« ことことストーブで「おでん」でした | トップページ | かなり遅い初滑り »

2014年1月22日 (水)

震災に備えて……

先週の17日は、阪神淡路大震災から19年目の日でした。

少し経ってしまいましたが、亡くなられた多くの方々に心からご冥福をお祈りいたします。

さて、今、東南海トラフによる巨大地震が想定される中、いくらのんき者の僕でも、震災への備えは考えない訳にはいきません。

以前から震災に備えて多少の用意をしていたのですが、インスタント食品の賞味期限が切れていたりしたので、少し整理してみました。

saigaibihin

これは、二つ目の箱なのですが、携帯ラジオとか、懐中電灯とか、乾電池とか、卓上コンロのガスボンベとか入れています。

これがどの程度必要なのか実際の場面に遭遇しないとわからないのですが、考えてみると、どれもこれも要りそうな気がして、もう、限りなく必要になります。

食料品は他にいくつか用意しています。

でも、建物がなんとか無事だったら、家の中に置いていても大丈夫なのですが、外に持ち出さないといけないような状況になったら、リュックか何かに詰めておかないといけないので、かなり精選しないといけないですね。

そうなると選択するのがかなり大変だなーなどと思います。

まあ、いずれにしても、備えあれば憂い無しということで、よく考えて準備しないといけませんね。

皆さんはどうしていますか?

|

« ことことストーブで「おでん」でした | トップページ | かなり遅い初滑り »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

もう19年の歳月が経ったのですね
そう言えば、娘が生まれて1歳の頃でした。

非常用に持ち出すものは2つのバックにいれてます。
ひとつは登記簿とか通帳などの大事に書類、もうひとつは着類とラジオ、懐中電灯、食料品です

実際にこのふたつのバックを抱えるとなると、
結構大変です。
荷物のおかげで逃げ遅れないように軽量化を図ることが必要です(^0^;)

投稿: くるたんパパ | 2014年1月23日 (木) 05時40分

あれから19年ですか。
当時私は、まだ仕事をしてなかったので、
朝から晩までTVに釘づけだったような
記憶があります。

神戸から転勤で香川へ越して来ていた友は
難を逃れることができたのですが、
神戸の友達へ水や物資を送ったりして
いました。

モーツアルトさんもくるたんパパさんも
用意されてるものをどこへ置いているの
でしょう? 常に枕元?

いつどこで起きるかわからない天災
自宅にいるとは限らないけわけですが、
どこへ置いておくのが一番なのでしょうね。

投稿: casa blanca | 2014年1月23日 (木) 11時16分

僕は大事な書類の入ったバックは、
いつも枕元においています。

もうひとつは玄関付近です。

マンションなので逃げる出口は玄関しかないので、さっと持ち出し出来るようにしています。

通勤時のカバンの中にも、非常用の最小限のモノは入れています。マスク、バンドエイドなどの救急用品など。

そのせいでカバンはいつも思いです(>_<)

投稿: くるたんパパ | 2014年1月24日 (金) 05時39分

くるたんパパさん
コメントが遅くなってすみませんでした。

>ひとつは登記簿とか通帳などの大事に書類

ああー、そうですね。すっかり忘れていました。登記簿、通帳などは欠かせませんね。それ用のナップサックが要りますね。やっぱり結構な量になりますね。
枕元ですか。やっぱりそうですよね。
やはり、いろいろと再考の必要がありそうです。
参考になりました。ありがとうございました。

投稿: モーツアルト | 2014年1月24日 (金) 22時12分

casa blancaさん
コメントが遅くなってすみませんでした。

>モーツアルトさんもくるたんパパさんも
用意されてるものをどこへ置いているの
でしょう? 常に枕元?

うちでは台所に置いています。もう少し小分けして、枕元にも置くようにしたらいいかなーって、くるたんパパさんのコメントを見て思いました。
でも、必要な物って本当にたくさんありますね。選択するのが大変そうです。

投稿: モーツアルト | 2014年1月24日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/58992318

この記事へのトラックバック一覧です: 震災に備えて……:

« ことことストーブで「おでん」でした | トップページ | かなり遅い初滑り »