« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

贅沢な平日のスキー

昨日の出来事です。今回も小説風にしてみましたhappy01
-----------------------------------------------------

祐一にとっては2年ぶりのスキーだった。
目的地は六甲山人工スキー場。
「人工スキー場」という名前だが、自然の雪が不十分な時に、人工雪で補い、シーズン中はいつでもスキーが可能という意味での「人工」である。六甲の自然に囲まれた、なかなか良いスキー場である。

祐一の住むH市から車で1時間半。
今回は、スキーはレンタルで、ウエア―だけデイパッグに詰め、愛車のミニに乗り込む。
天気は上々だ。途中で友人を拾い、高速を走る。

久しぶりのゲレンデに立つと、祐一は少し緊張した。同時に、眼下に広がるゲレンデの白さと、
遠くに霞んで見える神戸の街に気持ちが高揚する。
Cimg4382


程よく圧雪されたゲレンデは、まったくストレスを感じさせない。スキーの板が気持ちよく滑り、曲がり、膝が安定したスプリングのように雪の抵抗を吸収する。
祐一は、ゲレンデにはね返る無数の光の粒さえ楽しんだ。
Cimg4388

たちまちリフト乗り場に到着し、ふと空を見上げると、真っ青な空が六甲のゲレンデを包み込んでいた。祐一は、サングラスを外し、リフトに乗り込む。滑っているときには感じなかった足の痛みを初めて感じた。
Cimg4387

「足が痛くてまいったよ!!」
友人がぼやく。
「休憩しようか?」
祐一は少し不満だったが、友人に合わせることにした。

ほとんど客の居ない、平日のゆったりしたレストラン。ビールを飲みながら友人と冗談を交わす。
大きな窓から、真っ白なゲレンデを、蛇行した列を作って滑る小学生達が見える。
祐一は、昼前のゆったりしたひと時を楽しんだ。(了)
-------------------------------------------------------------------------------------------

というような、ちょっとだけ贅沢なひと時を過ごしました。リフトは2本。ゲレンデは三つの小さなスキー場で、物足りないのですが、足慣らしにはちょうど良いスキー場でしたsnow

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

アルコール抜きの不思議な新年会

あるサークルのような会が時間より早く終わり、代表が「今日は新年会ということで、チョコレートドリンクでも飲みに行きましょう」ということになりました。

大阪の松屋町(マッチャマチと呼びます)近くのチョコレートのお店に行きました。
Imag0084
Imag0085


この建物は大正末期に神戸から移築されたそうで、「お屋敷再生複合ショップ」というむずかしいお店に生まれ変わったようです。
なかなか趣があり、そしてオシャレでした。チョコレートもとても美味しそうでした。
バレンタインデーに、こんなチョコレートをもらったらとても幸せになりそうです。

しかし、残念ながら、この日は平日の4時半にもかかわらず、お店は満員でした。

あきらめて帰ろうとしたら、隣にクレープ中心のカフェみたいな所があり、そこに入ることになりました。不思議なことに、奥の方にちょっと広い座敷がありました。

そこには、昔懐かしい円いちゃぶ台が四つ置いてあったり、昔のおひつがあったり、レトロな人形や飾りなど、何とも不思議な空間でした。
Imag0087
Imag0088


他の人はクレープにホットコーヒーという感じでしたが、僕はチョコレートドリンクにこだわり、ホットチョコレートにしました。
仄かに甘く、クリーミーで、冷えた身体を暖めてくれました。

その後にビールを飲みたかったのですが、我慢してアルコール抜きの新年会を楽しみました。僕にとってはとても珍しいことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

案外良い奴やん!!

おとといの出来事です。
小説風に書いてみます。
------------------------------------------------

祐一は、仕事がやっと一区切りが着いたという解放感と心地よい疲れを感じながら私鉄のホームを歩いていた。

すぐ目の前を老婆が両手に荷物を抱えて歩いていた。田舎から出てきたのか、あるいは帰るところなのか、その老婆の姿は、通勤客でごった返すこのホームでは明らかに異質だった。

荷物を抱えて、ひょこひょこ歩く老婆の斜め前に高校生らしい女の子が二人、地べたにべったりと座り、
ドーナツを食べていた。派手な化粧ではあるが、幼さは隠せない。

老婆は娘たちの前に立ちはだかり
「お姉ちゃん、美味しそうなん食べてるね」
と、微笑みながら話しかけた。

祐一は、老婆の意外な行動に少し驚くと共に、娘たちに<ほっとけ!!>などと罵声を浴びせられるのではないかと少し心配した。

すると、娘の一人が、「要る?」と言って、抱えていたドーナツの一つを老婆に差し出した。
もう一人の娘も、「これもおいしいで!!」と言って、ドーナツを差し出す。

老婆は、「ありがとう、良い子やなー」と、本当にうれしそうにそれを受け取った。

祐一は、ホッとすると同時に、冷たい風が吹き抜けるホームに小さな温もりを感じた。そして、
「案外、良い奴やん!!」と、小さくつぶやいた。(了)
--------------------------------------------------------------------------

と、こんな出来事でした。祐一は僕ですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

パソコンが危ない!!

うちのタワー型のGatewayのパソコンが危ないのです。
と言っても爆発するとかではないのですがcoldsweats02
どうも調子が悪いのです。言うことをきいてくれないのです。


どう調子が悪いかと言うと、5回に1回位しか起ち上がらないのです。
4回位やってみて、あきらめて翌日に試してみると起動したりします。

起ち上がった時にチェックディスクで調べてみたのですが、特に異常はないようです。
たぶん電源系統に異常があるのではないかと思います。Cimg4379


XPのパソコンなので修理にお金をかけるのももったいないので、BTOの安いパソコンに換えようと思っています。
それでも、7、8万はするので、すぐにとは行かず、少し迷っています。

日常的にはノート(レッツノート)を使っているので、それほど不便は感じないのですが、Gatewayにはスキャナーや音源など様々な周辺機器がつないであるので、無いと、それはそれで困ってしまいますcoldsweats02

年末年始にお金を使いすぎて、貧乏になってしまいなかなか思うようにいきません。

電気製品というものはお金の無いときに限って故障したりして、とても困ります。

うちの奥さんから「あなたは我慢が足りないpout」って、いつも言われているので、まあ、しばらく我慢ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

棒だら ついに完成!! お味は…

苦節一週間、思えば長ーい道のりでしたthink

そして、ついに完成sign03scissors

Cimg4365
Cimg4362


おいしいか、どうかって?

それはそれは、美味しいですhappy01
どう美味しいかというと、まず、こくがあります。魚の旨味が凝縮している旨さです。
柔らかいのに、結構歯触りはある。独特の食感です。

薄味にしたので、ほのかな甘さと、お醤油の味と、鱈のほのかな香りがふわっと口の中に広がり美味しいです。

これは、ご飯のおかずにもいいし、日本酒の肴に最高です。
でも、本当の?棒鱈の味って知らないので、一度京都のお店で食べてみたいです。

食べた瞬間、「僕の勝ちやsign01」とか思えたら 気持ちいいでしょうね。

もう一度作ってみるか?と問われれば、ううーん、ちょっと微妙ですねthink

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

棒だら~遠く遙かなる道のり~

スーパーに買い物に行ったら「棒だら」を売っていました。お正月が過ぎていたので、半額!!って書いてありました。普通はおせち料理などに使うので、半額になったのだと思います。
棒だらといえば、京都の八坂さんの円山公園にあるこちらが有名です。

「半額」という魅惑的な言葉に惹かれたのと、意識して棒鱈料理を食べたことがなかったので1度じっくりと食べてみたいと思ったので買いました。

家に帰って、付属のレシピを見てみました。僕はすっかり驚き、作る気が無くなってしまいました。
レシピは概略以下の通りです。

1、1週間水に浸けておく(毎日水を替える)
2、一口大に切り、水で煮立てて5~8時間置く
3、出汁で3、4時間煮る
4、出汁が半分になったら砂糖を加え、30分煮る
5、最後に調味料を加え5分煮る
6、煮さまして完成

でも、もったいなので思い直して、とりあえず水に浸けておきました。毎日水も替えました。
今日が6日目なので、2の作業に移ります。おいしく出来るでしょうか。
Cimg4358
水に浸けて、約一週間後です。
Cimg4359

しかし、棒鱈って本当に手間のかかる、気の遠くなる料理なのですね。こんなに手間かけて、美味しくなかったら一体どうしてくれるんだ!!と、思わず天井を見上げてしまいました。

うちの娘は「うちなら、そんなん、絶対作らへん!!」と、きっぱり言い捨てました。ごもっとも。

完成したらまた報告します。乞うご期待sign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

チンクエチェントを見たぞ!!~補足?蛇足?~

前の記事の補足です。もしかしたら蛇足かもしれません。

フィアット500とはこんな車です。
Fiat
Fiat2
そうです。アニメのルパン三世が乗っていた愛車です(そういえば、クラシックミニはシティハンターの愛車でした)。
といっても、ルパン三世が乗っていたチンクエチェントは古いバージョンのクラシック・チンクエチェントです。
2007年にリニューアルされて復活された三代目です。
以前のイメージを損なわず上手にリメイクされていると思います。

ミニといい、ワーゲンのビートルといい、本当に上手に、かつてのイメージを損なわずリメイクしています。
そのセンスにはまったく感心してしまいます。大衆車でありながら名車の誇りとアイデンティティーを感じます。

日本車も、デザインも含めて、今まで良い車をたくさん作っているのに、モデルチェンジするたびにまったく違った車に変貌してしまいます。とても残念に思うこともあります。
ハイブリットも含めて優れた技術を誇る日本車ですが、デザインも含めて、存在そのもののアイデンティティーをもっと大事にしないとなーなどと思うことがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

「トイレの神様」って?

僕は車を運転している時にFMをよく聞きます。

今日も「FM802」(大阪のFM局です)を聴きながら運転していると、「トレイの神様」という曲を紹介していました。
「変な歌やなー」と思ったのですが、リスナーからのメッセージには「半泣きになりながら聞いていました」とか、「涙があふれて困りました」などなど寄せられていました。

僕は「歌聴いて泣くかーthink、アホちゃうかーsign01」などと冷笑していました。

植村花菜という子が歌っています。シンプルな曲です。途中までギター一本で淡々と歌います。
小学生の作文という感じで、ありふれた内容なのですが、途中で泣きそうになりました。

彼女の声と歌詞と曲が何ともいえない雰囲気を醸し出し、心の琴線に触れるというか、「いいおっさんが何だーsign02」などと非難されそうですが、結局泣いてしまいましたweep
あまり大きな声では言えませんが…。

興味のある方は是非聞いてみてください。泣くかどうかは別にして…。
まだリリースされていないので歌は聴けませんが、歌詞だけはこのサイトにあります。よかったら見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

セルフスタンド初体験

近くにセルフのガソリンスタンドが開店しました。
セルフには今まで一度も行ったことがありませんでした。

近くで安いこともあり、セルフでガソリンを入れてみようと思いました。

開店したばかりで、スタッフの人がたくさんいたのですが、一人でやってみようと思い、挑戦しました。

新しい機械ということもあり、意外と簡単でしたhappy01

セルフはリッター単位で入れることも、何円分という単位でも入れることができて、ホントに気楽です。

実は、時々手持ちのお金が少なくて「ホントは10リットル入れたいんだけど…」と思っても、気が弱い僕は
「20リットルお願いします」などと見栄をはってしまいます。
ましてや、「千円分だけお願いします」など、とても言えません。

やっぱりセルフが良いですcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チンクエ・チェントを見たぞ!!

スーパーの駐車場を出ようとしたとき、白のチンクエ・チェント(フィアット500)を見ました。
滅多に見かけない車なので、写真を撮ろうとしたら運転席に居た持ち主がじっとこちらを見ていました。

外にいたら声をかけて撮らせてもらうのですが、中では声もかけにくく、あきらめました。

ところが、駐車場を出てすぐの信号に、今度はピンクのチンクエが止まっているではありませんかhappy01
とても可愛いピンクなのです。

さっそくケータイを出してカメラモードにしようとしたら、これがなかなかカメラモードにならないのです。
僕のケータイはタッチパネルでアイコンを選ぶのですが、これがなかなかすぐに言うことをきいてくれないのです。

あせっているうちに、信号が変わり、チンクエ・チェントは走り出してしまいました。

でも、幸い同じ方向のようで、しばらく前を走り、次の信号で止まってくれました。

今度こそと思い、カメラのアイコンにタッチ!! 運よくカメラモードになり、カシャcamera
Imag0071
Imag0072


あー、やれやれsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

福袋 2010

今年こそは無印のステーショナリー福袋を買おうと思って
2日に早起きして行ってきました。といっても11時頃になってしまいましたがcoldsweats01

お店に着いたらステーショナリーの福袋は売り切れていましたbearing

お店の人に聞いたら、何と初売りは1日からだったそうです。
「うーんthinkきちんとリサーチすべきだった。しかし、1日から初売りなんかするなよな。元旦は、普通お屠蘇飲んで、買い物なんか行かないやろpout」なんて、理不尽なことで怒ったりしていました。

というわけで、今年もだめでした。


ミニの福袋は、二つも買えました。
こんなものが入っていましたよ。そして、この福袋はひとつ500円なのですよ。安いですよねhappy01
Cimg4354
Cimg4355
Cimg4356
Cimg4357
ただ、一つだけ残念だったのは今年はカレンダーが入っていませんでした。

あと良かったのはアディダスのソックス福袋でした。1000円で、5足のスポーツソックスが入っていました。

福袋って、あんまり買わないのですが、なんかちょっと楽しみですよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もいい年でありますようにhappy01
今年もよろしくお願いします。

夕方ふっと空を見上げたら満月でした。今日はとっても寒い日だったのですが、雲の切れ間から
満月が(たぶん満月だと思います)ぽっかりと出ていて、大晦日の満月かーなどと、ちょっと感激しました。

去年のことは水に流して(それは僕だけか…think)今年はがんばりましょう(みなさんは、毎年がんばっていると思います)。
Toradosi

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »