« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

スノボーとスキー

いつも思うのですが、スノボーってある程度滑れるようになるとカッコ良く見えます。

それに比べて、スキーは相当上手くならないとカッコ良く見えません。ウェーデルン位まで出来ないとかっこいいとは言えません。

それで、若い人はスノボーをやるのかな?などと思っています。琵琶湖を背景に、ハイジャンプしたりするとすごくかっこ良いですからね。

IMGP0431

スキーは、たまに20代位の人もいますが、大半は30代後半以上ですからね。彼らも昔はカッコ良かったのかもしれませんが……。

やっぱり、スノボーに押されがち というよりもスノボーがウインタースポーツでは圧倒的に優位です。

20代位の若い女性で、すごくかっこ良いスキーヤーを見ました。彼女は一人で滑っていて、ゲレンデの一番高い所から、下まで一気に、何度も滑っていました。ホントに風を切るように……。

僕が帰るときに、駐車場で彼女に出会いました。彼女は、SUVの車にスキーとブーツを積み込むと、車を運転して、一人で颯爽と帰って行きました。まるで風を切るように……。

IMGP0451

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

滋賀県の人は人生について良く考えている

琵琶湖バレーにスキーに行った時のことです。

高速ロープウェーに乗り合わせた大学生らしきグループの会話です。このロープウェーからは琵琶湖が一眸出来ます。

IMGP0425

(これは、ロープウェーからの写真ではありません)

(大学生男A)「うわー!!琵琶湖でかー!!」

(大学生男B)「ほんまや、こういうでかい琵琶湖を見ると、我々人間の小ささを実感するなー」

(大学生女)「ほんまに、こういう雄大な景色を見ると、自分の人生を考え直さなあかんと思うなー」

(大学生男A)「ほんまに、このでかい琵琶湖を見ていると、人生について反省して、考え直さなあかんなー」

(大学生男B)「滋賀県の人は、何度も人生について考えているんやろなー」

(大学生女)「そうや、みんな哲学者のようにな」

(大学生と近くの他の乗客)「爆笑!!」

この日は暖かく最高のゲレンデでした。しかも、僕のスキーの技術が急に、ワンランク上がりました。

こういうことってあるんですよね。今までズーと出来なかったことが、急に突然出来たりするんですね。

そして、お昼はいつものステーキプレート。

この日は平日だったので、休日のステーキよりもお肉が大きくて厚手なのです(きっと)。休日バージョンはお肉が少し薄くて小さいのです(きっと……違っていたらごめんなさい)。

IMGP0423

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

カーテンを直しました 完成までの遙かな長い旅路?!

レースのカーテンが上のカーテンよりサイズが長いため、ズーと気になっていたのですが、なかなかやる気が起きなくてそのままにしてありました。

きのう、部屋でカーテンをじっと見ていたら、急にたまらなくなり(これは「三丁目の夕日」の作家、茶川さんのシーンを想像してください?)、ガバッとはね起きて、カーテンをむしり取るように外し、レースのカーテンを投げ捨てました(もちろん後で拾いました)。

やおら(これも死語かな?)ミシンを引っぱり出して、糸をかけようとしました が、糸のかけ方を忘れてしまった!!

マニュアルを見ながら、やっと何とか上糸、下糸をセットして準備オーケー。

レースのカーテンのサイズを測って、長い部分を切り落とし、折りたたみにアイロンをかけて、ミシン縫いの線をチャコペンで書いて(ここまでですっかり疲れてしまいました)窓二つ分のレースなので結構たくさんあるのです。

さぁ、ミシンかけです。

久しぶりなので、初めは何だかぎこちなくうまく行かなかったのですが、何度かしているうちに楽しくなってきました。糸がはずれないで上手く最後まで縫えたときなんて、まったくうれしくて、幸せな気持ちになりますLOVE

苦節三時間!! やっと完成!!

IMGP0415IMGP0417

背景にあるレースのカーテンです。表側のカーテンと長さが揃いました。

初めから同じ長さのカーテンを買っていれば何の問題もなかったのですが、そういうことがきちんと出来ないダメな性格なので、後でこんな苦労をします。

でも、ミシンって結構楽しいです。今日も朝から雑巾を3枚も縫ってしまいました。

今度はミシンのカバーに挑戦ですすぐ戻ります

短い春休みのひと時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

KORG SP170DX  宣伝するわけではありませんが、驚きました

島村楽器というお店を覗いたときのことです。

店の入り口の所にキーボードの段ボールがいくつか積まれていて、その上に試聴用のキーボードが置いてありました。

値段は38,800円。この位の値段で良い音が出るわけがない!!

そう思いながらチラッと弾いてみると、何と!!驚きでした!!

コルグ|電子ピアノ<br>(専用スタンド+ペダルユニット同梱セット)<br>ブラック|SP-170-DX

すごく良い音が出るのです。しかも、鍵盤のタッチもとても良いのです。僕の持っているヤマハのp200にとても良く似ています。

これで、38,800円!!しかも88鍵です。3ペダル付きです。専用台もついています。うそやろー!!

でも、間違いなく38,800円でした。思わず

「これください!!」

と、言うところでした。

もちろんしませんでした。うちには、使っていないキーボードが、あと2台もあるのですから。

でも、本当に良い音でした。僕にとってはですが……。

ちなみに、近くに展示されていた十数万円のキーボードも、二十数万円のキーボードも、弾いてみたのですが、このSP170の比ではありませんでした。もちろん好みはあると思いますが……。

KORGさんの宣伝では決してありませんよ。でも、この値段でこんな良い音のピアノが作れるってすごいなーて、本当に感心しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

マーチン君の虜になってしまいました

今まで、アコースティックギター教室のレッスンは、その日の数時間前にちょろっと練習するだけで、きちんと練習しないダメな生徒でした。まるで、ダメな方の小学生のピアノのレッスンのようでした。

それが一変してしまいました。

何と、毎日のように練習しています。良い方の小学生に変わってしまったのです。

それは、マーチン君のせいです。コードをジャランって弾いただけでうっとりしてしまいます。

IMGP0414

以前に、小田さんのコンサートのMCで、

小田さんがプロになって間もない頃に「マーチンのD42を手に入れて、ただ、ただ、コードを弾いているだけでうっとりしていました」と話していました。

D42ほどではないにしても、その気持ちがとても良く分かります。音を出しているだけで、気持ちが良いのです。

この間も、ついつい時間を忘れて弾いていたら

「お父さん、何時だと思ってるん!!」

と、怒られてしまいました。まったく困ったものです。すみません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

Roland kc-300

部屋の片付け大作戦を決行中で、要らない物を整理しています。

先日200円で売れたSONYのスピーカーもその一つです。

今回は、大部迷ったのですが、キーボードアンプを処分することにしました。

今回は、リサイクルショップに出さずに、欲しい人にあげることにしました。

このアンプはかなり大きな良い音を出します。気に入っている物の一つなのですが、結構場所をとります。

KC-300_1

そして、ここ数年はまったく使っていません。それで思い切って……。

うちの奥さんに「これ処分するよ」と聞くと

良く見もしないで「大賛成!!」

と、言って喜びました。そして、「それなに?」と聞きました。

僕はそれを無視して

「タダであげようかな?リサイクルショップにしようかな?」と考えていました。そして、前者にすることにしました。

音楽好きが結構集まっているメーリングリストに出したら、早速三人ほど欲しい人が出てきました。

取りに来てもらうことを前提に、譲ることにしました。女性一人とおやじさん達がバンドを作ったらしく、ちょうどキーボードアンプを探して居たそうです。役に立って良かった、良かった!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »