« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

Book Review No.1

くるたんパパさんの真似をして書いてみました。

と言っても、これは連載の始まりではありません。気まぐれで、時々書いたりしたいと思います。

第一回目の本は「6枚の壁新聞」角川ssc新書2011.7月です。

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録  角川SSC新書 (角川SSC新書 130)

この本は今年の3.11の震災で大きな被害を受けた石巻にある小さな地方新聞社の取り組みを綴ったノンフィクションです。

「石巻日日(ひび)新聞」という新聞社はたまたま津波の被害を逃れはしたものの、地震による停電のためパソコンも印刷機も、もちろん使えなくなり、通常の新聞発行は出来なくなりました。それでも、何とか新聞を発行して、地域の人々に情報を伝えたいと考えました。

新聞を発行するための基本的な道具はまったく使えないわけですから、どうしたと思いますか?

そうなんです。紙とペンがあれば新聞は発行できると考えたのです。つまり壁新聞ですよね。

新聞用のロール紙を切って、それにサインペンで直接書いて、避難所やコンビニに貼るという壁新聞です。

記者達が自転車や歩いて取材した記事の中から、重要な情報を優先して1枚の壁新聞を仕上げます。それを何枚か手書きでコピーをして、貼りに行く。こんな作業を、電気が通じるまでの六日間続けました。

この石巻日日新聞の、ジャーナリズムの最も根源的な取り組みに驚き、感動しました。

この壁新聞は、アメリカ・ワシントンの新聞博物館(ニュージアム)に永久展示されることになったそうです。

「市民の生命と財産を守るために、必要な情報を提供する」というジャーナリズムの最も基本的な役割を、震災時の困難な状況の中でやり通した、この新聞社の社長始め、スタッフたちのジャーナリスト魂に敬意を表します。

メディアが伝えるべき情報の意味を、改めて考えさせてくれる一冊でした。もし、機会があれば是非、一度読んでみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

MINI JCW納車式の様子

今日は、MINIの1年点検と冬タイヤへの交換に行きました。

店に着くと、ちょうど納車式(ここの納車はちょっとしたセレモニー風にやります)をしていましたのでちょっと見学。

納車式用の車体カバーを外すと、白いボディーに赤いルーフ、JCW(ジョン・クーパー・ワークス)オリジナルのストライプが入ったMINIが現れました。

DVC00224

オーナーになる人やその友人達が取り囲んでワイワイと楽しそうに納車式をしていました。僕もその中に入れてもらい、エンジンなどを覗かせてもらいました。ルーフが赤なので白いラインはわかるのですが、白いボディに白いラインはどう考えても納得がいかないので、オーナーに聞いてみると「アハハハハハー(^^;)」といって笑っているだけでした。彼は、サーキットでも走ったりするそうで、この本格的なJCWが欲しかったのだそうです。街乗りでは結構扱いにくく、僕のような素人には不向きなようです。

ディーラーの所長さんによると、今日は4台の納車があり、てんてこ舞いなのだそうです。何でも12月25日のクリスマスに合わせて納車を希望する人が多いとか……。いろんな人がいるんですね。

僕は、夏タイヤから冬タイヤのスタッドレスに替えて、これから始まる本格的なスキーシーズンに備えました。今日はとっても寒いので、スキー場は雪かも知れません。年末にはスキーが出来そうです。

スキーのメンテナンスも大急ぎでしないといけませんね。

それにしても今日は寒い!!寒い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

異界か……幻想の嵯峨野、嵐山

京都花灯路(冬は嵯峨野・嵐山です)最終日に行ってきました。

かなり寒い日だったのですが、幸い風がなかったためか、それほどひどい寒さは感じませんでした。

若いカップルがほとんどです。僕はおじさん二人のカップルでした(T_T)

嵐山も、嵯峨野もお昼に見る風景とは打って変わって幻想的でした。人がたくさんいなかったら、まるで異界に足を踏み入れたような不思議な感じがすると思います。

P1040933P1040934P1040942P1040954P1040963P1040994P1040999

嵐山や嵯峨野はライトアップがなくとも魅力的な所なのです。常寂光寺、二尊院、落柿舎。こういった有名なお寺なども、もちろん良いのですが、そこに至る道々がのんびりと落ち着いて良いですね。竹林の小道、この竹林はなかなかのものです。

P1050001P1050011

場所によっては、こんなに人が並んで歩いているんですよ。

P1050005

寒い寒い京都の夜でしたが、帰りに木屋町四条の串焼き屋さんで熱燗で暖まり、その後、冷たい生ビールで京野菜の串焼きを堪能しました。この串焼き(写真が無くてすみません)、タレとかまったくついていなくて、見た目素材そのものの色しか見えないのですが、京風の出汁の味がしっかり沁みていて、絶品でした。

冬の京都を堪能してきました。やっぱり京都は良いですよ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

さよなら、XLR……ついにお別れです~その2~

ホンダ XLR(250CC)を手放して一週間になります。生まれ変わって再利用されていると良いのですが……。

思えば、このバイクはとても気まぐれで、理由もなく突然エンストしたりします。それも、上り坂の手前の信号とか、とりわけ車の多い交差点とかです。上り坂の手前でエンストした時はホントに泣きました。

何回キックしてもエンジンがかからないのです。このオフロードタイプは、エンジンキックに癖があるのが多く、僕のバイクもかなりのくせものでした。エンジンのキックだけでも汗が出てくるのに、エンジンが掛からなかったら、この重いバイクを牽きながら坂を上らなければいけません。僕はこれを2回経験しました。ホントに、この重いバイクを捨てたろって何回思ったか(>_<)

車の多い交差点でエンストすると、車ほどは邪魔にはならないのですが、結構あせります。あわてて、端っこに寄せて、何回もキックしなければなりません。バイクの機嫌が良ければ、結構すぐにかかったりするのですが、つむじを曲げると、もう、しばらくはダメです。

そんなこともあり、あまり乗らなくなったのだと思います。気持ち的には、林道などを颯爽と疾走する姿を思い浮かべて購入したのですが、結局一度も林道に入ったことはありませんでした。

まったくのオンロードでした。考えてみれば、そんなオーナーにへそを曲げたのかもしれません。

「俺は何のためにこの世に生まれてきたんだ!!」

などと、彼なりにアイデンティティーの問題で悩んでいたのかもしれません。それが非行に走った原因かもしれません。

手放した今、大いに反省しています。そして、もう二度とオフロードバイクには乗るまいと堅く決意しました。

でも、このバイク、5年近く乗っていなかったのですが、ちゃんとエンジンが掛かって、動きます。ガソリンもその時のままなのですよ。

このエンジンかなり優秀だと思います。才能があるのにぐれてしまったというタイプですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

さよなら、XLR……ついにお別れです~その1~

どうしょうか、どうしょうかと、ずいぶん長い間悩んでいたのです。

やっと決心しました。

ついこの前、マンションの大掃除があり、駐輪場の掃除のため、それを動かそうとしたら、重くて、ふらつき、僕までいっしょに倒れてしまいそうになりました。

「これは手に負えない!!」

そして、ついに手放す決心をしました。

「Go、バイク○」に電話しました。

「この型のバイクですと、上限が10万円になります」と、女性の声。

「えええええー、10万円!! すごーい!!」と、僕。

早速見積もりに来てもらうことになりました。

逆にお金を取られると思っていたので、まあ、10万円にはならなくとも、2、3万円位にはなるのではないか、そのお金をBD/HDレコーダーの足しにしようなどと、取らぬ狸の……。

見積もり当日。バイク○のお兄さんが時間をかけて、僕のバイクをいろいろ調べ、スマホで情報を送り、そして、ついに値段決定。

お兄さんは言いにくそうに「無料引き取りになります」

そのひと言で僕のBD/HDは消えて無くなりました。

そして、最後に記念にバイクの写真を撮ってお別れしました。

IMGP0257IMGP0258

ご苦労様でした。お世話になりました。ありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

アアー、ばらまいちゃった―!!

真新しい、まだ挽いていないコーヒー豆の封を開けました。

あまり注意せず、無造作にはさみで封を切ったものですから、豆が床にこぼれ落ちてしまいました。

アフリカでは、カカオ豆の伐採を子どもの労働に頼っている部分がまだかなりあるようで、子どもたちは危険な労働をただ同然で強いられ、死んだり、大けがをしたりということもあるようです。

そんなコーヒー豆ですから、こぼれたからといって、そのまま捨てるわけにはいきません。僕は、床にこぼれた豆を一個残らず拾い上げて、一個ずつ丁寧にペーパータオルで拭いて、お皿にあけました。これが、すでに挽いてある粉だったら無理ですが、豆の状態だったのが救いでした。

豆から挽くと、とても香りが良く、幸せな気持ちになります。こぼれた豆は3、4回分あるので、僕と、うちの奥さんにも煎れてあげました。もちろん、こぼしたことは内緒にしましたよ(^^;)。だって、同じ味わうなら余計な心配をしないで味わった方がずっと美味しいですからね。

コーヒーも大切に飲まなくっちゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

読書法、トイレで読書……僕だけじゃなかった!!

この一週間は僕にとってはホントに大変な毎日で、心身共に限界な状態だったのですが、やっと一息つきました。人生いろいろありますね。

何とも下らない話題でスミマセンが、人間(僕だけかもしれません)、極度のストレスから解放されると、こんな下らないことしか頭に浮かんでこないようです。

 

以前も書いたのですが、僕はトイレでも読書をします(自慢すべきことではありませんが)。

小さな棚なども置いて、本や、電子辞書なども常備しています。本来の用事が無いときでも、気が向けばトイレに籠もって本を読んだりすることがあります(かなり変な奴と思いますが)。

前に、NHKのテレビを見ていたら、僕よりも上手の人がいました。

明大の先生なのですが、彼は、僕のような安手な棚ではなく、結構本格的な棚をトイレに作り、読書用の電気スタンドなども置いています。電子辞書ではなく、かなり厚手の辞典も置いています。

彼の場合は、トイレだけではなく、お風呂場でも読むようで、風呂場にも、読書用の棚や必要なタオルなども置いているようです。

彼の読書スタイルは、家の中の様々な場所に、その場所に適した(と、彼が考えている)本が常備されていて、その場所に行くと、常備された本を読むのだそうです。例えば、リビングでは小説、風呂場では仕事用の本、トイレでは新書など、なのかな?

実は、この方法は、僕の読書の仕方と少し似ています。僕も決まった場所に決まった本を置いていて、その場所に行くと、決まった本を読みます。僕は遅読なので、一冊の本を読み上げるのに時間がかかります。でも、このスタイルで読書をすると、いつのまにか、たくさんの種類の本を読んでしまっています。僕にとっては、結構効率的な読み方なのです。

みなさんは、どんな読書法で読んでいますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

好きな色はどんな色?

「色」についての続編です。

「好きな色は何ですか?」

いきなり、こう聞かれたことってありますよね。性格診断とか、占いとか、そんな類の質問です。

どうでもいいことなのですが、ふっと真剣に考えてしまったりします。

「うーん、好きな色か」

特に、意識することはないのですが、セーターとかシャツとか選ぶときは、とても重要な要素になりますよね。無意識に選択をして、つまり、脳の色彩感覚の深い部分にインプットされた色を選んでいるわけですよね、きっと。だから、自分が選んだセーターとか、シャツを見ると色の傾向がよくわかります。

最近、セーターとかシャツは違うのですが、ジャケットとか、ズボンとか、カーキ色を割と選びます。カーキ色というのは、基本的に陸軍が使った色で、カーキ(土埃)の色だそうです。陸軍は土埃の立つ所で仕事をすることが多く、服が土埃で汚れてしまうので、最初から土埃色にしちゃえ!!ということで、軍服や、軍シャツがカーキ色になったそうです(たぶん)。

僕は、平和主義者なので、軍隊は嫌いなのですが、この色は結構好きです。質素でストイックであるのと、何となく逞しそうなイメージがあります。「遊びに行くぞ!!」というよりは、「作業に行くぞ」という感じです。

IMGP0234

とはいえ、みんながみんなカーキ色の服を着ていたら、それはそれで不気味だとは思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

神が作りたもうた 深ーい色

季節はどんどん冬に向かっているこの頃です。

今日も寒ーい木枯らしが吹いていました。

そんな日に、ふと地面を見ると、1枚の落ち葉が目につきました。

IMGP0233

何と深い色なんでしょう(ホントはもう少し明るい色なんです)。

僕は、ずーと一日中この色に見とれて、何にも出来ませんでした(ウソです)。でも、その位見てても飽きない色なのです。

こんな色のセーターがあったらステキだろうなーとか、こんな色の車があったら面白いだろうな―とか、こんな色のケーキがあったら美味しそうだなー、とか、こんな色の自転車が欲しいな―とか、いろいろ想像してみました。

 

日本の色は、季節の自然から作られたと言いますので(木賊色(とくさいろ)、臙脂色(えんじいろ)、緋色(ひいろ)などなど)、きっとこんな色の着物とか、風呂敷とか、帯とかもあるのかもしれません。

季節から色を作るという発想はすごいと思います。日本人の季節や自然に対する思いの強さと、憧憬の強さを感じずにはおられません。

この時期特有の色の深さを、もう少し味わいたいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

えっ、今日は○○の日か!!ううーん……

京都の某大学に用事があり出かけました。

地下鉄を降りたときの雰囲気がいつもと違うのです。

学生が異様に少ないというか、ホントに一人、二人なのです。

そして、案の定、大学の門が閉まっていました。守衛さんに聞くと「今日は創立記念日でお休みなんです」とのこと。

IMGP0139

「エエー、そんなん聞いてなーい!!」

誰にも責任のないことなのですが、ついつい誰かを恨んでみたくなるのです。

このまま帰るのももったいなので、コンビニでお弁当でも買って、近くの京都御所で食べようと、良いアイデアを思いつきました。

その日はとても暖かくて、薄いセーターベストにジャケットという服装でも、少し歩くと汗が出てくるくらいでした。

コンビニで面白いお弁当と缶ビールを見つけました。

IMGP0142

期間限定で、本来予約だけのお弁当らしいのですが、たまたま一つだけ余っていました。千円と、かなり高いのですが、期間限定でもあるし、京都っぽい感じが気に入り、しかも、恐れ多くも、京都御所で食べるのですから、いつもの390円弁当というわけにはいかないでしょう、というこじつけでこれにしました。

この缶ビールも珍しい限定発売で、アサヒビールで初めて出した生ビールの復刻版だそうで、デザインも明治期のそれでした。

まさに、このお弁当に最適の缶ビールです。この最強のコンビを手にして、意気揚々と近くの御所に出かけました。

平日ですので、人も少なく、ベンチを独り占めにしてゆっくりといただきました。

IMGP0144IMGP0147IMGP0148IMGP0149IMGP0150IMGP0151IMGP0152

このお弁当は期待に違わず、とっても美味しいものでした。下手な料亭の懐石よりもずっと美味しいものでした。

一番最初に食べただし巻き、これでまずガツンときました。食べた瞬間、上品な出汁の香りと、何よりもふぁっとした美味しさが口の中に広がりました。後のおかずもどれも最高でした。最後に食べたサワラのゆず味噌焼きは、もう、その香りといい、味の確かさといい、もう、とにかく美味しかったのです。小さな昆布巻きも僕の好きな鰊巻きで、もう、うっとりでした。

このお弁当に、復刻ビールがよく合っていました。

目の前の紅葉を見ながら至福のひと時を過ごしました。

IMGP0164

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

古都の嵐電……まだまだ健在です

嵐電(京福電鉄嵐山線)に久しぶりに乗りました。

この電車は普段は一両編成なのですが、たぶん、この観光シーズンや土日、祝祭日は二両になったりするようです(たぶん)。

僕が乗ったのは日曜日だったので、二両編成でした。

IMGP0125IMGP0137IMGP0138

嵐山線なので、京都の西の方を走る電車なのですが、路地のような所を走ったり、桜並木の間を走ったりします。特別きれいな景色ではないのですが、何となく景色を眺めて乗っていたら楽しくなる電車です。

駅の名前が本当に京都らしい駅名が並びます。例えば、「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」「蚕ノ社(かいこのやしろ)」「松尾」「等持院」「竜安寺」「宇多野」「妙心寺」「御室」「太秦」などです。

どれも小さな小さな駅ですが、それぞれの駅には有名なお寺や神社、観光名所があります。IMGP0136

僕は残念ながら、観光ではなく、この近くの大学での研究会に参加するために乗ったので、IMGP0132

観光名所には行けなかったのですが、

時間があれば、この電車で各駅停車をして、ゆっくりと名所めぐりをしてみたいと、つくづく思いました。

帰りに「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」で乗り換えた電車は満員だったのですが、僕の隣に侍がいたので驚きました。

彼は、新撰組の隊士の格好をしていて、刀も持っていました。もちろん下駄履きです。乗ってくる人は一様に「ギョッ!!」として、彼を一瞥し、それから見なかった振りをします。新撰組の隊士は恥ずかしそうに、やや俯き加減で乗っています。

よくよく考え見ると、この近くに「映画村」で有名な「太秦」があったのでした。

この沿線はどこも、ホントに味わいのある良い街です。

皆さんも是非一度行ってみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »