« 小説「アンタレス」~その10~ | トップページ | えー!!こんなにいろいろ付いてるの!?~最近の軽自動車はすごい~ »

2013年6月19日 (水)

小説「アンタレス」~その11~

水を飲んで、肺の中の空気が水と入れ替わる。体の中の酸素が全て水と入れ替わり、やがて僕は呼吸を失う。

「立川君!」

かろうじて残っていたのかもしれない意識のかけらがその声を捉えた。同時に押さえられていた力から開放された。

思い切り水中から顔を出し、激しくせき込んだ。体の細胞に酸素が行き渡り、やっと顔を上げると森田さんが居た。

慌ただしくプールから這い上がる。急いで走る二人の生徒と、その先のベンチに座っている田中君が見えた。田中君は口だけでにっと笑った。

「立川君、だいじようぶ?」

心配そうに僕を見る森田さんに

「うん、大丈夫だよ。誰かがふざけて僕を沈めようとしたんだね」

僕は極力冷静に言おうとしたけど、唇が震えてきちんと言えなかった。

「きっとあいつらよ。田中の子分、中川と高橋よ」

慌てたように、更衣室に向かう二人の男子生徒を指さした。僕は大きく深呼吸をして、わき上がってくる熱い固まりを押さえつけていた。唇がぶるっと震えた。

「立川君が一人でプールに来るなんて珍しいわね」

今来たばかりなのか水着はまだ濡れていなかった。

「横山君に誘われたんだ」

しかし、横山君の姿はどこにもなかった。

「ふぅーん。横山君ね」

辺りを見渡して

「田中に命令されたのかもね。横山君、気が弱いから」

「ん?」

「横山君は田中から立川君をここに誘うように命令されたのよ。そして、あいつらがあなたが来るのを待っていた」

そう言って、二人が見えなくなった更衣室の方を指さした。

「田中に聞いてくる」

森田さんは唇をきゅっと結んで田中君の方に鋭い視線を向けた。その視線の向こうの田中君は強い視線を十分意識しながら、何事も無いような顔でプールを見ていた。雲の間から照りつける強い日差しが僕の体を包み、僕の頭の中でカチリとスイッチが入った。僕は森田さんの腕を掴んで

「もう良いよ。何も証拠が無い。どうせ田中君は認める訳がない」

「だって……」

こわい顔で、僕の目をじっと見た。それから、少し考えるように間をおいた後

「そうね。認めるはず無いよね。それより、せっかくだから少し泳ごうか」

森田さんの表情が少し緩んだ。それから僕らはプールでしばらく泳いだ。僕は泳ぎながら何度も同じことを念じていた。

MP900406884[1]

(つづく)

|

« 小説「アンタレス」~その10~ | トップページ | えー!!こんなにいろいろ付いてるの!?~最近の軽自動車はすごい~ »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

真実はわかってないけど、
やっぱり、ボスは田中君ぽいですね。

直接手を下さず、誰かに命じてというのが
許せないなぁ。私の中の正義感がメラメラと
燃えたぎってます。

ラストの一緒にひと泳ぎで、少し気持ちが
救われました。で、僕は何を念じてたの
かしら?(^~^*)

投稿: casa blanca | 2013年6月19日 (水) 17時37分

学校、プール、
放課後、二人、泳ぐ

なんか高校時代を思い出すなぁ~

その頃を思い出すとドキドキするのは、どうしてなのかなぁ~。
と、まったく小説に関係のないコメントで失礼しました。

モーツァルトさんの小説は
そんな昔の楽しくて、ちょっと恥ずかしい思い出を思い起こさせてくれます。
気持が若返る感じがしますよconfident

投稿: くるたんパパ | 2013年6月20日 (木) 05時23分

緊張感にあふれるシーンですね。

森田さんの表情が緩んだところで、少しほっとしますが、僕が何を強く念じていたのか、興味は深まるばかりです。

投稿: 三日月猫 | 2013年6月20日 (木) 09時46分

casa blancaさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

>ラストの一緒にひと泳ぎで、少し気持ちが
救われました。で、僕は何を念じてたの
かしら?

念力で田中に復讐するとかcoldsweats01
やっぱり、読んでて救われるということって大事なんだなーって思いました。ありがとうございます。
良かったら続きも是非読んで下さい。

投稿: モーツアルト | 2013年6月22日 (土) 17時59分

くるたんパパさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

>そんな昔の楽しくて、ちょっと恥ずかしい思い出を思い起こさせてくれます。
気持が若返る感じがしますよ

そうだったらホントにうれしいですhappy01。僕はどちらかというと、若い主人公が出てくる小説の方が好きです。僕の小説もほとんどが、少なくても僕よりは若い主人公です。やっぱり気持ちが若返るのかもしれませんよ。
良かったら続きも是非読んでみてください。

投稿: モーツアルト | 2013年6月22日 (土) 18時04分

三日月猫さん
いつも読んでいただいてありがとうございます。

>僕が何を強く念じていたのか、興味は深まるばかりです。

念力で復讐しようとしているのかもしれませんcoldsweats01
これからの展開に興味を持って頂いてありがとうございます。良かったら是非続きを読んでみてください。

投稿: モーツアルト | 2013年6月22日 (土) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/57623027

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「アンタレス」~その11~:

« 小説「アンタレス」~その10~ | トップページ | えー!!こんなにいろいろ付いてるの!?~最近の軽自動車はすごい~ »