« 小説 「3・3㎡/2」連載3 | トップページ | 小説 「3・3㎡/2」連載5 »

2012年6月 2日 (土)

小説 「3・3㎡/2」連載4

夕食は、ハンバーグやエビフライ、チキンライス、サラダなど、おそらく、紗也香の好物であろう献立が並んでいた。祥吾が昨日から仕込んで準備をしていたものらしい。祥吾はビールを、花南はワイン。紗也香は今日だけ特別に許されたマンゴージュース。紗也香の学校での話やテレビの番組の話など、紗也香中心の話題であるが、紗也香の話から時折出てくる祥吾の日常に、花南は親しみを感じた。部屋は、ほどよく暖房が効いており、よく冷えたワイングラスについた、小さな水滴が指に心地良い。

夕食が済み、祥吾が挽いてくれたコーヒーの香りを楽しみ、三人でトランプをした。トランプなんて、何年ぶりだろうなどと思いながらも、花南は心から楽しめることに素直に幸せを感じた。紗也香もすっかり打ち解けてくれたようで、花南の側を離れない。七ならべは、花南の独断場だった。次は紗也香かな。祥吾は一応作戦を立ててはいるようだが、ことごとく花南や紗也香に見抜かれて、何回やっても負けていた。ばば抜きでは、ジョーカーを持った紗也香が、抜きやすいように、わざと真ん中に突きだして引かせようとして、それが見え見えなのだが、祥吾はわざと引っかかる。得意げな顔の紗也香と、悔し顔の祥吾が微笑ましいと思った。

「はい、今度はお花屋さん」

カードを手にしたまま、ぼんやりと見ていた花南に紗也香が声をかける。

「紗也香、お花屋さんじゃなくて、花南さんだよ」

「うん。じゃー、今度は花南さんだよ」

リビングルームに置かれた、ごくシンプルなオーディオボードの横に花南がこしらえた秀明菊が細い陶器の白い花瓶にすっきりと置かれていた。オーディオから控えめに流れているリサ・ガーシュテンの日本語の童謡は、紗也香のために選んだのだろうな―などと、ふっと考える。トランプゲームが一段落して、時計を見ると、もう九時を回っていた。

「すっかり長居をしてしまいました。ごめんなさい。そろそろおいとまします」

そう言って花南が立ち上がる。

「いいえ、こちらこそ、引き留めてしまってすみません。久しぶりに楽しいひと時を過ごせました。ありがとうございます。明日は出勤しなければならないので、紗也香を両親の所に預けます。途中ですので、いっしょに行きましょう」

予想もしていなかった祥吾の言葉がうれしかった。(つづく)

|

« 小説 「3・3㎡/2」連載3 | トップページ | 小説 「3・3㎡/2」連載5 »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

やはり、親しくなるのが早いような。
花南さん、祥吾の言葉を喜んでいるけど知り合って何日目かと考えてしまいました。

投稿: ブルー・ブルー | 2012年6月 3日 (日) 00時05分

自然に接しているようにも見えますが、
ちょっと気になりますねぇ。

小説のタイトルは全く気にしていませんでしたが、きっと何かありますよねぇ。

投稿: くるたんパパ | 2012年6月 3日 (日) 06時54分

和やかな雰囲気が続いてますねぇ。

初回は、花南が狭い所に閉じ込められてた
ところから始まってましたよね。そんな中
で祥吾のことを思い浮かべてた花南。

ああ、一体何が起きるんでしょう。

閉じ込められてるところが1.7㎡、
つまり3.3㎡の半分 「3.3㎡/2」
1坪の半分、狭いですよねぇ。

投稿: casa blanca | 2012年6月 3日 (日) 08時25分

ブルー・ブルーさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。
そうですね。確かに展開が速すぎますcoldsweats01
短編小説なので展開が速いのだと思います。あっ、だからといって祥吾が何かを狙っているとかではないと思いますよ。たぶん?

投稿: モーツアルト | 2012年6月 3日 (日) 22時14分

くるたんパパさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

はい、タイトルと話の内容はすごく関係があります。もう少し先に明らかになります。

今は、亜弥の続きを考えています。どう進めようかと悩んでいます。
そう考えると、プロの作家って大変ですよね。締め切り、待ったなしですものね。僕には絶対無理だ!!

投稿: モーツアルト | 2012年6月 3日 (日) 22時19分

casa blancaさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

>つまり3.3㎡の半分 「3.3㎡/2」
1坪の半分、狭いですよねぇ。

もうお気づきのようですねhappy01
さすがです!!
ここからどう脱出するのでしょうかsign02
良かったらまた続きを読んで下さい。

投稿: モーツアルト | 2012年6月 3日 (日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/54861535

この記事へのトラックバック一覧です: 小説 「3・3㎡/2」連載4:

« 小説 「3・3㎡/2」連載3 | トップページ | 小説 「3・3㎡/2」連載5 »