« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

油断禁物!!

スキーに行ってきました。

寒かったのですが、今の内にたくさん滑っておこうと思い、MINIにスキーとブーツ、ウエアの袋を放り込んで出かけました。

道は比較的空いていて、1時間半で着いてしまいました。

寒いからさっさと滑って、早く帰ろー!!

と、思って車を降りると、ロープウエーにたくさんの人が列を作っているではないですか。

通常なら列を作ることなどあり得ないのです。

何かあったのだと思いました。

アナウンスによると、強風のために徐行運転をしているということです。下はほとんど無風状態なのですが、ゲレンデの方は風が強いようです。

三十分ほど待ってやっとゲレンデへ。

案の定、吹雪状態でした。気温マイナス8度。

IMGP0361

何本か滑って、後1本滑ってお昼にしようと思ったときでした。

前を滑っていた、中途半端に遅いスキーヤーがどうも気になり、追い越してしまおうと思い、スピードを出したとたんに、新雪に板がひっかかり、みごとに転倒してしまいました。

思いっきり左肩を打ち付けて、そのまま5、6メートル転げ落ちてしまいました。

打ったときは結構痛かったのですが、立ち上がる頃には痛みも引いて安心しました。

まあ、とりあえずお昼。いつものステーキプレートに神戸ドーナツ。

IMGP0358

午後からはあまり調子が出ず、そうそうと引き上げました。

そして、車に乗ったとき。

左肩が「ズキン」

今頃になってひどい痛みがやってきました。まあ、運転には支障がなかったので良かったのです。

夕方病院で診察してもらいました。

「骨に別状はないが、無理をすると五十肩になるからしばらく注意しなさい」

とのことでした。

油断大敵、無理は禁物、傲るなかれ!!

まさにその通りでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

時空を超えた忘れ物!?

マーチン君が来てから、よくギターを弾くようになりました。

部屋を片付けていたら古ーい音楽雑誌を見つけました。

ホントに何十年と見ていなかった「ライトミュージック」です。

IMGP0364

目次をパラパラッと見たら、アーロ・ガスリーの「アリスのレストラン」が載っていました。

大昔、この曲が弾きたくて、この雑誌を見ながら一生懸命、フィンガーピッキングを練習したことを思い出しました。

ただ、カッコ良く弾きたいという思いだけで結構がんばって弾けるようになったはずなのです。

でも、今は全然指が覚えていませんでした。

『よーし、もう一度練習して弾けるようになろー!』と、ページを開くと、はらはらっと白い花びらが……と、思ったらギターピックでした。

Fenderの白いピック。当時使っていた物です。

このピックは何十年の時間を超えてこの空間に、再び姿を現したことになります。

結構綺麗で、まったく劣化していませんでした。

すごいなー!!

「ピック君、今はもう21世紀ですよ。驚いたでしょう」

などと声をかけてみました(^^)。

IMGP0367

ついでに、パラパラっとページをめくっていたら

「2台目のギターをどれにする?」という特集がありました。

マーチンのD-28は当時25万8千円でした。

ということは、値段の絶対値は今もあまり変わっていないんですね。もちろん、物価指数が今と当時とはまったく違いますので、当時の25万といえば相当な金額だったと思います。

あと、ギタープレイヤーで今でも活躍中の石川鷹彦さんが、長髪の若々しい写真で出ていました。これも驚きでした。

James Taylorも、Neil Youngも、五輪まゆみも遠藤賢司もみんな若い写真でした。

いっきに、時空を飛び越えてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

おかしな注意書き?

ジムの近くの楽器屋さんに行く途中に、おかしな注意書きを見つけました。

「ここに傘を捨てる者には不幸が訪れる。それは、家に居ても、職場にいても、必ず訪れるのだ。不幸を避けたかったら早々に傘を持ち帰れ」

というものです。

そして、その下を見ると、傘が2本ぶら下がっていました。

この家は、道路より少し高い所に建っていて、家の基礎土台に、ちょうど傘をかけるのに良い支えが張ってあるのです。

たぶん、傘を持ってきたけど、晴れちゃったし、傘が邪魔だなーなんて思っていた人が、ここを通りかかった時に「うん、これは良い!!」と思って傘をかけていったのだと思います。

斜めに張ってあるその支えは、本当に傘をかけるために作られたようなものなのです。

もちろん、他人の家の土台に傘を捨てていくのは悪いことなのですが、あまりにも傘かけにふさわしいので、僕は傘をかけていった人の気持ちがわかるような気がしました。

でも、ここの持ち主は、きっと、いつも、いつも傘が捨ててあるのに閉口しているのだと思います。それで、こんな注意書きをだしたのだと思います。

でも「不幸が訪れる…」って、傘を捨ててどんな不幸が訪れるのだろうって考えてしまいました。

傘を持っていないときに、突然大雨が降ってきて、びしょ濡れになり、風邪を引いて死んでしまうとか、大雨に流されて死んでしまうとか、かな?っていろいろ考えてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

初滑りだぞー!!

本当は年末に行こうと思って、MINIのタイヤをスタッドレスに替え、用意万端という感じだったのですが……

気がつけば、1月も中旬になってしまいました。

滋賀県の琵琶湖バレーという、いつものスキー場です。

琵琶湖のすぐ脇を通る国道は今まで経験したことのない雪景色でした。

IMGP0334IMGP0335

近年まれなこの雪景色に心はワクワク!!

もう、気持ちはすでにゲレンデにありました。

寒かったけど、雪も豊富で、とにかく雪質が最高でした。そして、平日で、週の真ん中だったせいか、人が少なく、滑り放題でした(これはあまり若くない者にとっては必ずしも良いことではないのですが)

IMGP0342IMGP0351

この日は珍しくスキーヤーが目立ちました。若いスキーヤーや、どうみても70代の軍団もいて驚きました。でも、良いですよね、70代になっても寒い中スキーに来るというのがエライ!!僕も見習いたいものです。

そして、寒い中をわざわざスノボーしに来てる若者達もエライと思います。だって、最近は「面倒くせー!!」という人がほとんどなんですものね。

楽しみのお昼は「ステーキプレート」

IMGP0340

ここのゲレンデの人気メニューです(食べかけの写真ですみません)。

これで、1200円は安いと思います。ここのレストランはどれも本当に美味しいです。なかなか頑張っています。

10時半から4時半まで目一杯滑ってしまいました。

満足、満足!!

あっ、そうです。この日1日で、体重が1.5㎏減りました。メデタシ、メデタシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マーチン君がやってきた!! うんうん、良く来たね

いろいろ考えたのですが、ついにマーチン君がうちにやってきました。

P1050015P1050016P1050017

24回のローンを背負ってやってきました悲しい

早速弾いてみました。

やっぱり良い音です!!

ホントにバランスの良い、低音もしっかり出ている、マーチンらしい音でした。

10時以降でしたので、だいぶ遠慮しながらですが、気がついたら、結局3時間も弾き続けていました。

もう、このままいっしょに布団に入って寝てしまいたい位でした(冗談です(^^;))。

D-28(ニッパチと呼ぶのだそうです)が人気モデルだというのが頷けます。

俄然「ギター、もっともっと上手くなろうー!!」という、モチベーションが湧いてきました。これからはしっかり練習しようと心に誓った夜でした(^^)

明日も早起きしてギターを弾こーおっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

古いスピーカーが驚きの価格で……

売れなかったのです。当然のことながら(^^;)

新年早々一大決心をして、部屋の整理に取りかかりました。

要らない小物を捨てまくり、要らない本も捨てまくり、ふと、部屋を見回すと、あまり変化のないことに愕然としました。

やっぱり小物だけではダメだ!!

ということに気付き、大物に目が行きました。

古いSONYのスピーカーです。これが結構場所を取っていたのですが、捨てるという発想がまったく無かったのです。

(イメージです。実物ではありません)

たまたま粗大ゴミを依頼していたので、その時に、と思ったのですが、売っても良いのではないかと思いつき(前にくるたんパパさんのブログにありました)、早速リサイクルショップに持ち込みました。

予想通りというか、予想以上というか、二百円でした(>_<)

でも、考えてみると、あのオフロードバイクが無料引き取りだったのですから、二百円でもすごいものです。きっと。

ということで、部屋が少しだけすっきりしました。スピーカーの写真を取り忘れていて後悔しています。

でも、考えてみると(考えなくても)大きなスピーカーで、ガンガン音楽を聞くということをまったくしなくなりました。まあ、近所迷惑ということもありますが、大きな音を受け入れなくなったというような気がします。年を取ったのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

憧れのマーチンD-28

マーチンシリーズの中では定番のD-28

D-42やD-45と比べるとシンプル(もちろん、値段もずいぶん違うのです)で昔から好きなモデルでした。

最近、いっしょにギターを習っている友人がマーチンのエレアコを買ったので、弾かせて貰ったのです。

これがすごくバランスの良い、マーチンらしい良い音でした。

画像2

今まで眠っていた、マーチンへの思いが身体の中で甦るような衝撃を感じたのです。

彼のマーチンは特価で34万円だったそうで、これは僕には手が出ません。

値段的にはマーチンの中では比較的手が出やすいD-28が良いのではないかと考え楽器屋さんへ!!

ありました、ありました。

今だけ、無金利で24回払い!!しかも、このD-28は、表板がD-45で使っている板と同じものを使っているシリーズなのです。

このシリーズ、この楽器店では最後の1本ということです。

「うーん、どうしようかなー?」

すごく迷っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

福袋、エエーこんなん有りなのー!!

無印の福袋(ステーショナリー)が欲しい思っていたのですが、毎年飲んだくれていて(^^;)初売りに行くことが出来ませんでした。

今年こそはと思い、2日の初売りに行ってきました。

京橋(大阪です)の無印は10時半開店なので、早起きしなくても行けます。15分前に着いて少し並んで、お店に入ったら、福袋売り場に圧倒されてしまいました。

福袋が出されると同時に、たくさんの手が伸び、あっという間に消えてしまいました。

僕は、ただ、ただ茫然と見ているだけで、結局その時は何も買えませんでした。

しかし、驚くべきことに、いったん無くなった福袋の棚に少しずつ福袋が戻ってくるのです。

「エエー、何これ!!」

戻ってきたステーショナリーの福袋をすかさず掴んでしまいました。

IMGP0327

つまり、福袋の買い方は、とにかく何でも良いから手に取ってしまうということなのです。そして、後で要らない物を返す。

僕のように、選んで買おうと思うと、結局何も買えなくなるのです。

そんなこんなで予定の福袋が買えました。

それと、みんながあんまり見向きもしなかった「福缶」というのを買って来ました。

僕は、これが一番気に入りました。

IMGP0328

2010円で、中には東北の民芸玩具が入っています。そして、2010円分のプリペイドカードが入っています。僕が買った「福缶」には、会津はりこの赤べこが入っていました。

これで、並んで買う「福袋」初体験は無事に終わりました。めでたし、めでたし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

穏やかな、良い初詣でした。

朝起きて外に出たら、指先が痛くなり、冷たい空気が肺の中にスーと入りました。そして、一瞬のうちに身体全体に染みわたっていきました。

庭のサザンカの赤い花びらが小さく震えていました。

今日の初詣はどうしょうかなって、少しためらってしまいました。

元旦の朝、お屠蘇と、ついでにビールを一本。これは、年に一度の公認の朝酒です。年に一度ですから、心ゆくまでゆっくりと味わいました。

すると、外に出るのがさらに億劫になってきて、もう初詣は明日にしようかなどと思ってしまいました。いや、ここはやっぱり初志貫徹しないと、一年の計は元旦にありなどと言いますので、顔を洗って、ひげを剃って、うちの奥さんと出かけました。

去年は確か、初詣客が全国一だったそうで、すごい人でした。

IMGP0307IMGP0309

お参りを済ませて、いつもの、東福寺に至る道に出ると、もうほとんど人が居なくて、静かで穏やかな古都の風景でした。

東福寺を出たところで、冬の桜に出会いました。ここだけ季節を間違えたような不思議な光景でした。

IMGP0312IMGP0314

初詣を無事に終え、JRをひとつ乗って京都駅に。

絶対にもう無いと思っていた無印の福袋を一つ買いました。

穏やかな良い元旦でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます。

皆さんあけましておめでとうございます。

昨年、このブログを訪れてくださった方々に心から感謝しています。そして、今年もよろしくお願いします。

身辺雑記風のささいな話題ですが、今年は少しバージョンアップ出来たらと思っています。

吉田類さんの「酒場放浪記」など見ながら年を越しています。

今日は伏見稲荷に初詣の予定です。

今年はいい年だと良いですね。心から願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »