« 修理代 4万7千円 ええー!! | トップページ | 連休、暇に任せて、猫の額改造計画……ううーん »

2012年5月 6日 (日)

小説 アンドロイド「AYA/2nd」第四章 連載17

「何か飲もうか。ロビーに出よう」

美憂が頷き、二人はそろって席を立つ。ロビーに出ると、売店に並ぶ人、ソファーで飲み物を飲む人、談笑するカップル。多くの人が、短い時間をそれぞれの過ごし方で寛いでいた。昇は売店に並ぶ美憂を見送ってからトイレに向かった。左側の長い列の女性達をチラッと見て男子トイレに入る。男子トイレは驚くほど空いていた。

手を洗い、ハンカチを出したとき、売店の方から鋭い悲鳴と胃を鈍く突き上げるような異様で不快な気配が伝わってきた。

昇は美優が気になり、トイレを出て走った。悲鳴を上げながら昇の方に走ってくる何人かの女性とぶつかりそうになりながら昇は売店を見た。入り口と売店のわずかな距離に二人の女性が血まみれで倒れていた。一人はグレーの制服を着たスタッフ。俯せに倒れた身体の下から血液が床に流れ出している。もう一人は白いセーターを着たこのコンサートの観客の一人。白いセーターの胸の真ん中から血液がしみ出し、赤の模様が急速に大きくなっていく。足元に立つ連れ合いの男は、ぽかんとして女性をぼんやりと見つめている。そして、すぐ側にあの男が居た。黒いキャップに黒いダウンジャケット。ジーンズに黒いスニーカー。右手に持った、先の鋭いサバイバルナイフは血液と脂で濡れていた。刃背が鋸刃になった何の飾り気もないサバイバルナイフは男に馴染んでいた。男は少し笑っているように見えた。男は売店に近づいてゆく。恋人を守ろうとして、男を制止しようとした若い男性が、突きだした右手を切られた。切り裂かれた白いダウンの袖口から小さな羽毛が飛び散り、異様なほどゆっくりと舞い落ちる。うなるような叫び声をあげて、男性は傷ついた腕を押さえて腰を引く。もうすっかり戦意を無くしている。男は、サバイバルナイフの刃を寝かせると、真っ直ぐに美優に向かって行く。その動きは決してゆっくりではないのに、昇にはひどく緩慢な動きに見えた。大きく目を開けた美優の顔が一瞬見えた。昇は体内の空気をすべてはき出してもまだ足りないほどの大きく、鋭い声で美憂を呼んだ。それは、美憂の名を呼ぶというよりは、固有名詞かどうかも判別できない鋭い叫び声のようでもあった。それと、ほとんど同時に、血の付いたサバイバルナイフのとがった刃先が美憂の胸に向かって突き出された。男の横顔は完全に笑っていた。昇は男に向かって飛んだ。

十二月二十四水曜日。クリスマスイブ

12/24 5:00 ねむい

12/24 5:15 頭が痛い

12/24 5:30 明日の予報は雨 でも、何か良いかも

12/24 5:50 途中で捕まるのが けっこうしょぼい

12/24 6:00 「いつかやると思ってた」そんなコメントをする奴がいたら、そいつはおれの理解者だ

十二月二十五日木曜日 クリスマス

12/25 19:30 雨、すっかりやんでる すばらしいことだ

12/25 19:33 オレ、すっかり病んでる すばらしいことだ

12/25 20:10 時間でーす

(つづく)

|

« 修理代 4万7千円 ええー!! | トップページ | 連休、暇に任せて、猫の額改造計画……ううーん »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

通り魔殺人事件ですね。
実際にこの手の事件があったりするので、
怖いですよね。

美優は軽傷であればいいのですが…。

投稿: くるたんパパ | 2012年5月 7日 (月) 05時34分

ハラハラドキドキしながら読み進み
ました。(;^^A アセアセ

男に向かって飛んだ昇は...
美憂は...
二人とも無事でいて欲しい。

投稿: casa blanca | 2012年5月 7日 (月) 09時19分

くるたんパパさん
連休明けの早い時間から、こんな爽やかでないお話を読んでいただきありがとうございます。
どう考えても出勤時の朝にはふさわしくないと思います。すみませんthink

通り魔的犯罪や、通り魔的交通事件などが多発し、理不尽に被害者になる方達がいるということに胸が痛みます。そんな思いを亜弥に託してみました。

投稿: モーツアルト | 2012年5月 7日 (月) 22時55分

casa blancaさん
いつも読んでいただきありがとうございます。
朝から、あまり良いお話でなくてすみません。
第六章位から少し爽やかな話題にしたいと思っています。まだ構想中なので、どうなるかわかりませんが、いろいろと考えています。

>二人とも無事でいて欲しい

ご心配いただきありがとうございます。どうなるのか僕も心配ですcoldsweats01

投稿: モーツアルト | 2012年5月 7日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/54649718

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 アンドロイド「AYA/2nd」第四章 連載17:

« 修理代 4万7千円 ええー!! | トップページ | 連休、暇に任せて、猫の額改造計画……ううーん »