« 里芋の煮っ転がし | トップページ | 歯医者さん 2 »

2013年10月 4日 (金)

芸術の秋

秋と言えば、食欲の秋と芸術の秋です。このブログでは、しばらく食欲の秋の話題が続いたので、今回は芸術の秋の話題を。

一昨日、仕事の帰りに、友人の作品が展示してある絵画の展覧会に立ち寄りました。

京都御所の東側にある、府立文化芸術会館という所です。

静かで、落ち着いた環境にあるこの建物は、学生時代にコンサートをした場所でもありました。アマチュアやセミプロのバンドやアーティストが集まって、結構盛大なコンサートになりました。

僕もあるグループの一員として参加しました。個人で参加していた女性アーティストで、後にプロになった人もいました。

と言うことで、懐かしい場所でした。

友人はここのギャラリーに作品を出していて、かなりユニークな作品でした。

DVC00561DVC00562

いわゆる抽象画の部類に入ると思うのですが、絵のタイトルとかも一切無く、観た人が自由に想像して鑑賞すれば良いそうです。

広告の紙とか、お菓子箱とか段ボールなどを貼って、その上から絵の具で塗ったものなどもあり、かなり個性的な作品でした。

でも、観ていて、何故か心が癒される作品でもありました。

 

この辺りは京都の市街地で言うと、河原町の北の方になります。賑やかな河原町三条や四条はもう少し南の方になります。

そのせいか、車も人通りも少なくて、静かで良い場所だと思います。近くにはまだこんなお店もあります。

DVC00563

懐かしいなーなんて、昔のことをいろいろ考えながら、久しぶりに三条まで歩いて帰りました。

|

« 里芋の煮っ転がし | トップページ | 歯医者さん 2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

芸術の秋、何だかユニークな作品
のようですね。

モーツアルトさんも、学生時代に
バンドをやってらしたんですね。
くるたんパパさんよりは、
お若いんでしたっけ?

音楽も小説も趣味で本業とは
関わりはないのかしら?

「奥丹」という店で湯豆腐など、
頂いたことがありますが、
京の外れの豆腐屋さん、
ええ感じですね。

投稿: casa blanca | 2013年10月 4日 (金) 17時39分

スーパーの豆腐ではなく、
こういう豆腐屋さんの
豆腐がたべたいなぁ

若かったころ、そう言えば
ここで、この場所で演奏したことがあるなぁ〜

なんてしみじみ懐かしく思うことがありますよね。

でも過去のこととしないで、
また思い出の場所で是非演奏してください


投稿: くるたんパパ | 2013年10月 4日 (金) 21時37分

casa blancaさん

>くるたんパパさんよりは、
お若いんでしたっけ?

少し年上だと思います
バンドと言っても、くるたんパパさんのような本格的なものではなく、ほんのお遊び程度でした。

>音楽も小説も趣味で本業とは
関わりはないのかしら?

はい、音楽も小説もまったく趣味で、本業とは関わりは無いのですよ。
でも、まあ、どこか遠くの方で、もしかしたら関わっているのかもしれません

投稿: モーツアルト | 2013年10月 4日 (金) 23時27分

くるたんパパさん

>スーパーの豆腐ではなく、
こういう豆腐屋さんの
豆腐がたべたいなぁ

ホントですね。昔はこういう豆腐屋さんが多くありました。最近はホントに珍しいです。
「とうふ一丁ください」なんて、買い物を頼まれて、よく買いに行きました。

>でも過去のこととしないで、
また思い出の場所で是非演奏してください

僕がやっていたのは、くるたんパパさんのような本格的なものではなく、今考えると恥ずかしいようなバンドです。でも、すごく楽しかったです。

投稿: モーツアルト | 2013年10月 4日 (金) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋:

« 里芋の煮っ転がし | トップページ | 歯医者さん 2 »