« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月22日 (火)

小説「出前迅速」最終話

前川がペガススに目を向けた時、車が走り出した。前川も慌てて、軽のワゴンを走らせた。

幸い、軽トラを前に一台置いてペガススに付くことができた。右手でハンドルを握り、左手でもう一度レシートの裏のコピーを見た。フッと見上げたルームミラーにあの晩の真以の姿が浮かんだ。

 

「……一生そうやって生きていくつもりなの!」

それから、すーっと立ち上がり

「ゆっくりでも、立ち止まってもいい。引き返すことがあってもいい。でも、前に道が無かったら進めないのよ。あなたの道を作りなさいよ!」

少し離れたペガススのねずみ色のテールを見ながら、前川は呟いた。

「整備士の勉強、もう一度始めようか。まだ遅くないよな……」

自分に言い聞かせているのか、頭の中の真以に語りかけているのか、相変わらずのんびり走るペガススに語りかけているのか? この車を追いかけているうちに、今まで心のどこかに隠してきた思いが、少しずつ明確な意志を持つようになってきたような気がする。

首になるにしても、ならないにしても、きちんと謝ろう。そして働かして貰えるのなら働こうと思った。整備士専門学校に行くにもかなりのお金が必要なはずだ。前川には、今まで出鱈目に走ってきた道の向こうに、少しずつはっきりした道程が見えてきたような気がした。

ペガススが突然ハザードランプを点滅させた。そして、黄金色のイチョウの葉で覆われた路肩にすーっと寄る。イチョウの葉がカサカサっと音を立てて車が止まった。前川は慌てて、ペガススを追い越し、ペガススの前に止まっていたレモンイエローのワーゲン・ビートルの前に軽を止めた。右側のサイドミラーから辛うじてペガススが確認できる。少ししてペガススのドアがゆっくり開いた。前川の心臓がドクンと大きな音を立てた。サイドミラーから目を離せなかった。サイドミラーに赤いスニーカーが映った。前川はミラーのレバーをゆっくり上向きに上げていく。ジーンズ、白いセーター……

batle

彼女は、ワーゲンの運転席の窓から顔を出した若い女性に笑いかけ、少し話した後、手を振ってペガススに戻った。

前川の大きなため息が、軽のワゴンの隅々まで行き渡ると、シートに思いっきり身体を預け放心したように笑った。そして、前川の右手をペガススが通り過ぎると、大きく軽をユーターンさせた。

「随分と遅れちまったけどな……」

怒鳴る客の前で何度も頭を下げる自分の姿をルームミラーに映して、前川は苦笑した。

そして、近いうちに真以に会いに行こうと思った。この半年をただの空白に終わらせないようにしようと思った。(了)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

小説「出前迅速」その4

 

アパートの裏のツツジの赤い花が、一枚ずつ地面にこぼれ落ち始めた頃だったと思う。

tutuzi

「だから、高校も出てない奴は使いものにならねえんだよ」

前川はそのセリフで、店長に掴みかかった。前川が蹴飛ばした椅子が飛んで壁にぶつかり、跳ね返って倒れる。店長の腰がテーブルに当たり、箸立てが飛ぶ。割り箸が床に散乱し、止めに入った男たちに踏みつけられた。

バイト先の店長と喧嘩して、殴る寸前にバイト仲間に止められ、警察に訴えられることは免れた。

着替えもせずに帰ってきた前川を見て

「どうしたの? もしかしてまた……」

「辞めたよ。あんな店、やってられっか!」

前川は冷蔵庫を開けて缶ビールを取り出し、その場でプルトップを上げて飲んだ。一口飲んで、冷蔵庫の扉を乱暴に閉めた。中の牛乳の瓶がガタンと倒れた。

「やっぱり」

そう言って、キッチンの小さなテーブルに肘を突き、小さくため息をついた。そのため息は、使い古されたセリフのようにキッチンを漂い、換気扇に吸い込まれていった。

「車だって急ブレーキをかけて踏みとどまることもあるでしょう。たまには自分でブレーキをかけて踏みとどまりなさいよ。一生そうやって生きていくつもりなの!」

真以の視線は、一瞬前川の目を突き刺して、それから、壁のカレンダーに視線を向け、もうそれ以上何も言わなくなった。

翌日、真以のお気に入りの赤いスニーカーも、免許証や前川があげたお守りの入った財布も、当面必要な身の回りの物も無くなっていた。

<しばらく、おじさんの所に居ます>

というメモ書きが、コンビニのレシートの裏側に書かれていた。ちょっと癖のある見慣れた真以の文字。キッチンのテーブルの上にガムテープの切れ端で留められたレシート。その周りだけきれいに片付けられていた。

交差点を渡った所にあるガソリンスタンドでねずみ色のペガススを見つけた。前川も少し離れた給油口に止める。

 

「まいどー。満タンですか?」の声に

「三リッター」

ガソリンを入れてもらいながらペガススの運転席が見えないかと覗いてみるが、隣の給油機が邪魔して見えない。車を降りてタイヤを点検する振りをしてペガススを覗くが、窓のスモークで、やはりよく見えない。

「お客さん、ガソリンタンクの水抜剤入れましょうか?」

との店員の声に振り向いて

「ああ、要らない」

と、言いながら座席に戻る。

「おつりとレシートになります。裏にラッキーナンバーがありますので、次回ご来店の時に確かめて下さい。当たれば、ガソリンが割引になります」

前川はおつりを受け取り、レシートの裏を見る。

<あなたの前に道はありますか? 安全な走行にはエネオスのガソリンを! Lucky No.7744>

前川がペガススに目を向けた時、車が走り出した。前川も慌てて、軽のワゴンを走らせた。

幸い、軽トラを前に一台置いてペガススに付くことができた。右手でハンドルを握り、左手でもう一度レシートの裏のコピーを見た。フッと見上げたルームミラーにあの晩の真以の姿が浮かんだ。(つづく。次回最終話)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

驚異のプチ・ピクニック

良い季節になってきました。

お弁当持ってハイキングとかいいですねー。

と言うわけで、挙行しました。

lunch1

そうなんです。我が家のせまーい庭なんですよ。

姪と姪の娘も来ていたので、おにぎりを作って、ビールも出して外で食べました。あり合わせのものばかりでしたが、外で食べると倍美味しく感じます。そして、

これ以上近いハイキングはないのではないかと思います(こんなのはハイキングとはいわなーい!と怒られそうですが)。

庭に出ても、暑くも無く、寒くも無いし、蚊などの虫もいない、とても短い貴重な時期に庭でランチというのもなかなかのものです。

同じビールでも、屋外(?)で飲むビールはひときわ美味しかったのです。

lunch2

金曜日から、またまた風邪を引いてしまい、今日やっと体調が戻ったのですが、今日は少し肌寒かったので遠くへは行けず、それにしてもあまりに近い、徒歩数歩のハイキングでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

春のひと時 春眠暁を覚えず

僕が忙しく部屋で仕事をしているのに、ジジ(♀黒猫2歳)はすぐ側のピアノの上でのんびり昼寝をしています。

平和でいいですねー。僕もこんな風に惰眠をむさぼりたいと思います。つくづく羨ましいです。

jijipiano

今日は、思いがけないことがありました。

宅配便が届きました。それが、まったく覚えの無い、ソチオリンピック記念のブランケットだったのです。添付の手紙を見ると、パナソニックの対象商品を買って、応募すると抽選で当たるもののようでした。

branket1branket2

あまり覚えていないのですが、そう言えば、ネットで応募したような気もします。

今頃は、それほど必要でもないのですが、朝晩は結構冷えるので何かと便利です。大きいので、暖かいのですよ。

抽選で何かに当選するなどということがほとんど無いので、ちょっと嬉しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

小説「出前迅速」~その4~

ペガススは相変わらずマイペースでのんびり走っている。そろそろ出前の範囲外に出そうであるが、もうそんなことはどうでもいい。

欅通りを右に曲がってイチョウ通りに入った。眼が痛くなるほど鮮やかなイチョウがどこまでも続いている。

ichoudouri

イチョウがこんなにも綺麗に色づくことなど、前川は今まで気付いたことがなかった。そんなことをフッと考えていると、イチョウの間から突然小さな自転車が飛び出してきた。前川の右足が大きくブレーキを踏む。後ろのタイヤが少しぶれながら嫌な音を立てる。車が自転車の少し前で止まる。ハンドルを握る前川の手が震えていた。ハンドルから震える手を引き離すようにして、慌ててドアを開け、外に飛び出した。降りた瞬間、膝ががくがくするが、何とか自転車の側に来る。倒れた自転車の側に、男の子も倒れていた。前川が近づくと男の子がきょとんとした顔で前川を見た。

「大丈夫か? ケガしてないか?」

小学校の一、二年生くらいか、男の子は驚いてバランスを失い倒れたようだ。ズボンの左膝に血の染みが付いていた。

「ちょっと待っとけ! 今、テープを持ってくるからな」

前川は急いで車に戻り、ダッシュボードから救急バンを取り、男の子の側に座る。ズボンをまくり上げて傷の様子を見る。血は滲んでいるが、少し擦りむいた程度だった。救急バンを貼って、ズボンを下ろして男の子の顔を見て

「おい、気をつけろよ。下手したら大怪我してたぞ。ちゃんと一旦停止しなあかんやろ」

そう言って睨んだ後、ニッと笑って、男の子の頭を撫でた。

「うん。ブレーキかけたんやけど、ブレーキがかからんかった。僕、びっくりして……」

泣きそうになりながらそう話す男の子の肩に手を置き

「よし、兄ちゃんが見てやる」

ブレーキを点検する前川を、瞼に少し涙をためて、男の子がジーッと見る。

「両方ともアカンわ! 自転車屋さんで直してもらわないとアカンな。家まで押して帰った方がいいな」

zitensha2

男の子が何度も手を振って自転車を押して帰って行った。前川も手を振る。男の子が大きなイチョウの木を曲がると、そこに小さな風の渦が起こり、黄金色の葉が舞い上がった。そして、前川には、この数分間の出来事が、まやかしであるかのようにも思えてきた。

「良かったな……急ブレーキで踏みとどまったよ……」

そう呟いて車に戻る。もし、あの車に出会わなくて、あせって出前に向かっていたらどうなっていただろうなどと、フッと考える。

ペガススはもう見えなくなっていたが、そのまま車を走らせた。急ぐ必要のない前川は、ラジオのスイッチを入れる。ギターのイントロに続いて、前川の好きなコブクロが流れてきた。運転は身体にまかせ、記憶から湧き出る思いに意識を解放した。(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

小説「出前迅速」~その3~

ペガススが左折して、大きな欅通りに入った。欅通りは、暖色のトンネルだった。青空を背景に、オレンジや黄色の欅が葉を広げる。前のペガススが信号で止まった。信号の赤は、欅の色づいた赤に同化していた。横断歩道を若い女性がゆっくりと歩いていた。細身のジーンズに緑色の短いコート。明るいベージュのニットの帽子。彼女は、秋色の欅並木の横断歩道によく似合っていた。それは、そのまま油絵の風景のようでもあった。

keyaki1

「あいつはどうしてるだろう?」

前川は、半年前に別れた秋川真以(まい)を思い出した。心臓がぴくんと痛んだ。冬になるといつも被るというベージュのニットの帽子。同じ色のニットの手袋で顔を覆い、肩を縮めてハッと息を吐く。白い息が真以の顔の前でフワッと広がり冷たい空気に吸い込まれる。顔から手を離した真以の少し赤らんだ顔が微笑んでいた。そんな風景がフロントガラスに浮かび、赤から変わった青信号がそれをかき消した

真以とは半年いっしょに暮らした。居酒屋で知り合った。真以もアルバイトだった。前川はアルバイトを変わったばかりで、店にも仕事にもまだ慣れていなかった。聞いた注文を間違えたり、生ビールをこぼしたりといったミスが続き、店長に注意されてばかりだった。

izakaya

「君は背も高いし、男前やし、もうちょっとできるかと思ったら、意外に鈍くさいなー。見た目とだいぶ違うんやな」

などと嫌みも言われた。

「気にせんとき。慣れない内は誰だってそのくらいのミスはあるよ。直に慣れるよ」

真以は、テーブルを拭きながら、ふてくされる前川を見て笑って言った。

「前川君、仕事終わったら空いてる? 飲みに行こうよ。私が奢るよ」

深夜営業の居酒屋は、ほとんどの席が埋まっていた。壁一面に貼られたお品書きを背景に、多くの男女が大声で話をし、生ビールのジョッキを掲げている。

「前川君は、どんな仕事がしたいの?」

真以の質問と同時に、つけすぎた刺身のわさびに顔を歪めて

「正直、どんな仕事をしたいのかよくわからん。自動車の整備とか、バイクの修理とか、そんなんも良いような気もするけど、まだ勉強もしてない。高校も中退だしな」

顔が歪んだのはわさびだけのせいじゃないと思った。

「俺は高校中退して、広島から大阪に出てきた。印刷会社の工場に勤めた。毎日、石鹸の箱やら、お菓子の箱やら、ラインに流れてきた物を段ボールに詰めるだけの仕事だった。半年で辞めたよ。時々工場に、営業の連中がやってくる。びしっとスーツ着て、颯爽と歩いてるんだ。俺は、ドブネズミ色の上下の作業着に帽子、不格好な安全靴。何だかいやんなっちまって……それからずーっといろんなバイトを転々として……」

前川はそう言って、ジョッキに残っていたビールを飲み干し、君は? と真以の方に顔を向けた。

「私は、専門学校に行こうと思ってお金貯めてる。美容専門学校よ。来年の春には行けると思う。バイトしながら勉強しようと思ってるんだ」

随分前からきちんと考えてきたということが十分に伝わる揺らぎのない話し方だった。短めの髪に、柔らかい眼差しの大きめの二重の目。目元の柔らかさと対照的な意志の強そうな口元。前川は聞きながら意味もなく刺身のつまをいじっていた。何だか顔を上げられなかった。

「うちの亡くなった父親は、福岡で美容師をしていたの。小さい頃から父親に憧れてた。高校の時父親が亡くなって、それからいろんなことがあって……」

真以は、少し顔を歪めて、箸で唐揚げをつついた後、ゆっくり口許に持ってきたが、途中で皿に戻し

「ちょっと荒れていた時があったの。朝帰りして家に入ろうとしたら父が乗っていたペガススっていう車が目に入った。父と買い物に行ったり、たまに重なった休日にドライブに連れて行ってもらったりしたの。ペガススのフロントガラスに父の楽しそうな顔が急に浮かんできて、私、声を出して泣いた。車の前にペタンって座って、いつまでも泣いていた。変やろ」

「変じゃないよ。ペガススか……。俺の親父は車の整備をしている。小学校の時におふくろから頼まれて親父の工場に弁当を届けたことがあった。親父はつなぎの服を着て、車に潜り込んで仕事をしていた。その時、俺は、親父がすごくかっこいいと思った。俺も……なんて思った時もあった。でも、今はわからん」

ひどく酔って、その晩は真以のアパートに泊まった。

「しょうがないよね。ほっとけないものね……」

真以の呟きを微かに聞いたような気がした。それ以来、真以と暮らすことになった。(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

早起きの効用

と言うほど早起きではないのですが、この春から一時間早く起きることにしました。

僕は、普通の勤め人の方と違って、午前中に、家で仕事をすることが結構多いので、午前中の時間がとても貴重です。

今までの起床時間では時間が足りなくなってしまいました。

一時間早く起きていろんな事に気がつきました。

当たり前ですが、仕事がたくさん出来る。一時間早いんだから当たり前なのですが、それが、単純に一時間増えただけでなく、一時間以上の仕事量がこなせているような気がします。

やっぱり朝って、頭もスッキリするし効率が良いのかもしれません。

効率が良くなったので、短い時間ですが、午前中にウォーキングをすることも出来るようになりました。

walking

今までは、夜にだらだらと起きていたので、朝が遅く、あっという間にお昼になっていました。なんせ、夜はお酒を飲むので、食後に頭を使う仕事は無理なので、だらだらと過ごしていました。

そういう生活を改めて、夜は出来るだけ早く寝て、朝はスッキリと起きる。

この年になって今頃そんなことを……なんて、自分でも恥ずかしいのですが、公に宣言しておけば、長続きするだろうとなんて考えています。

くるたんパパさんには恥ずかしくて、とても言えたことではないのですが(^^;)言ってしまいました。

皆さんはきっと早起きなんでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

小説「出前迅速」~その2~

信号が変わり、自転車がさーっと走り出す。少し遅れてペガススがスタートした。前川は、緩んだ顔のまま、手の甲で涙を拭き、ゆっくりと走り出す。出前が遅れるなんてことは、もう、どうでもよくなった。前川は、相変わらずトロトロと走る車の後を、口笛まで吹きながらついて行った。そして、ふと、この車を運転している人物が誰なのか気になりだした。このまま後を付けて確かめてやろうと思った。幸い、出前先の方向と同じだったが、出前が大幅に遅れて首になったとしても構わない。どうせ、そろそろ辞めるつもりだった。リアウインドウは、スモークされていて車内の様子は見えない。紅葉マークこそないが、たぶん、その位の年齢か、それに近いドライバーではないかと想像した。プレートのナンバーに何となく目をやる。<7744> 「ラッキーセブンとシアワセか」前川は口許を少し歪めた。実直なだけのこの車のリアを見ると、前川は、自分の父親と同じ年齢の、律儀で気難しそうな男の顔さえ浮かんでくる。同時に、最後に見た父親の顔を思い出した。

高三の秋だった。学校が文化祭で盛り上がっている時、前川は、学校に行かず、遊び仲間三人と、盗んだバイクを乗り回し、警察に捕まった。父親が迎えにきた。警察署を出た所で父親に殴られた。父親は何も言わなかった。前川は後ろを向いて駆けだした。とにかく走った。父親からも、そこに居る自分自身からも、出きるだけ遠く離れたかったのかもしれない。

息があがって、前川はようやく立ち止まる。前屈みで、膝に手を載せ、息を整えた。息が楽になって身体を起こすと、西の空を三日月が切り裂いていた。自分の心を切り裂くにはちょうど良い鋭さだと思った。その夜から前川は家を出た。父親とはその日が最後だった。あの時の父親の顔は、三年経っても、色褪せない。コンピュータのディスプレイに一番最初に映る壁紙の写真のように、いつまでも印象的で鮮明であった。震える右手の拳の小さな絆創膏や、警察署の街灯に照らされて異様に青白かった左頬。警察署に入ってくる車のヘッドライトに照らされ、殊更歪んだ目の縁の涙。

この仕事は一体何番目になるんだろうと前川は思った。

「まあ、どうせさんざん嫌み言われて、今日で首やろ」

この寿司屋も、給料は貰ったことだし、首にならなかったとしても、黙って明日から来なきゃいいんだと思った。今までも、些細な動機が辞める理由になってきた。自動車整備工場で働く父親は同じ仕事を三十年以上続けてるというのに。

高校の帰り道に、父の勤める整備工場がある。「(有)キ ムラ自動車整備工場」と書かれた看板の所々に錆が浮いていた。本当は「キタムラ」のはずなのに、「タ」の文字が外れて「キムラ」になっている。前川が自転車で帰る時、時々父親を見かける。油の染みがへばり付いたツナギは、父親と同じ位、すっかり色あせていた。父親は、塗装の艶がすっかり無くなった軽自動車の修理をしていた。エンジンルームに顔を突っ込んだ父親の頭の上を、ボンネットから垂れ下がったチューブが揺れていた。つなぎのポケットからはみ出した薄汚れたタオルを見て、前川は大きくため息をつく。それ以来、前川はその道を通らずに、少し遠回りをして帰るようになった。

zidoushaseibikouzyou

「飽きもせずに、よく同じ仕事を……」

前川は仕事を辞めるたびに父親を思い出し、そう呟く。(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

小説「出前迅速」~その1~

<いきなり、新連載です。良かったら読んでみて下さい>

「出前迅速」

前川は焦っていた。前のペガススが異様に遅く感じられる。もう時間が無い。出来れば、この遅い車を追い越したい。しかし、追い越すには道幅が狭すぎる。とにかく、今は、その車にぴったりと付き、もう少し速く走るように促すしかない。しかし、ペガススは前川の意図に気づく素振りもなく、相変わらずトロトロと走っている。

今日は、昼の出前がいつもより立て込んでいた。おまけに、出前要員の大学生新人アルバイトがなかなか帰って来ないので、年は同じであるが、先輩格の前川はいつもより多くの出前客を抱えることになる。お陰で、約束の時間に大幅に遅れて、怒鳴られっぱなしだ。さっきも、

「おまえんとこの寿司は、注文を受けてから魚を釣りに行くんか!」

などと嫌みを言われた。まあ、この程度の嫌みならまだましで、「もう要らんから持って帰れ!」などと言われると、まったく困ってしまう。

この出前も、ぎりぎりで店を飛び出した。それでも渋滞が無かったら何とか間に合うかもしれないと前川は読んだ。幸い渋滞は無く、前川の運転する出前用の軽のワゴン車は順調に走っていた。しかし、途中で急に横道から入ってきたペガススがやたら遅い。この車が邪魔だ。前川は、優等生の代表のようなこの車が元々嫌いだった。客が怒り出す二十分遅れ前には何とか着きたかった。このネズミ色の車を前川は何度も罵倒した。

交差点に差し掛かった。秋風に揺れる真っ赤な葉の間から信号機が見える。鮮やかな青だと思っていたら、黄色に変わり、周りの葉と調和する。前は、ペガスス一台だけ。このタイミングで行けば、黄色の内に交差点に入れる。大阪では当然のことだ。

しかし、なんと、ペガススが止まった。黄色なのに? 前川は慌ててブレーキを踏む。思いっきりオレンジ色のテールランプを睨んだ。その時、前川の右手から自転車が車を抜いて、S字型に曲がり、ペガススの左に止まった。本格的なスポーツ車である。ドロップハンドル、細いタイヤ。フィーゴの自転車用ヘルメット。身体にぴったり張り付いた白いシャツ。同じくぴったりの黒いパンツ。腰にウエストポーチを装着しているだけで、もちろん、何かのデリバリーではない。よく見ると、白人の青年らしい。前川は白人青年のウエストポーチに、なにやらプリントしてあることに気付いた。その文字を読んだ。勘亭流の書体だ。

出前迅速

ほんの少し間を置いて、前川の緊張や怒りが急速に解け出し、強ばった顔が緩んだ。信号を左折してきた対向車の女性が、大口を開けた緩んだ顔の前川がハンドルを叩く様子を見て、怪訝そうな表情で通りすぎて行った。(つづく)

zitensha

(※イメージです)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

お弁当持ってプチ花見

3月も最終日、そして春休み最後の日(いつまで休んでるんだ\(`o'") コラーッと言われそうですが、家で仕事はしています(^^;))。

あまりにも良いお天気で、桜も満開に近くなってきたので、歩いて十分ほどの、すぐ近くの公園にお花見に行って来ました。

sakurakouen

姪の娘のKちゃんが遊びに来ていたので連れていった、というか、付き合ってもらったのです。

お弁当は急ごしらえだったので、卵焼きとおにぎり以外は全部余り物でした。

onigiriobentou1

タケノコと菜の花、スペアリブ、卵焼き、笹かまぼこでした。

余り物でも、桜を見ながら、外で食べるとすごく美味しいんですよね。お弁当っていいですねー。

あっ、もちろんこれに、ビールが付いています。

この時期、日本中どこでも桜が咲いているので、どこでもお花見ができます。

良い季節になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »