« 芸術の秋 | トップページ | 不真面目な読書論1 すみません »

2013年10月 5日 (土)

歯医者さん 2

ホントに久しぶりに歯を抜いて貰いました。

何とか残したいと思ったのですが、根っこの部分が割れているということで仕方なく抜きました。先週、

「歯の半分の根っこが割れているので、半分切って、半分だけ抜きましょう」

と、歯医者さんに言われたので、「歯を半分切るってどんなんやろー?」

と、すごく心配で怯えていました。そして、歯医者さんは、こう付け加えました

「今日は、心の準備も出来ていないでしょうから、来週にします」

「心の準備!?」ということは、相当な覚悟がいるんだと、あれこれ心配もしました。

そして、今日、心の準備をして(と言っても、どう準備していいのか、よくわからなかったのですが)歯医者さんに行きました。

少し、よたよたっとなりながら、診察室のイスに座り、心臓のドキドキと手のひらの汗を確認しながら「ああ、いやだ、いやだ!」

などと、心の中で呟き続けていました。

「麻酔をしますね」と言って、数カ所麻酔をされ、後は少し「キーン」と、削っているような音。

思ったより早く「切れましたから、次は抜きますね」

そして、歯を、少し「くきくき」といじっているような感じ。

いよいよ「ググー、ぎりぎり、ギシッっとくるな」

(※イメージです)

なんて思っていると、「もう抜きましたからね。今、根元をきれいにしているところです」

とのこと。

「えっ、いつ抜いたん?」と、思うほど、ほとんど抵抗なく抜いたようです。

麻酔をしてから5、6分位しか経っていません。

思わず全身の力が抜けました。手のひらの汗もスーッと引いたようです。

思わず「心の準備って一体なんやったんや!!」と思いながらも、歯医者さんに感謝、感謝でした。

ここの歯医者さんに替えて良かったー!!と、心から思いました。

だって、前の歯医者さんは、治療中に「うーん、困ったなー」とか「ええー、まいったなー」とか独り言を言うし、よくため息をついたりします。

そのたんびに「ドキッ、ドキドキドキッ」と、していたのですから。

|

« 芸術の秋 | トップページ | 不真面目な読書論1 すみません »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

歯医者さんの恐怖が伝わってきましたよ

数十年も歯を抜いていません。
抜かずに治療ばかりしていました。

僕の歯もかなりガタがきてるので、
そろそろ行かないと…。

投稿: くるたんパパ | 2013年10月 6日 (日) 05時41分

抜歯したのは、いつのことか
思い出せないけど、
スポンと抜けた記憶はないです。

患者が不安になるようなことを
口にするドクターはダメですよね。

いい歯医者さんに出会えて良かったですね。


そうそう、話は変わりますが、
「安堂ロイド」今夜から始まります。
ご覧になります? 

投稿: casa blanca | 2013年10月 6日 (日) 11時34分

くるたんパパさん
歯は、抜かない方が良いです。今回、何とか半分は生き残ったのでホットしています。
それにしても、歯医者さんはいつもドキドキします。今回、良い歯医者さんに出会えたようで良かったです。美味しい物が食べられなくなったら困りますからねcoldsweats01

投稿: モーツアルト | 2013年10月 6日 (日) 15時41分

casa blancaさん
歯医者さんは特に苦手で(みんなそうですよね)、いつもドキドキしています。今回、良い歯医者さんに出会えたようで良かったです。きちんと説明してくれます。今までの歯医者さんとは随分違います。
病院って選ばないとダメですよね。今回つくづく感じました。

「安堂ロイド」見ますよhappy01
番組をチェックしたら、来週13日からのようです。楽しみです。

投稿: モーツアルト | 2013年10月 6日 (日) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/58327772

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者さん 2:

« 芸術の秋 | トップページ | 不真面目な読書論1 すみません »