« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

すっかり忘れていた ハンズメッセ

くるたんパパさんのブログを見て、慌てて行って来ました。

年に一度の「ハンズメッセ」。

すごい人を覚悟していたのですが、雨模様のせいかそれほど混んでいなくてほっとしました。

他の用事があり、時間も迫っていたので取りあえず1階だけチェック。

財布が傷んでいたので、財布だけでもと思い探していたら、革製のキーホルダ(700円)と、パスケース(本牛革日本製500円)が目に留まり、一応かごに投入。

お目当ての財布(天然革製2490円)を見つけてかごの中に。

ここで残念ながら時間切れ。慌てて地下鉄に駆け込みました。

時間が無かったのでステーショナリーは見れなかったのですが、くるたんパパさんの書いておられた「ハンズメッセの欠点」のひとつである「ついつい無駄な買い物をしてしまうこと」は避けられたようです。

kawaseihin_800x600

9月2日までなのでもう1回行けたら良いと思うのですが、無駄な買い物をしそうで怖いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

癒やしのきつね村

ご無沙汰していました。

8月締め切りの原稿がやっと終わりホットしています。

さて、今回は、今月の中頃に行った「きつね村」の話題です。

きつねと言えば、昔、友人が「すべての人間は『きつねさんチーム』と『たぬきさんチーム』に分類出来る」と言い、同じ職場のすべての人をどちらかにカテゴライズしてしまいました。

「いくら何でもそれは乱暴だろう」と思いながらも、妙に納得してしまいました。

本題に戻ります。

この「きつね村」は宮城蔵王と呼ばれるエリアにある、きつねだけ(やぎも数頭居ました)が放し飼いされている動物園で、世界的にも珍しい動物園のようです。

映画「子ぎつねヘレン」にも、ここの子ぎつねが出演したそうです。

入園する際に、係の女性から注意事項を聞きます(かなりたくさんあります)。きつねにエサをやったりすると噛まれたりするのでやらないように、とか、近くでケータイを向けたりすると、きつねに取られたりして永遠に戻らなくなるとか、きつねが後ろからついてきたら、振り返って正面から対峙するようにとか、要するに、きつねは犬や猫のように人間にそれ程親和的ではないので、不用意に近づいたり、ちょっかいを出さないようにということのようです。

しかし、そんな話を聞くと、きつねが急に噛みついたり、後ろから襲ってきたりするのではないかと心配になってきます。だって、こんなにきつねがいるんですよ!

kitunetasuu

放し飼いなので、道路にも寝転んでいるし、側を通らないわけにはいかないのです。なるべくきつねの心証を悪くしないように、そっと歩くように心がけました。

後ろから近づくきつねにも(単に同じ方向に行きたいだけかもしれません)注意しながら、早く出口に着かないかなと気持ちは結構焦りながら、歩みはゆっくりと……。

やっと出口に着いてひと安心。

子ギツネを見て癒されようと思って来たのに、何だか怯えに来たようですっきりしませんでした。

でも、きつねは、こちらが何もしなければ、噛んだり、襲ったりすることもなく、いたって友好的でした。「専守防衛」などと息巻いていると、落ち着かないし、かえって危険なような気がしました。

どこかの国の安全保障政策を見ているようで、とても象徴的でした(^^;)

kitune1

このきつね村、外国の方にも人気があるそうで、ネット上で世界中に広がっているとか……。外国人も結構たくさん見に来ていました。

面白いことには、きつね村のきつねにも「たぬきさんチーム」と「きつねさんチーム」がいるんですよね。何だかとてもややこしい話です。

あなたはどっち派ですか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

森のソーセージレストラン 蔵王

ちょっとの間ですが、宮城県の蔵王の麓のホテルで過ごしました。

大阪の暑さから少しの間逃れることが出来ました。

レンタカーを走らせながらお昼はどこにしようかなーなんて考えていると

「森のソーセージレストラン ベルツ」というお店が目に入ってきました。

自家製のソーセージやベーコンを使った料理が出るようでした。

ソーセージ好きの僕は迷うこと無くこのお店に決めました。

ランチメニューの「ソーセージランチ」(少し違っているかもしれません)を注文。

料理の写真とかもないのでちょっと不安に思いながら待ちました。

そして、こんなお皿が出てきました。

morinoresutoran

ランチなのでこれにスープとサラダ、ライスが付きました。値段は1680円。ランチとしては少し高かったのですが、

いやー、これは半端じゃなかったですよ。

ソーセージはナイフで切るとジワーッと肉汁が出てきて、ほんのりスパイスとニンニクの香りがしてソーセージらしいしっかりした味が付いていました。

ロースハムは厚切りで深い味と香りでした。

どれも美味しかったのですが、僕は厚切りのベーコンソテーがすっかり気に入ってしまいました。

スモークされたベーコン本来の味がしっかりついていて、自家製のマスタードを少し付けるとさらに味が引き立ちます。ベーコンの脂も口に溶けて広がり、少しだけ甘さが残ります。

ソーセージもハムもベーコンもソースとかは無く、マスタードをつけて頂きます。マスタードは付けなくとも十分美味しいのですが、マスタードが好きなのでたくさん付けて頂きました。

そして、自家製というマスタードはどれにも良く合います。

お皿に添えてある焼きトマトも甘くて、香ばしくて、ソーセージ達にぴったりでした。

よその土地で、しかも初めてのお店で、期待はずれでがっかりすることも多いのですが、

ああ、この店に入って良かったーってつくづく思いました。当たりでした(^^)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

真夏のスタミナ丼

夕飯どうしよう?と思って冷蔵庫を開けると「豚ロースガーリック味噌」なる製品を見つけた。

夏ばて対策にはもってこいの食材だと思いました。

さっそくどんぶりにしてみることにしました。どういう丼にしようかいろいろと考えみたのですが、ここは、極シンプルに作ることにしました。

ご飯にレタスを載せて、その上に炒めた豚ロースガーリック味噌を載せ、さらにその上に焼き海苔をかける。

これでどうだ!!

butadon

食べて見ました。予想通りでした(これだけシンプルだったら誰でも予想はつきますね)。

濃い味の豚ロースにパリパリのレタスの爽やかな食感、そして焼き海苔の香ばしさが後から追いかけてきます。

これは美味しいです。この三位一体の美味しさ。どれが一つ欠けてもダメなような気がします。

ガーリックの香りが焼き海苔と程よくマッチしてあまりニンニク臭を感じません。

今回はすでに味付けしてある豚ロースを使ったのですが、味噌にすり下ろしたニンニクとミリン、醤油少々とお酒で味付けしたら出来そうだなと思いました。

あっという間に完食してしまいました。

もう夏ばての心配はありません。

皆さんは夏ばて対策でどんな食事をされていますか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

真夏のプラネタリウム~その3~

すみません、前回のつづきです。

猛暑の中やってきた京都の「青少年科学センター」

建物は古いのでちょっとテンションが下がるのですが、入り口を入るといきなりティラノサウルスの巨大な模型が置いてあり、それが動いたりしゃべったりするのです。

いっしょに行ったKちゃんは急にテンションが上がり、こわい・うれしいで大はしゃぎでした。

Tiranosaurus

 

さて、プラネタリウムはというと、この日のこの時間は「ちびっこプラネタリウム」の時間でちびっこ向けの番組がありました。

タイトルは「いてのおじさん」

会場は大阪の科学館と比べると(どうしても比べてしまいます)狭いです。そして天空が近いです。イスはフランス製ではありません。

リクライニングにはなるのですが、あまり気持ち良くありません。少し狭いです(比較の問題ですが)。

Pranetarium_isu

 

子ども向けの番組なので、小さい子が結構たくさん入っていました。子ども達は解説者の注意をよく聞いてお行儀良く見ていました。

天空の真上、天の川に大きな三角が出来て「これはなーに?」と質問されると「なつの大三角」と答える子が何人か居て「おぬし出来るな!」などと思ってしまいました。

「いてのおじさん」が出てきた時は「射手座や!」という子もおり、ますます驚きました。

時間は同じく45分位なのですが、初めの注意事項がちょっと長すぎたみたいで、正味35分位だったと思います。

今回はフランス製のイスじゃなかったので、ビールを飲んだにもかかわらず、寝ないで最後までしっかり話を聞いていました。

それにしてもイスの威力はすごい!

帰りに、同じ敷地にある「エコロジーセンター」を覗いたら、京阪電車のお兄さんが鉄道の話をしてくれるというので、会場に入ってみました。入り口で電車のバッチやシール、「ひらかたパーク」の割引券などを頂きました。

「エコロジーセンター」の会場だからかもしれませんが、エアコンが無く扇風機が回っていました。とにかく暑いのと、外では雷が鳴り始めたので、早々に引き上げてしまいました。ごめんなさい。

駅に着いたら雨が降り出したので判断は間違っていなかったようです。

みなさんも「夏のプラネタリウム」機会があれば是非足をお運びになってはいかがでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

真夏のプラネタリウム~その2~難行苦行の道中

今日は、8月9日。70年前に長崎に原爆が投下された日です。被曝され亡くなられた多くの方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

週末から少し暑さが和らぐと言っていたのに、まったくその気配がなく暑いですね。

この猛暑の中、またまたプラネタリウムに行って来ました。

今回は姪の小1の娘と一緒でした。

「暇そうにしているからどっか連れてって」と頼まれたので仕方がありません。

同じ所では面白くないので、今回は京都にしました。「青少年科学センター」という所です。

特急で乗り換えるとすぐなのですが、各停の空いた車両でのんびりと行きました。クーラーがほど良く効いていて気持ちが良いです。

姪の娘(面倒なのでKちゃんにします)は僕のタブレットで終始ゲームをしていました。各停で良かったみたいです。そこまでは良かったのですが……。

駅に着いて、お昼ご飯を食べようと店を探したのですが、ラーメン屋さんしかありません。

「冷麺にしようか?」と言うと、

「普通のラーメンが良い」と言うではありませんか。しかも、熱い天津飯とセットのやつです。彼女一人では食べきれないので、僕と半分っこにしました。

Tensinhan

 

暑い時に熱いラーメンセット。僕はやけになって「生ビールと餃子」を追加してしまいました。予想通り大汗をかきました。店のクーラーではとても間に合わないのです。

大汗をかいて食べ終わり、こんどは炎天下を科学センターまで歩きました。5、6分位だと思うのですが、37、8度の炎天下はつらいです。しまいに、「もうどうにでもなれ!」と思ったりします。

名神高速のガードをくぐると目的地なのですが、このガードがなんとも心地良い。日陰がこんなにもありがたいものだとは思ってもいませんでした。

そして、やっと目的地へ(5、6分ですが)。

建物を見ると、大阪の科学館と違い、かなりテンションが下がりました。

 

長くなるのでつづく(すみません)。

Kyoto_kagakusenter

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

真夏のプラネタリウム

久しぶりにプラネタリウムを見に行った。

元々星空を見ることが好きで、小説にも時々登場します。

でも、この時期は外に出ると蚊に刺されるし、冬と違って空がぼんやりしてあまり星座が見えません。

こんな時はやっぱりプラネタリウムです。

大阪市立科学館という所にプラネタリウムがあります。電車一本で行けるし、駅から近いので何かと便利なのです。

ichiritukagakukan

(※HPからお借りしました)

高いビルが林立する中にこの科学館があります。近代的な建物に入ると、さすがにこの時期、夏休みの学生さんがたくさんいました。

1階から4階までが、科学的な展示場になっていて地階がプラネタリウムです。

今月は「スターズライフ」というテーマの上映で、夏の星空が分かりやすく解説されるようです。

場内は適度な空調で、快適でした。

pranetarium

(※HPからお借りしました)

始まる前に注意事項が天体に映し出されます。面白かったのは、一般的な注意事項の後に

・どんなに足が長くても、前の席は蹴らないでください。

・ここのイスはフランス製で快適です。気持ち良く眠れます。

と書いてあります。なかなかノリの良いプラネタリウムです。

学芸員さんの解説も面白く、必ず笑いを取ります。そして、何よりも星空が圧倒的に綺麗なのです。

ところが、時間が経つにつれて、お昼に飲んだ生ビールの影響もあり、しかもプラネタリウムは寝そべって見るので、それも快適なフランス製のイスであれば結果は自ずと一つの方向に収束されます。

ハッと気がつくと

「これで終わりです。皆さんも是非、実際の大阪の星空をご覧になってみてください。ありがとうございました」

とのアナウンス。

「しまったー!」

慌ててみても、もう遅かったのです。時間にして45分位なのですが、半分以上寝てしまいました。

やっぱりフランス製のイスはあなんなーと思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

難解なうどん

突然ですが、「伊勢うどん」って食べたことがありますか?

名前は聞いたことかあるけど食べたことがないという方が多いと思います。

iseudon1

うどんなのですが、美味しいうどんの条件のようなコシがまったくなく、フニャフニャです。そして太い。

うどん出汁といえば、関西のうどん出汁のような琥珀色の透き通った、鰹と昆布の香り高い出汁を思い浮かべてしまうのですが、

この出汁は真っ黒です。そして幾分甘め。ぶっかけうどんのように、この濃い出汁をかけて食べます。見た目が悪いです。

味は、不思議に、見た目ほど濃い味ではないのです。でも、美味しそうには見えません。

どういうコンセプトで、このような「美味しいうどん」の真逆のようなうどんを作ったのでしょうか?

そう言えば、前にテレビで紹介していたような気がします。曰く

「昔、お伊勢参りに来る旅人が、長旅で伊勢まで疲れて来た時に、胃腸にやさしい軟らかめの麺にし、少し甘めの出汁は疲労回復に良い」

というようなことを話していたような気がします。そう聞くと「なるほど」と納得します。でも、今は、お伊勢参りに長旅はしないし、疲れ果てて伊勢まで来る人は、たぶん居ないと思います。

ですから、この条件に合う消費者はいないことになります。それでも販売しているのです。何故でしょう?

やっぱり、美味しいからなのです。

これが妙に美味しいのです。

このうどんの上に半熟の卵をのせて、すり下ろした生姜とネギをのせ、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べるととても美味しいのです。この時期なら、ミョウガとか大葉の刻んだ物をトッピングしても美味しいです。

iseudon2

妙に癖になります。

うちの女子達は「なんで、こういううどんが美味しいのか、意味がわからん!」

と言うのですが、うまく説明できませんが、とにかく美味しいのです。

騙されたと思って一度試してみてください。

(※ここまで書いて、同じようなエピソードを以前書いたことを思い出しました。すみません)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »