« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

何してんの?

jiji(黒猫♀五ヶ月?)は何にでも興味を持つ子猫です。

今朝は、僕がひげを剃っているのを、隣の洗濯機の上から珍しそうにジーッと見ていました

IMGP0887

黒いのでよく分かりませんが(^^;)

今度は、机の上で楽譜を整理していたら、興味深げに、しばらくじっと見ていたのですが、あまり面白くないと思ったのか、寝てしまいました。

IMGP0884

ネコってホントによく寝ます。それで寝子=ネコなんだとか。

こんなに何にでも好奇心が旺盛ならばきっと賢くなるんだろうなどと思うのですが、それは人間の場合であって、ネコはちょっと違うかなと思ったりします。でも、そのうち、本を読み出すかもしれません(^_-)。我が輩はネコである、なんてね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

真夏の植物園

昨日の日曜日、初めて真夏に植物園に行ってきました。

近くなので、車で15分位で行けます。

これだけの猛暑だとさすがに人はほとんど居ません。植物の写真を撮りに来ている人数人にあっただけでした。

しかし、植物園は意外に暑さを感じませんでした。日向はもちろん暑いのですが、周りが木々で覆われた森になっていて、涼しい風が吹いてきます。木陰はもちろん快適で、ほとんど暑さを感じません。不思議ですよね。

メタセコイヤに囲まれた池に映る木々を見ると、逆さまのもう一つの世界があるようで、じっと覗くと吸い込まれそうになります。

P1010125P1010148P1010155

今回は、夏の森の様子を取材しに来たのですが、これをどうやって文章に表現しようかと悩んでしまいました。

今は、ハスなどの水生植物がきれいに咲いていて、その上をシオカラトンボや羽黒トンボが気持ちよさそうにすーっと飛んでいました。

P1010112P1010116P1010192

真ん中にトンボが見えませんか?メダカやミズスマシ、おたまじゃくしなどもたくさんいて、子どもの頃の夏休みを思い出してしまいました。

P1010194

真夏の植物園もなかなか良いものでした。近々お弁当を持って行こうと思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

パン屋さんでモーニング

うちの近所にエビスベーカリーというパン屋さんがあります。

朝9時からのモーニングや、11時からのランチが人気の店です。僕がギターに行っているヤマハの隣なので、ギターのレッスンの後には、友人といつも、小さなパンとコーヒーで、反省会をします。

毎週土日は、うちの奥さんとここでモーニングを食べるのが日課(週課かな?)になっています。

近くなので、季節の良い時には歩いていくのですが、暑いので僕は車で、うちの奥さんは歩いて行きます。

欅通りと呼ばれる大通りに面しているのですが、欅が木陰を作り、すぐ側を人工の(?)川が流れていて、この時期は子ども達が川遊びをしたりしていて、とても涼しげです。

そんな風景を見ながら、モーニングをいただくのはちょっとした至福のひとときです。モーニングの内容は、トーストとコーヒーとゆで卵と、いたって月並みなのですが、ひとつ、ひとつがとても美味しいのです(350円)。清潔で落ち着いたお店で、とても気に入っています。僕は奥さんが来るまで本を読んでいて、到着すると一緒にいただきます。

今回はパン屋さんとモーニングの写真はないのですが、そこで買った食パンと白あんぱんです。これも最高に美味しいです。

IMGP0883

たまには夫婦の会話も必要ですよね(^^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

虫の音が?

毎日35度近くの気温が続きます。気がつくと、もう8月も24日。

もうそろそろ9月だというのに、一体どうしたんでしょう。なかなか涼しくなってくれません。

夜になって、缶コーヒーでも買いに行こうと思って外に出ると、

「ん、ん、んー!!」

何と、虫の音が聞こえます。

そう、思ったら、涼しい風がスーッと通り過ぎました。

ああ、やっぱり夏の終わりなんだなーと思いました。

でも、これは夜だけの話で、日中は強気の夏が一向に勢力を弱めず、がんがん照りつけています。

来週一週間のお天気を見たら、ほとんど毎日35度近くの気温です。

まだまだ頑張らないといけないようです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

もう、いい加減邪魔しないでよ!!

とにかく、側を離れません。特に、何かしようとすると必ずやって来て邪魔をします。

こんな風に。

IMGP0879

お風呂を洗おうとした時に邪魔をしに来ます。

IMGP0875IMGP0876

部屋で仕事をしていると、本箱の高い所に上がって、何か悪戯してやろうとじっと見ています。

IMGP0872IMGP0873

最近買ったポメラで小説を書いていると机の上にやって来ます。この時は窓の外に興味があったのですが、

この後ポメラを囓ったり、キーボードの上に上がったりして大変でした。

そして、さすがに疲れたのか、今は僕のイスの下で、長ーく伸びて寝ています。

IMGP0881

結構大きくなりましたが、まだまだ子どもです。やれやれ……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

マイナスイオンを胸一杯に!!

これも蔵王山麓です。七ヶ宿という旧街道の宿場の近くに「なめずの大滝」という名所があります。

DVC00306DVC00321DVC00325

デジカメで撮影出来なかったのであまり良い写真ではないのですが、この滝はマイナスイオン一杯という場所で、しっかり深呼吸してきました。

ここの空気を吸うと、体の中のいろいろな毒素が洗い流されるようで、心も身体もきれいになったような気がします。実際はそうはいかないのですが、気持ちの持ちようですね。

売店で、玉こんにゃくというのがありました(写真があると良かったのですが)。小さな丸いこんにゃくを醤油味の出汁でイカといっしょに焚いたもので、イカの味が染みこんでいてすごく美味しかったです。ホントは一本100円なのですが、もう終わりだということで、三本とイカを付けて貰って100円でした。

自然の力のすごさを改めて感じてしまいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

蔵王高原に立つ

本当に久しぶりに蔵王高原に行きました。

お天気が良かったので、日差しはキツイのですが、さすがに気温は低く、木陰に入るととても快適です。

観光牧場に行ってみました。ここから眺める蔵王連峰がとても雄大だということで、小さな展望レストランに行ってみることにしました。蔵王連峰の頂上付近は雲がかかっていて全貌は見ることが出来ませんでしたが、やっぱり雄大でした。

DVC00345DVC00348

小さな子が子牛のオブジェに乗っているのが可愛らしく、のどかな風景です。

さすが牧場だけあって、牛乳がおいしい!!

「牛乳飲み放題100円」というのがあって、飲んでみました。よく冷えた牛乳は、喉ごしが良く、体中に染みわたりました。

小さなコップなので、本当に何杯でも飲めます。ビール飲み放題も良いのですが、高原で飲む「牛乳飲み放題100円」はなかなか魅力的でした。

近くの酪農センターには「蔵王チーズ」というブランドのチーズが何十種類も置いてある店があります。全部の種類のチーズが試食できるそうです。クリーミーチーズは、クラッカーにつけて試食が出来ます。僕はチーズにはあまり詳しくないのですが、クラッカーにつけて食べた「ラ・フランス・クリーミーチーズ」がとても美味しかったです。

IMGP0870

今回残念だったのは、デジタル一眼と交換レンズは持っていったのですが、何と、前日から充電していた充電池を忘れてしまいました。

これではまったく使い物になりません。相変わらずのチェックの甘さに茫然としてしまいました。結局ケータイでの撮影になってしまいました。お陰で自分の目でしっかり見てきました(負け惜しみです(^^;))

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

ポメラDM-100 買っちゃいました

ポメラDM-100。買っちゃいました。12日から出かけるので、持って行くために、それに間に合うように注文しました。
アマゾンで昨日のお昼に注文して、今日の午前中に届きました。
IMGP0866

速いのに驚きしまた。お試しお急ぎ便というのがあり、通常は有料なのですが、一ヶ月だけ無料でお試しが出来るのです。ついでにケースも注文しました。

IMGP0865
使い心地はなかなか良いです。基本的にテキストエディターなので、起動は一瞬です。縦書き入力も出来るので、小説を書くのにはとても都合が良いです。テキストだけなので、モノクロですがバックライトが付いています。IMEはATOKとMS-IMEから選ぶことが出来ます。僕はATOKを使っています。キータッチはとてもスムーズで、ノートパソコンとほとんど変わりません。タッチタイピングもスムーズに出来ます。単三乾電池二本で30時間持つそうです。難を言えば、ATOKが通常のものよりも非力なので、変換がちょっと、という感じですが、パソコンの単語登録を移行すれば、かなり補完は出来そうです。国語辞典や英和・和英辞典が付いているので、これも小説を書くときに便利です。

薄くて軽いので、カバンの空いているスペースにすっと入ります。どこにでも持ち運びが出来そうです。

今日も、ジムで、筋トレの後に涼しい所で2時間ほど小説を書いていました。

マウスとかタッチパネルとかは無く、キーボードだけなのですが、ショートカットキーは普通に使えるので、キーボード好きの僕にはまさに最適です。
あと、BluetoothでiPoneやiPadのキーボードとしても使えます。これで、将来の僕のスマホはiPhoneに決定です。

と、いうことで、このポメラは僕のために開発されたのではないかと錯覚するほどよく出来ています。メーカーのキングジムさんありがとう(^^)

メーカーの回し者ではないですよ(^^;)。

標準価格から見たらずっと安かったのですが、ソフトケースも合わせて2万数千円と、急な出費できつかったのですが、十分に元は取れそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

文具展、いろんな物がありました。

大阪の天満橋の近くのビルで文具展がありました。今日と明日の二日間だけのイベントで、たくさんの人が来ていました。

IMGP0856IMGP0858IMGP0863

ステイショナリーは、どれもそれほど高価ではないのですが、身近なだけに「うわー、これ便利!」とか、「こんなんあったら助かるなー」とか「これかわいいなー」とかいう物が満載でした。

大きな企業もあれば、小さな企業もあるのですが、それぞれに自慢の一品があります。それが見ていて楽しいです。これなんかも、実用的かどうかは別として、なかなかオシャレなペン立てとペンのセットでした。

IMGP0859

僕が一番欲しいと思ったのはこれです。

unnamed

ポメラDM100という、テキスト入力デバイスです。パソコンではないので、起動が一瞬で、電池で30時間持ちます。液晶はモノクロですが(テキストだけなので、カラーである必要はないのです)、バックライトがあるので、暗い所でも大丈夫です。何よりも、キーボードがとても打ちやすいのが魅力です。ブルートゥースを使って、iPodなどのアップル製品のキーボードにも使えます。なかなか魅力的です。いつでも、どこでも小説が書ける!

ノート、ペン、手帖、ノリ、電子文具など、魅力的な品物がいっぱいありました。ここでは買うことが出来ませんが、アウトレットコーナーがあり、ほんの一部ですが、展示物と同じ商品を買うことも出来ます。

今回、僕か買って来た商品は、このペンです。COCOIROというペンです。これは、ボールペンと、筆ペンの微妙な境目的なもので、これでハガキなどを書くと、何だか字が上手くなったような気さえしてきます。不思議なペンです。ボディ色と中のインクとの組み合わせが選べるのもあって、なかなか面白いです。

各社がそれぞれに趣向を凝らした商品が並んでいて、十分楽しめた1日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

メーカーの回し者ではないのですが……

決してメーカーの回し者ではないのですが、スポーツウェアではアディダスが好きで、よく使っています。

アディダスの専門店にたまたま行ったら、バーゲンをしていました。前から欲しいなーと思っていたパーカーが半額になっていて、

IMGP0828IMGP0850

「オオー、これはすごい!」と思ってサイズを見たらSとLしか有りませんでした。Lは無理なので、Sでもいいやと思って試着したらちょっと小さいかな?っという感じだったのですが、店員さんがLも着てみますか?というので着てみたらなんとぴったりでした。Lなのに?と思ってはいたのですが、もちろん買いました。もう1着バーゲン品を買うと、両方ともさらに20%引きになるというので、スポーツTシャツも買いました。色合いが気に入りました。

IMGP0851IMGP0852

会計の時に、「こちらのミスで、パーカーのサイズがLになっていたのですが、本当はMでした。申し訳ありません」とのこと。僕としてはもちろん何の異論もありません。Mがたまたま一つだけ残っていたのでした。ラッキーでした。

これも最近買ったのですが、これはロフトです。安物ですが、気に入っています。

IMGP0853

ジムに行くと、ナイキフリークとか、ミズノフリークとか、アシックスフリークとか、いろんな人が居ます。スポーツウェアなんて何でも良いと思うのですが、変なところにこだわる人もいます。僕もですが(^^;)

しょうもない話ですみません<(_ _)>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

炭火焼き、豚蒲焼き丼

うなぎが高くてなかなか食べられないのですが、こちらの蒲焼きは結構安いです。

IMGP0824IMGP0825

うなぎ屋さんも客足を回復するためにあれこれと工夫をしています。これも苦肉の策なのだそうですが、予想以上に人気があり、鰻丼の落ち込みを優に補っているそうです。その他に、穴子丼とか、ステーキ丼なども、うなぎに代わって人気なのだそうです。

僕も鰻丼が食べたいなーと思っていたのですが、予想以上に高いため、こちらにしました。

正解でした。炭火で焼いた豚肉が香ばしくて、適度に脂が落ちていて、もう幸せでした。丼だけでも、ボリュームがあるのに、冷や麦風の温かいお椀やお新香、サラダもついていて900円でした。もちろん僕はビールも頼みました。

「Necessity is the mother of invention.」(必要は発明の母)ということなのでしょうか?ちょっと違うかな?

久しぶりに、ボリュームのあるものを食べて満足の1日でした。ウナギもいいけど、豚丼も良いものです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

小説 アンドロイド「AYA/2nd」第5章 最終回

「昇、押さえて!」

亜弥の声にすばやく反応して昇は男の背中に馬乗りになり、頭を押さえた。亜弥がジーンズのベルトを外し、男を後ろ手に縛る。男から降りた昇は、工作台の下から拳銃を拾うと、それを構えながら男の脇腹に一発蹴りをいれた。

「お返しだよ」

男がうっと呻いた。扉が開いて三宅が駆け込んできた。右手に金属バット、左手に大きめのプラスチックのちり取りを持っていた。ちり取りを盾にして戦うつもりらしい。

「間に合わなかったな」

 

「僕のジェミノイドが予想以上の活躍をしてくれてうれしいよ。これは学会で発表できる。それに、君たちも無事で良かった。真崎はともかく、あの男は産業マフィアだよ。危ないことでも何でもする。アンドロイドの開発には多くの企業がしのぎを削っている。近い将来のことを考えると大きな金づるになる。真崎を通して情報を得ようとしていたのかもしれない。しかし、大学にまで絡んでくるとは思ってもいなかった。本当に無事で良かったよ。真崎は部屋から逃げたらしいけど、もう大学には戻れない。これ以上変なことはしないといいんだけど」

「まずは、僕たちの無事を一番に喜ぶべきだと思うけどな。まあ、しかしそれは本当だ。君にも、君のジェミノイドにも随分助けて貰った。感謝しているよ。僕だけではどうしようもなかった」

三宅の研究室に四人が座っている。

「昇、どうして私を助けてくれたの?もしかしたら死ぬかも知れなかったのに。私には理解できない」

「もちろん僕にもわからない。でも、そうせざるを得なかった。それで良いんだよ。人間の感情を解析するのはとても面倒だ」

「ふうーん」

亜弥は、特に関心があったわけではないかのように軽く頷いて、それから昇をゆっくり見て微笑んだ。初めて見る亜弥の仕草に昇は少し戸惑い、窓から見える二月の乾いた空を見上げ、ゴホンと小さな咳払いをした。

第五章 完

※参考文献

「ロボットの新世紀」シリル・フィエヴェ著、本多力訳 白水社 二〇〇三年

「どうすれば『人』を創れるか」石黒浩 新潮社 二〇一一年

「ロボットと人工知能」三浦宏文 岩波書店 二〇〇二年

「ロボットの文化誌」馬場伸彦 編 森話社 二〇〇四年

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »