« 真夏のプラネタリウム~その2~難行苦行の道中 | トップページ | 真夏のスタミナ丼 »

2015年8月10日 (月)

真夏のプラネタリウム~その3~

すみません、前回のつづきです。

猛暑の中やってきた京都の「青少年科学センター」

建物は古いのでちょっとテンションが下がるのですが、入り口を入るといきなりティラノサウルスの巨大な模型が置いてあり、それが動いたりしゃべったりするのです。

いっしょに行ったKちゃんは急にテンションが上がり、こわい・うれしいで大はしゃぎでした。


Tiranosaurus

 

さて、プラネタリウムはというと、この日のこの時間は「ちびっこプラネタリウム」の時間でちびっこ向けの番組がありました。

タイトルは「いてのおじさん」

会場は大阪の科学館と比べると(どうしても比べてしまいます)狭いです。そして天空が近いです。イスはフランス製ではありません。

リクライニングにはなるのですが、あまり気持ち良くありません。少し狭いです(比較の問題ですが)。


Pranetarium_isu

 

子ども向けの番組なので、小さい子が結構たくさん入っていました。子ども達は解説者の注意をよく聞いてお行儀良く見ていました。

天空の真上、天の川に大きな三角が出来て「これはなーに?」と質問されると「なつの大三角」と答える子が何人か居て「おぬし出来るな!」などと思ってしまいました。

「いてのおじさん」が出てきた時は「射手座や!」という子もおり、ますます驚きました。

時間は同じく45分位なのですが、初めの注意事項がちょっと長すぎたみたいで、正味35分位だったと思います。

今回はフランス製のイスじゃなかったので、ビールを飲んだにもかかわらず、寝ないで最後までしっかり話を聞いていました。

それにしてもイスの威力はすごい!

帰りに、同じ敷地にある「エコロジーセンター」を覗いたら、京阪電車のお兄さんが鉄道の話をしてくれるというので、会場に入ってみました。入り口で電車のバッチやシール、「ひらかたパーク」の割引券などを頂きました。

「エコロジーセンター」の会場だからかもしれませんが、エアコンが無く扇風機が回っていました。とにかく暑いのと、外では雷が鳴り始めたので、早々に引き上げてしまいました。ごめんなさい。

駅に着いたら雨が降り出したので判断は間違っていなかったようです。

みなさんも「夏のプラネタリウム」機会があれば是非足をお運びになってはいかがでしょうか。

|

« 真夏のプラネタリウム~その2~難行苦行の道中 | トップページ | 真夏のスタミナ丼 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

プラネタリウム、
エンジョイされてますね。

恐竜が動いたり喋ったりするって
子供達は大喜びでしょう。

孫でもできたら、私も一緒に
楽しめるかもしれません。

投稿: casa blanca | 2015年8月10日 (月) 21時32分

casa blancaさん
プラネタリウムはロマンがあります(^^)
お孫さんが出来たら是非いっしょに行ってください(^^)。
でも、大人が一人で行っても十分楽しめますよ。旦那様とデートするのも良いかもしれませんよ。

投稿: モーツアルト | 2015年8月10日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏のプラネタリウム~その3~:

« 真夏のプラネタリウム~その2~難行苦行の道中 | トップページ | 真夏のスタミナ丼 »