« ミラクルムーン | トップページ | 小説「Angel/小さな翼を広げて」~その10~ »

2014年11月10日 (月)

小説「Angel/小さな翼を広げて」~その9~

「ねえ、立川君。あなたは今お付き合いしている女性は居る?」

唐突の質問だった。

「いない」

それから、少しだけ考える時間を置いて

「そういう機会はあったけど自分から進んで求めたことはない。大学の時は授業に出ることと、図書館で本を読んだり、映画館で映画を観ることで大半を過ごした。家に帰ると一人でギターを弾いて過ごした。土日は印刷工場でアルバイトをしていた。暗い学生生活だったかもしれないね」

「ちっとも暗いとは思わないわ。人にはそれぞれに過ごし方や楽しむ方法があるはずだし、誰かが評価するものではないわ。それに、立川君に、今、お付き合いしている人が居なくて良かった」

「どうして?」

「だって、今日から私が立川君とお付き合いしようと思っているからよ」

森田さんは、今日の日付を聞かれてそれに答えるようにごく自然にそう言った。僕は何て応えたら良いのかわからなかったがー今日の日付を言われてそれを自明のこととして受け入れるようにーそれを受け入れた。森田さんは思い出したようにバッグを椅子の上に置いてコーヒーを取りに行った。さっきの森田さんのセリフが、深い緑色のバッグの上にまだ漂っているような気がした。僕は深呼吸をしてそれを吸い込みコーヒーをひと口飲んだ。

その日以来、僕らは二人でよく会った。仕事が終わってからスタバで話をしたり、週末に居酒屋でお酒を飲んだりした。今までの僕の生活と随分変わったかもしれない。それは、モノクロの画像が水彩絵の具で少しずつ彩られていくような感じかもしれない。僕たちは休日に、近くの遊園地や植物園によく行った。遊園地はそれほどメジャーではないので、休日でも、何か大きなイベントでもない限りそれほど人は多くない。それも気に入ってるし、小さな動物園があることも気に入っている。レッサーパンダがモコモコと動き回ったり、きょうだいで(たぶん)じゃれ合ったりしているのを見るのが好きだった。僕らはバニラのソフトクリームを嘗めながら、コーンの最後のひと囓りを食べ終わるまで幸せな気持ちで見ていた。

softcream

森田さんはいつも、最初に僕のソフトクリームを嘗めてから自分のを食べ始める。僕は森田さんが嘗めたところから食べ始める。彼女はいつも職場の話をしてくれる。僕はそれを聞くのも楽しみだった。(つづく)

|

« ミラクルムーン | トップページ | 小説「Angel/小さな翼を広げて」~その10~ »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

告白されるのって
実体験がないので、
どんな気持ちになるんだろうって
考えながら読んでいました(^0^;)

告白された立川君、
生活が一変して、楽しそうではあるけど
正直な気持ちはどうなんだろう?

そんな心配をしてしまいました。

投稿: くるたんパパ | 2014年11月11日 (火) 08時26分

お久しぶりです。
 いつも、頑張って書き続けておられることを、感心しながら読ませていただいています。
 なのに、コメントを書かなくて済みませんでした。いつもながら、初々しい感性の作品ですね。
 
 森田さんはいつも、最初に僕のソフトクリームを嘗めてから自分のを食べ始める。僕は森田さんが嘗めたところから食べ始める

 この一節、とても抑制されたエロスを感じます。

投稿: ビーのエム | 2014年11月11日 (火) 09時28分

>今日から私が立川君と
>お付き合いしようと思っている

女性から半ば強引なこういう切り出し方を
されたら、どんな気がするんでしょう?

冷たいソフトクリームだけど、
心はほっこり温かい
甘いムードが漂っていますね。(^~^*)

投稿: casa blanca | 2014年11月11日 (火) 18時09分

くるたんパパさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
またまた風邪をひいてしまいコメントがおそくなってすみませんでした。

>告白されるのって
実体験がないので、
どんな気持ちになるんだろうって
考えながら読んでいました

いえいえ、くるたんパパさんならいっぱいあったと思いますよhappy01
僕はホントに好きだった人からの告白ってなかったのですが、何とも思っていない人からの告白は結構ありましたcoldsweats01うれしいことなのですが、困ることもあります。
立川君はほっとしたと思います。

投稿: モーツアルト | 2014年11月12日 (水) 12時13分

ビーのエムさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
コメントがおそくなってすみませんでした。

>なのに、コメントを書かなくて済みませんでした。いつもながら、初々しい感性の作品ですね。

読んでいただくだけでうれしいです。なのでコメントはあまり気にしないでください。

>この一節、とても抑制されたエロスを感じます。

何気なく書いたのですが、そうかもしれません。立川君らしいと思います。
これからもよろしくお願いします。

投稿: モーツアルト | 2014年11月12日 (水) 12時27分

casa blancaさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
コメントがおそくなってすみませんでした。

またまた風邪をひいてしまい、今日は仕事を休んで家に居ます。体調はあまり良く無いのですが、たまにはのんびんするのもいいものですね。

>女性から半ば強引なこういう切り出し方を
されたら、どんな気がするんでしょう?

好きな女性からだったら「はいはい!」って従うと思いますhappy01。僕は好きな女性からは告白されたことはなかったですねcoldsweats01。僕の方からは何度か告白したことはありましたが……

投稿: モーツアルト | 2014年11月12日 (水) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/60628471

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「Angel/小さな翼を広げて」~その9~:

« ミラクルムーン | トップページ | 小説「Angel/小さな翼を広げて」~その10~ »