« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

鞆の浦~時空を超えた不思議な空間~その2

海を見ながらのコーヒーのひと時の後、またまた路地を巡っていきました。

P1030322 P1030324 P1030353

アマリリスの咲く路地を抜けて海の方に出てみました。そこは「のどか」とはこういう風景をいうんだよ。と、絵で説明しているような風景でした。

P1030377 P1030378 P1030379  

僕が「うわーいいなー!!」と、思わず口にしたら、近くにいたおじいさんが「この入り江の向こう側の、あの山の三角の青い屋根の家で宮崎駿さんが、崖の上のポニョを書いたんだよ」と教えてくれました。

なるほど、こんな所で書いたら、良い物語ができるだろうなって納得しました。真ん中の写真は、オシャレなカフェの前に座っている地元のご老人です。彼らは時折静かにしゃべりながら、大半は、いつまでもじーと海を見ていました。

P1030376 P1030384

鞆の浦は「保命酒」という薬用酒?の造り酒屋がたくさんありました。どんなお酒か飲んでみたかったのですが、機会を逃してしまいました。

P1030368 P1030357 P1030387

この街は、どこを見ても「あっ、こんなんがある!!」という驚きがあるのですが、これは驚きました。

P1030394

そして、今も現役で働いているのです。この後、仕事をしているこのミゼットに出会いました。驚きました。

 

P1030416

P1030415

これは、昔、馬をつないでおいた石だそうです。今は馬はいませんでした。

 

 

この時季にしては珍しく、暑くも寒くもない穏やかな天気の中、のんびりと街を巡り福山行きのバス停に向かいました。

P1030418 P1030419 P1030420

観光客にはあまり出会わなかったのですが、時折若いカップルに出会います。夕方の海辺に立つカップルを見て、ちょっと良いな―なんて思いました。

P1030422

ちょっとロマンな風景を見ながら、バスセンターで「尾道ラーメン」や「だし粉」「ままかりの網焼き」などのお土産を買って鞆の浦を後にしました。

 

夕日に佇む福山城にお別れを言って、こだまに乗りました。もちろん駅弁と缶ビールを買って。

P1030436

駅弁を食べながら、右側にずーとついてきてくれた満月がとてもとてもきれいでした。ビールのあてにはもったいないほど最高でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

鞆の浦~時空を超えた不思議な世界~その1

広島県の福山にある鞆の浦に行ってきました。最近は「崖の上のポニョ」で有名になっていますね。

新大阪から新幹線こだま(四割引(^o^))で2時間。新幹線の中ではもちろんビール。こだまはがら空きという絶好の条件下で、福山へ。

新幹線の駅には福山城が待っていました。福山城を見ながらバス乗り場へ。

P1030276

30分ほどバスに揺られると、鞆の浦。穏やかな瀬戸内の海と、懐かしい潮の香りに旅情をかき立てられました。

 P1030281 P1030286

海辺から街の中に入って、とりあえずお昼ご飯。

山側に向かって歩いて行くと、ここは、時空を超えた不思議な世界でした。

石畳の道路と、昔の宿場を思い起こさせる歴史有る家々。お寺。たくさんの路地。その一つ一つが、時の流れをまったく無視して存在しているような、懐かしい違和感を感じました。そして、どこまでも靜かでした。

P1030288 P1030290 P1030300 P1030302

時折通る車以外、人とはほとんど出会いません。空っぽの街に来てしまったようです。首輪のない一匹の犬が、頼まれた用事に追い立てられるように、急ぎ足で通り過ぎていきました。

P1030293

バスセンターの観光ガイドに書いてあった、「魚のうまい店」を訪ねてみました。あいにく、お昼のお魚定食は無くなっていたのですが、にぎり寿司がとても美味しかったです(写真を撮り忘れました)。

P1030292

この街は路地がたくさんあって、この路地を覗くのが楽しみのひとつです。

路地のひとつを覗くと、少し変わった喫茶店の案内が出ていました。迷路のような路地をどんどん進んでいくと、ん、こんな処に?……という処にありました。でも、お店の敷地に入ると驚きです。右手に瀬戸内海の入り江が突然広がり、遙か遠くの山々の稜線がくっきりと見えていました。

P1030330 P1030332 P1030334 P1030343 P1030345

2階の海が見えるベランダにイスが並べられていて、そこでコーヒーを飲むことができます。海を見ながら、本当に時を忘れて、コーヒーをゆったりと飲みました。日本風にアレンジされたアマルフィーのような、穏やかな風景でした。(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

大葉、サニーレタス、ミニトマトの危機!!

しばらくほっていたサニーレタスを見ると、大事な葉が虫に食べられていました。虫の姿は見えず、糞だけありました。

隣の大葉の苗を見ると、大葉も虫に食べられています。

「うーん、犯人はだれだ!!」

と、一人怒っていたのですが、どうしようもありません。そこで、比較的害の少ない薬を使ってみることにしました。これで虫が来なければいいのですが、どうでしょうか。

ナメクジも結構葉っぱを食べたりするので、もしナメクジだったらこの薬は効かないそうです。

こんな小さなプランター栽培でさえ、大変なのですから、プロの野菜作りはとてつもなく大変なんでしょうね。無農薬とか、有機栽培とか言うけれど、大変なんでしょうね。

CIMG4623 CIMG4624 CIMG4625

花はあまり心配がいらないので助かります。小さなひまわりを植えてみました。

園芸はあまり好きではなく、苦手なのですが、花が咲いたり、作物が実ったりすると何だかうれしいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

嫁がせることにしました……

しばらくの間、娘の部屋のベッドの下に勝手に置いていたキーボードスタンドを引き取ってもらうことにしました。

すこし広い部屋を娘にとられて、せまい部屋にかわったため、キーボードスタンドが置けなくなったのです。

イタリア製のステージ用のスタンドで、軽量で組み立てが簡単だし、2段なので、キーボード以外の物を置けたりと便利だったのですが、かなり場所を取るので、分解して片付けてしまいました。

 CIMG4620

娘のベッドを移動したときに現れて、思い出しました。ベッドの下に置いていてもかわいそうなので、MLに「欲しい方いませんか?」と出したら、すぐに反応があり、早速昨日引き取りにきてもらいました。

その人は古いDX-7を載せるキーボードスタンドを探していたそうです。DX-7と聞いてすごく懐かしくなりました。昔の名機ですよね。

彼は、真っ赤な左ハンドルのSAABのカブリオレに乗って颯爽とやってきて、お土産に手焼きのあられなど持ってきてくれました。

ちょっと淋しい気もするのですが、DX-7が載るのならベッドの下にいるよりずっと幸せだろうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

月並みですが、自然の恵みです。

自然の営みってホントにすごいなーってつくづく思います。

四月の初めくらいに植えたパセリとか、サニーレタスとか、すくすく育って、うちの食卓に出てきます。サニーレタスなんか、苗で買ったときは1個50円で、しょぼしょぼでした。これで食べれるようになんのかな?なんて半信半疑でしたが、立派に育ちました。少しずつ収穫して、また葉っぱが増えていくので、サラダに重宝します。パセリも同じです。ちょっと欲しいなーなんていう時にとても助かります。あっ、この写真のサニーレタスは取り尽くして、次が出てくるまで少しかかりそうです。

P1030258

去年植えたシャクヤクは、今年も立派に花を咲かせました。植え替えてようやく花が咲いた紫陽花も、もう花芽をつけています。

P1030256 P1030257

月並みな言い方ですが、ホントに自然の営みってすごいなーってつくづくと思いました。僕は園芸とか苦手で、きちんと出来ないのですが、自然はそれを十分に補ってくれるようです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

京都高瀬川、浪漫街道

京都の七条あたりから、四条までの高瀬川沿いに良い道があることを発見しました。勝手に浪漫街道と名付けました。

観光客にはもちろん、一般的にあまり知られていないようで、五条までは地元の人にしか出会うことはありませんでした。

P1030124 P1030125 P1030132

この高瀬川は地元の人々がきれいに掃除をされていて、合鴨などものんびりと泳いでいたりします。ツツジや藤は終わりかけですが、バラや、アヤメ、あと名前はよく知らないのですが、たくさんの花々が咲いていて、新緑をいっそう艶やかにしているようです。

P1030128 P1030130 P1030134 P1030135 P1030138

五条から四条にかけては、たくさんの食べ物屋さんやカフェがあり、どの店に入ったらいいのか迷ってしまいます。

最近努力の甲斐あって5㎏減量したので、ヘルシーな料理の店に入ることにしました。京都のおばんざいが中心のお店で、京野菜の煮浸しや、煮込みハンバーグ、玄米ご飯という適度にヘルシーなランチと、ビールをいただきました。他にもおいしそうなお店がたくさんありました。

P1030196 P1030209 P1030220

食事の後、床ではないのですが、鴨川側がフルオープンになっているカフェでコーヒータイムにしました。鴨川は6月の鮎の解禁にそなえて、今は鳥から鮎を守るために鳥よけが張り巡らされていました。その下を大きな鯉が、ゆうゆうと泳いでいました。

P1030161P1030154 P1030157 

のどかな、のどなか京都の1日でした。この日は葵祭りで北の方はものすごい人出だったそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

母の日のコンサート 平均年令が高かったぞー

9日の日曜日は、母の日でしたね。みなさんはどうされましたか。

母の日ということで、何かしらもらったり、したり、プレゼントをもらったり、あげたり、と様々だったと思います。

この日は「母に感謝のコンサート」というイベントが大阪城ホールでありました。誘ったのですが、うちの奥さんは出演者に興味がないようで断られました。仕方なく、以前から買っていたチケットを持って城ホールに出かけました。

驚いたのはお客さんの平均年令がすごく高いことです。僕が今まで行ったコンサートで一番高いのではないかと思いました。中には杖をついて娘さん(たぶん)に付き添われてやって来たおばあさんもいました。

出演者は、森山良子、南こうせつ、由紀さおり・安田祥子、海援隊…この辺りでお客の平均年令の高さの原因がおわかりだと思います。後、夏川りみ、秋川雅史、樋口了一、そして、僕がチケットを買おうと思った一番の理由だった、植村花菜もいました。そして麻衣でした。シークレットアクトとして、綾戸知恵、岩崎宏美なども出ていました。

僕はこの日は、この春2度目の風邪で、熱はあるし、胃は痛いわで大変な状態でした。でも、チケットを無駄にするのも、もったいないというケチな根性でよろけるようにして城ホールに行ったのでした。

植村花菜の「トイレの神様」は以前このブログで紹介しましたが、またまた泣いてしまいました。バンドだけでなくオーケストラもついていてなかなか聴き応えがありました。彼女のこの歌は最近とてもヒットしています。テレビでも何度か見ました。生で聞けてホントに良かったです。

あと、樋口了一の「手紙~親愛なる子どもたちへ~」という歌もなかなか良かったです。

歌を聞いて少し元気になったのですが、最後まではとても座っていられなくて、植村花菜を聞いて帰ってきました。

その日はまったく食欲がないばかりか、大好きなビールも飲む気になりませんでした。とても珍しいことです。

あとで考えると、高齢者もコンサートに来れるっていうのはとても良いことだなってつくづく思いました。平均年令が高いなどと、決して揶揄してはいけないと反省しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

超・安近短のお寺巡り

連休後半の昨日、連休なのに何処へも行かなくて良いのか?などという強迫観念にとらわれ、いつもの超近場の京都・光明院に行ってきました。

京阪伏見稲荷駅で降りて、駅のすぐ近くのランチカフェでいつもの手作りハンバーグランチとビールをいただき(いつも写真を撮るのを忘れてしまいます)ぶらっと東福寺方面まで歩きます。

京都は年中観光客が多いのですが、この辺りは、連休にもかかわらず、あまり人がいませんでした。

光明院は穴場で、特に人も少なく、のんびりとお庭を眺めながら過ごすことが出来ます。今回は友人といっしょだったので、世間話を花を咲かせ、時を忘れ、いつまでも縁側で過ごしました。

  P1030106P1030112P1030105

もみじの若葉に囲まれた石庭はマイナスイオンでいっぱいなようで、心からリフレッシュ出来ました。

P1030107 P1030109 P1030110

東福寺も、紅葉の頃とはひと味違う、新緑で溢れかえっていました。

P1030118 P1030119

もう少しすると、この近くの天得院(別名桔梗寺)の桔梗がきれいに咲き始めると思います。その頃がまた楽しみです。何だか年寄りじみてきましたが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

タイヤが太鼓に変身?

スタッドレスタイヤをノーマルにもどす時に、以前から思っていたインチアップしました。

CIMG4589

元々のタイヤは下取りなどしてもらえないので、もったいないなーと思っていました(じゃーインチアップなどするな!!突っ込まれそうです。ごもっともです)。

和太鼓をやっている友人から、タイヤが練習用の太鼓がわりになるという話を聞いたので引き取って貰うことにしました。

タイヤが無駄にならなかったのでホントに良かったです。彼女の友人にも引き取ってもらったので2本再利用してもらうことになりました。

100403_1251~0001

本当に感謝、感謝です。

でも、タイヤってこんな風に和太鼓の練習用に使えるとは驚きです。すごいなー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

1TB 6500円のHDに惹かれて

近所のJシン電気の開店セールで1TBのHDが6500円、限定80台とのこと。

限定○台というセールで、買えた試しがなかったので、行くつもりはまったくなかったのですが、特に予定もないし、80台だったら買えるかも知れないなどと思って出かけてしまいました。

近くなので、開店30分後に着いたのですが、ものすごい人でした。

「まさか30分で、80人もの人がHDを買わないだろう」と思っていました。誰でもそう思うと思います。

ところが、無くなっていました。30分で80台売れてしまったのです。

僕は茫然と「申し訳ありません、完売致しました」という紙切れをしばらく見つめていました。

結局何も買わずに駐車場に向かい、帰ろうとしたら、駐車場から道路に出る車の列が動きません。30分かかってやっと道路に出ることができました。

連休初日の午前中は、こんな風にしてとても虚しく過ぎてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »