« 小説「アンタレス」~その4~ | トップページ | USB DAC付ヘツドホンアンプ »

2013年5月30日 (木)

小説「アンタレス」~その5~

森田さんがそう言うと、田中君は、周りを意識しながらニヤニヤと笑った。でも、目は笑っていなかった。少し短く刈り上げた右側のこめかみに汗が浮かんで、それがピクピクと小さく動いていた。

「証拠はあんのかよ」

ポケットに手を突っ込んで立ち上がった。お腹を少し出している。

「無いわ。でも私には分かる」

そう言うと、いきなり田中君のほっぺを、大きく開いた左手ではさみ、口を開かせた。そして、右手に持った茶色い虫をその口に入れた。遠くで見ていた女子がまたまた悲鳴を上げた。

「グエッ」

奇妙な声を出して、田中君は虫を吐きだした。虫は二つ隣にいた男子の上靴の上に落ちた。それは、見るからに本物っぽかった。

「ウオオオオオー」

と、奇妙な声を出して、虫の乗った右足を大きく振り上げた。

茶色い虫は大きな軌跡を描いて、―そう、まるでゴキブリが羽を広げて飛んでいるように―離れて見ていた女子の頭に落ちた。

「何すんだ、このやろー」

と言って田中君が森田さんに殴りかかった。

森田さんは上半身を左にかわしてやり過ごそうとした。田中君の拳が森田さんのほっぺたすれすれで空を切った。髪が左になびき、左の耳が露わになった。でも、そのままバランスを崩し、大きく傾き床に倒れ込んだ。

八重歯が少しのぞいた口許が痛そうに歪んでいた。それが僕にはとても悲しい表情に見えた。田中君が森田さんの脇腹に蹴りを入れようとして構えた。

「やめろ!」

(つづく)

|

« 小説「アンタレス」~その4~ | トップページ | USB DAC付ヘツドホンアンプ »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、森田さん、恰好いい。

ラストの
”僕にはとても悲しい表情に見えた。”
が気になります。

「やめろ!」と言ったのは、僕?
それとも別の人?
次回が待ち遠しいなぁ。

投稿: casa blanca | 2013年5月30日 (木) 23時35分

まるで教室にいるみたいに、森田さんと田中君の様子が伝わってきます。

ぐっと引きこまれて、読んでいる私まで緊張しました。

続きが楽しみです!

投稿: 三日月猫 | 2013年5月31日 (金) 11時24分

casa blancaさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。
今回の話が一つ目の山場になります。次回、良ければまた読んで下さい。
「その2」が長すぎたので、お忙しいのに長い文章は迷惑だと思い、「その3」から少し短くしています。
今、新しい小説を書こうとしていますが、なかなか構想が浮かばず困っています。何か良いヒントありませんかcoldsweats01

投稿: モーツアルト | 2013年5月31日 (金) 14時47分

三日月猫さん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

>ぐっと引きこまれて、読んでいる私まで緊張しました。

そう言っていただけるとうれしいです。ありがとうございます。励みになります。
これからも、そう言っていただけるように頑張って書きます。まだよろしかったら是非読んで下さいね。

投稿: モーツアルト | 2013年5月31日 (金) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/57491898

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「アンタレス」~その5~:

« 小説「アンタレス」~その4~ | トップページ | USB DAC付ヘツドホンアンプ »