くるたん家族 | 2009年3月23日 (月) 22時40分

くるたんパパさん
くるたんパパさんにそう言っていただけるととてもうれしいです。
そうなんです。曲作りはとても集中力が必要です。今はとてもそんな集中力がありません。
アイディアは浮かぶのですが、作り込む集中力がなくて困りますcoldsweats01。また、いつの日か続編をと思っています。

投稿: モーツアルト | 2009年3月23日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/44434619

この記事へのトラックバック一覧です: 交響曲?~春の訪れ~:

« ホース・アシステッドセラピー? | トップページ | お花見に持って行く食べ物・飲み物 »