« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

懸賞エッセイ、宝くじと同じで夢はふくらむ

少し特殊なテーマの懸賞エッセイに応募しました。

何が特殊かと言うと、ある「診療科」に関するエッセイなのです。どの診療科かかは内緒です(すいません)。

最優秀賞百万円、その他、十万円、五万円という賞金があります。

僕は早速応募しました。原稿用紙8枚までというのが応募規定です。

早速といっても、僕の性格上、締め切りぎりぎりまで何もしないので、結局必着日に届くぎりぎりに仕上がり、速達で送りました。

夜の11時から始めて、2時に書き上げて、翌朝、簡単な推敲をして、郵便局に駆け込みました。

あんまり時間をかけてないので、いろいろと不十分なのです。後で、「ああ、あそこはこう書けば良かったな」とか「この文章を入れればよかったな」とか、後悔することが多々あるのですが、出さないことには可能性がゼロですので、出せただけでもよしとしなければいけません。宝くじだって、買えば可能性は一応あるわけですからね。

ホントに宝くじを買ったような気分です。そして、当たる可能性も宝くじと同じです。でも、宝くじを買うと「当たったら、どうしよう、何に使おう!!」と、いろいろと空想にふける楽しみがあるのですが、今、その気分です。いろいろとあらぬ空想にふけって、ひとりニヤニヤとしています。

五万円でも、入賞しないかな、なんて願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

エー、もう!!  ちょっと前に片付けたのに

なんてこと思ったことないですか?

僕だけかな?

寒くなったのでガスストーブを出そうと思って、ふと思いました。

このガスストーブって、10月位に掃除して片付けたんじゃなかったっけ?

IMGP0115

乾燥もしてくるので、加湿器も必要です。ということで、加湿器も出しました。

IMGP0114この加湿器って、片付けたばかりじゃなかったかな?

要するに、シーズンが終わってもなかなか片付けなかったのでした。ですから、しまってある期間がものすごく短いのです(グスン)。

そういえば、扇風機も最近片付けたのだし、スキーは、結局シーズン最終のメンテナンスもしないうちに、今年のシーズンが始まりそうです。まったく困ったものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

孤独な回転寿司

最近、とある地方の町に行った時のことです。

今日はどうしても寿司が食べたい、という時ってありませんか?

僕は時々あります。そんな時は、もう、頭の中も、口の中も「寿司!!」という状態で、それ以外は受け付けません。

その日もそんな状態でした。美味しい回転寿司の店があるので、早速行ってみることにしました。

金曜日。夜の7時。週末なので混んでいるかもしれないと思っていたのですが、誰もいませんでした。

つまり、僕ひとり。

(※注:この画像はイメージです。このお店のものではありません)

ここは、一皿百円ではなく、高いものは一皿五百円、六百円などもあり、ネタも豊富でとても美味しいのです。寿司ネタであるものはお刺身としても出してくれます。お店も清潔でとても綺麗です。しかも、エビ出汁のお味噌汁や、鯛のアラ汁は飲み放題で無料です。板前さんは若い女の子なのですが、なかなか上手に握ります。

でも、回転寿司に客1人は似合いません。

その内誰か他の客が来るだろうと思っていたのですが、結局、僕が居た小一時間は誰も来ませんでした。

ビールや日本酒も飲み、お味噌汁も両方いただき、お腹も一杯になって引き上げました。

このお店、大丈夫かなってすごく心配になりました。美味しいし、綺麗な店なので、つぶれないで欲しいな―ってつくづく思いました。頑張って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

すっかり秋も終わりになってしまいました。それにしても、飛行機は怖い!!

もうそろそろ秋だな―なんて思っていたら、いつの間にか木々の葉も淋しくなりました。

IMGP0096

緑や赤が少なくなり、くすんだ黄土色に浸食されそうになっています。

そんな日の夕方、とある地方から大阪に帰るプロペラ機に乗りました。

「夕暮れ時は淋しそう」というN.S.Pの懐かしい歌が聞こえてきそうな夕暮れでした。

あいにくの雨で、出発が大巾に遅れました。しかも、途中からすごく揺れ、さらにはエレベーターのように急下降したりしてとても平静な気持ちで乗っていることが出来ませんでした。

飛行機は「もうダメだ!!次の駅で降りよう!!」ということが出来ないので、困ります。一度乗ったら何があっても運命共同体に参加せざるを得ないのです。

やっと、「ただいまから着陸態勢に入ります。電子機器……」のアナウンス。少しホッとしました。

しかし、いつまで経っても、街の灯りが見えてこないのです。いつもよりかなり時間が経っているのです。でも、まったく見えません。

僕はすごく不安になり「車輪の故障で出ないのかな?」などと思い、窓におでこを当てるようにして外を見ましたが、さすがにそこは見えません。僕の二つ前の人も僕と同じ事をしていました。それを見て、僕の不安はさらにかき立てられました。

何だか、他の人もざわついているようです。それでも急変を告げるアナウンスはありません。

僕の背中を冷たい汗が流れ出したその時

ホントに急に、眼下に大阪の灯りが見えてきました。

背中の汗が急に蒸発し、心の底から安堵しました。大阪の夜景がこのときほど愛おしく見えたことはありませんでした。

僕は、何度も神様に感謝しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

スティーブ・ジョブズ氏 伝説の演説 スタンフォード大学卒業式

ひょんなきっかけで、スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学の卒業式での演説を聴きました。2005年の演説です。

今、彼の伝記を読んでいるので(連続して読まないので、まだ読み終わってないのです(^^;))丁度良いタイミングでした。

前半の部分は読んでる伝記と重なり「うん、うん、読んだ。読んだ」という感じでした。全部読んだ方は、全編「うん、うん、読んだ。読んだ」感があって、とても良いと思いました。早く読みたいな―と思うのですが、他に読まないといけない本が次から次と出てきて、なかなか時間が取れません(トイレで読んでも間に合わないのです)。さらに、僕は、読むのが遅い上に、読んでもすぐに忘れてしまうという特技があるので、とても困ってしまいます。速く読めて、忘れない人がうらやましいです。

本筋に戻します。彼の話は以下の三つの話で成り立っていました。

1、点をつなげよう(生い立ち)

2、愛と喪失

3、死について

でした。そして、最後にこう言って演説を終えました

stay hungry!     stay foolish!

さすが、スティーブ・ジョブズ。感動しました。良いですね―!!

アップル CEO スティーブ・ジョブス 演説 スピーチ ノーカット版 - YouTube

でも、彼の真似をしても無理ですよ。彼は天才なのです。誰でもが彼のようにはなれません。そういう基本認識を持って話を聞かないと大変なことになります(^^)。

彼の話の途中「マックをパクッたwindows」というセリフが出てきた時は、拍手喝采でした(^^)。

でも、手を叩いていなかった学生も居て、彼らはwindows派なのかな?なんて思いました。

3番目の話の中で「毎日を人生最後の日だと思って生きよう」という、17歳の時に聞いた話を、今も肝に銘じて生きていると言っていたのですが、多くのことをギリギリまで先延ばしにする僕には耳の痛い言葉でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

車に怒られました!ぐすん、すいません。

友人のヴィッツの新車に試乗させてもらっていた時のことです。

信号で停止していた時、横にミニバイクのおばさまが信号待ちをしていました。このバイクの後ろを走るのはちょっと嫌だなーと思い、信号で先に行こうと思いました。

いつものMINIのつもりで「グーん」と加速したとたん

「急な発信は危険です!!安全運転を心がけてください」

と(少し違うかもしれませんが、内容的には同様です)、女性の声がしました。

「ん、ん、……」

周りを見渡しても誰もいないので、ビッツが言ったに違いないのです。

うちの奥さんをたまに乗せると、時々「スピードの出し過ぎよ!!」とか、「右に寄りすぎ!!」「車線変更し過ぎ!!」とか

よく怒られるのですが、車に怒られたのは生まれて初めてでした。

ヴィッツさんごめんなさい号泣

スーパーホワイトII〈040〉

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

うれしい勘違い 今日はオフだった!!

勘違いに気付き、急にオフになりました。

雨降りの1日。突然の休日にすっかり寛いでいます。

こんな日は炬燵に入って、コーヒーでも飲みながら好きなことをする……はずだったのですが、何にもしないうちに、あっという間に4時過ぎ。

でも、You tubeでちょっと面白い映像を見つけました。

斉藤和義は怒っています。忌野清志郎も怒っていました。そして、僕も怒っています。

だんだん寒くなってきます。東北もこれから本格的な冬になります。

今日はあれから八ヶ月の11日です。あっという間の八ヶ月ですが、被災地の方々には長い長い八ヶ月だったと思います。

1日も早い復興を改めて心から祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

電車で独り言を言う人

電車で独り言を言う人って、時々見かけるのですが、たいがいはお年寄りで、しかも怒っている人が多いような気がします。

「あほか、おまえ!!いいかげんにさらせよ!!」などと近くで言われたりすると、ドキっとします。

昨日、電車で独り言を言っている人は、若い男の人で、しかも、怒っていませんでした。

彼は、誰か職場の人と話しているように独り言を言うのです。そして、時に笑ったりします。こういう独り言はあまり聞いたことが無く新鮮でした?あたかも、隣に職場の友人がいるような感じでした。

僕は外の景色を見る振りをしてその人を観察したりしていました。でも、ホントに自然なのです。きっと、誰でも、頭の中でいろんなことを考えていたり、あるいは、人と会話をしたりしていると思います。普通は、その会話はアウトプットされないように制御機能が働いているのですが、たぶん、彼は、その制御機能が、たまたま、多少不具合を起こしているのだと思います。PCのスピーカー機能をオフにしていたはずなのに、オンになっていたのと似てるのかな?と、思ったり、いや、もっと複雑で、意識と無意識の境が何かのきっかけで、曖昧になってしまったのではないかと思ったりしました。

でも、これは誰にでもありそうです。もしかしたら僕も、気付いていないだけで、彼のように独り言を言っているのかもしれません。別に悪いことではないですよね(^^;)。

思いもかけず、人間の心の不思議について、あれこれと考えさせられました。僕もかなり暇だったんですね(^^;)きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

タフなコンデジ……なかなかクールです

10年以上愛用していたカシオのEXILIMがついに壊れてしまいました。使い勝手が良くて、手にしっかり馴染んでいたので、とても残念だったのですが、新しいコンデジを買いました。いろいろ調べてPENTAXのWG-1 GPSにしました。

このコンデジは、防水はもちろん、落っことしても大丈夫な堅牢な作りで、GPSの機能もあります。

僕には、防水はあまり関係ないのですが、まあ、雨の時でも撮影することもあるかもしれないのでいいのかもしれません。

堅牢性は必要です。僕はデジカメをよく落とします。なのでこれは1番良い機能だと思っています。GPS機能もあった方が便利そうです。まあ、とにかく、タフに使えるというのは良いですね。

家電量販店で、3万7、8千円するのですが、ネットで18,800で買いました。すごく安かったですよ。

とても気に入っています!!

CIMG5279

「顕微鏡モード」というのがあったので、庭の花を撮ってみました。

IMGP0002IMGP0004IMGP0008

ちょっとピントが甘くなりましたね。

結構使い勝手が良さそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

スティーブ・ジョブズ どんな人だったのだろう?

アップルのCEOで、先日亡くなったスティーブ・ジョブズ氏の伝記が25日に発売になりました。

メディアに踊らされた訳ではないのですが、たまたま生協の本屋さんに平積みされていたので、買いました。

P1040920

帰りの電車で読んだだけで、まだ全部は読んでいませんが、子どもの頃の部分だけでも彼の個性が感じられました。

「僕は子どもの頃捨てられたんだ」

彼の実父はイスラム系の人だったので、母親の両親に反対され、結婚を認めてもらえず、やむなく養子に出されたのだそうです。

そんなエピソードからスティーブ・ジョブズの伝記が始まります。

早く読みたいのですが、なかなか時間が作れず、まだ第1章なのです(^^;)。第10章のマック誕生や、第12章デザイン、16章ゲイツとジョブズなど、非常に楽しみです。興味ある方は是非本屋さんに!!

何の感想にもなっていなくてすみません気持ち悪い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

ちょっと変身!! いつものアイテムがイメージチェンジです

MINIからシールが送られてきました。別に頼んだ訳でもなく、会社の気まぐれだと思うのですが、うれしかったです。

「あなたのお気に入りのアイテムをMINI風に変身させて見ませんか」

とのメッセージが添えられていました。

僕はこういうメッセージに弱いので、すぐにお言葉に従うことにしました。

まず、ケータイ。

P1040916

それから、ガラパゴス。

P1040918

そして、ギター。

P1040919

僕は、この成果を家族に伝えると

「それのどこが良いのかさっぱりわからへん!!」と、奥さんの言葉。「うちも!!」と、娘の言葉。

うちの家族にはまったく不評でした号泣

僕は、すごく嬉しかったのですが、これはどうやら独りよがりだったようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »