« 買い取り価格 | トップページ | 食文化 »

2014年8月28日 (木)

「本日♪小田日和」パート2

またまた行ってまいりました。

今回は大阪城ホールです。コンサート初日の和歌山ビックホエールから2ヶ月。次回の仙台から、このコンサートも後半折り返しに入るそうです。

odabiyori

(※これは和歌山の時の写真です)

 

小田さん、初日ほどの緊張感は見られず、前半、バラードを中心に淡々と進め、ビデオの「ご当地シリーズ」の映像を挟んで後半へ。

「ご当地シリーズ」というのは、小田さんのコンサートでお馴染みの映像で、コンサートの開催されるご当地を小田さんが、コンサート数日前にいろいろなと探索するというものです。

今回は大阪のいろいろな所を探索するのですが、驚きました!! ええええええー!!

うちのすぐご近所の遊園地、某「Hパーク」に来ているではありませんか!!

大観覧車に乗ったり、僕が先日姪の娘と乗った幼児向けの「アンパンマンのミニ観覧車」にも乗っていました。

「笑いたければ笑いなさい!!」との小田さんのセリフに会場大爆笑でした。

昨日と一昨日が大阪公演ですから、その数日前位に撮影しているはずです。すぐ近くに小田さんが来ていたとは……。

僕の斜め前のおじさん(よりは若いかな?)が指笛を鳴らそうとするのですが、いつも最初の2、3回は鳴らなくて「ひーひー」という空砲で、4回目位から「ピューピュー」と鳴り出し、周りの人はホッとします。

ノリノリで面白い人でした。

ノリノリと言えば、バイオリンの金原さんは、今回もノリノリで、バイオリンを弾きながら踊っていました。可愛かったなー!!

今回は奥さんもいっしょだったので、帰りは臨時収入があった僕が「がんこ寿司」でお寿司をおごりました。

「♪そんなことより、幸せになろう……♪」なんて口ずさんで帰ってきましたよ。

|

« 買い取り価格 | トップページ | 食文化 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ご夫婦でいい時間を過ごされましたね。

小田さんのコンサートは一度も行ったことがありませんが、観客のことを考えた演出で、きっと疲れないコンサートなのでしょうね。

映像は、TVの「クリスマスの約束」
みたいな感じでしょうか。


「ひーひー」のおじさん、楽しいですね

投稿: くるたんパパ | 2014年8月29日 (金) 05時21分

小田さんや周りの方々の話
指笛空砲おじさん
そしてそれをご覧になった
モーツアルトさんご夫婦

朝からほっこりする話でした。

小田さんのコンサート楽しそう~
四国にも来てくれないかなぁ。

投稿: casa blanca | 2014年8月29日 (金) 06時39分

最高の時間をお過ごしになったのですね。
そういう時って、留保なしに幸せな気分になれますよね。

わずかな差で、大好きな人と会えたかもしれなかった、と思うことって、たまーにあります。
あの角さえ曲がっていれば、会えたのに、って。
それって、ちょっと悔しいけれど、なんだかロマンティックな気もします。

コンサート、いいですねぇ。
私も行ってみたいです。

投稿: 三日月猫 | 2014年8月29日 (金) 10時56分

えーーーーーsign02
Hパークにーーーーーsign02
有り得ないようなことが起こってたんですね(笑)

投稿: りえ | 2014年8月29日 (金) 22時26分

くるたんパパさん、今晩は。
コメントが遅くなってすみませんでした。

>小田さんのコンサートは一度も行ったことがありませんが、観客のことを考えた演出で、きっと疲れないコンサートなのでしょうね。

そうですね。とてもリラックスして楽しむことが出来ます。小田さんはMCが苦手らしくて(それでも以前と比べたらずいぶん喋るようになりましたが)あまり喋らないのですが、それも小田さんらしくていいなーと思ったりします。

前回は一人だったのですが、今回は二人で行ったので、コンサートについての話がとても弾みました。これも夫婦和合のための一つかもしれませんwink

投稿: モーツアルト | 2014年8月31日 (日) 01時30分

casa blancaさん、今晩は。
コメントが遅くなってすみませんでした。

>朝からほっこりする話でした。

ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。
コンサートに行くといつも、「みんなどんな思いで来ているんだろう?」なんて思ったりします。同じ歌を聞くことで、数時間ではありますが、心が一つになったような気がしたりして歌の感動と同時に、それをみんなで共有しているんだという感動もあったりします。数時間の幻想の世界かもしれませんね。

投稿: モーツアルト | 2014年8月31日 (日) 01時38分

三日月猫さん、今晩は。
コメントが遅くなってすみませんでした。

>あの角さえ曲がっていれば、会えたのに、って。
それって、ちょっと悔しいけれど、なんだかロマンティックな気もします。

まったく同感です。何だか不思議な気がします。そして、そういうロマンティックさが小説を生み出すのだろうな、なんて思ったりします。
小田さんも年なので(人のことは言えませんがcoldsweats01)後何回コンサートに行けるのか?
「このアルバムが最後から2番目になると思います」と言っていました。それは「もしかしたら最後になるかもしれないけど、まだもう少し頑張ってみようという気持ちの表れなのです」と話していたのですが、まだまだ最後ではないように祈っています。
三日月猫さんも機会があれば是非コンサートに行ってみてください。

投稿: モーツアルト | 2014年8月31日 (日) 01時47分

りえさん、今晩は。
コメントが遅くなってすみませんでした。
そうなんです。あり得ないことが起こっていたんです。まさかこの近所に居たなんてsign03
パークの前は良く通るので、もし、入り口の辺りで見かけたりしていたらと思うとドキドキしてしまいます。「うわー、うわーsign03」なんて車の中で騒いでいたかもしれません。
「ええーsign03」と、思わず奥さんと顔を見合わせてしまいました。

投稿: モーツアルト | 2014年8月31日 (日) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/60222654

この記事へのトラックバック一覧です: 「本日♪小田日和」パート2:

« 買い取り価格 | トップページ | 食文化 »