« 小説「かげろふ ー二度目の夏ー」その3 | トップページ | 京都伏見の龍馬寿司 »

2015年9月25日 (金)

けん玉、棒挿し、成功の秘訣

まず初めに、姿勢が大事です。

膝を曲げて腰を落とします。スクワットの姿勢のような感じです。腰は落としますが、上半身は伸ばしています。

その姿勢で、けん玉の棒を上にします。

次ぎに、けん玉の棒の先がまっすぐ目の下にくるようにして構えます。

けん玉の棒の先を真っ直ぐ見つめながら、けん玉をヒョイと上に上げます。この時、けん玉があまり大きく振れないようにして下さい。

つまり、最小限の動きで玉が棒の上に来るようにします。

すると、勝手に棒に刺さるようになります。

僕はまだ、5回に1回位の成功率ですが、慣れたら2回に1回位の成功率になると思います。

こんなことでも、出来ると、何だかすごく充実して嬉しくなります。

小学生の頃に、初めて逆上がりが出来たことや、縄跳びの二重跳びが出来た時のような感動が味わえますよ。

kendama2

|

« 小説「かげろふ ー二度目の夏ー」その3 | トップページ | 京都伏見の龍馬寿司 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

初めて成功したときは感動ですよね
思わずガッツポーズ!

コツさえわかれば、意外に簡単ですよね

投稿: くるたんパパ | 2015年9月25日 (金) 06時51分

なるほど、手先だけでなく
体全体でという感じでしょうか?

逆上がりができた時、
自転車に乗れた時とかも
嬉しかったですね。

運動神経は良い方だったのですが、
連続まわりとか足掛けまわりとか
手にマメを作って練習しましたねぇ。
女の子なのでスカートの裾ををパンツ
の中に折り込んでブルマのようにして
ぐるぐる回っていました。(笑)

投稿: casa blanca | 2015年9月25日 (金) 09時22分

くるたんパパさん、こんばんは。

>コツさえわかれば、意外に簡単ですよね

いえいえ、まだまだそこまでは行っていません。まだ2割位の確立です。特に、酔っ払っていると全然入りません(^^;)。
百発百中になるように日夜練習に励みます。

投稿: モーツアルト | 2015年9月25日 (金) 22時43分

casa blancaさん、こんばんは。
連続回り、足かけ回り。これがなかなか難しいんですよね。そして、出来た時はホントに嬉しかった!
けん玉もスポーツです。さっきも何回かしたのですが、1回しか入りませんでした。そして、とても疲れました。酔っ払っているとダメですね。

>女の子なのでスカートの裾ををパンツ
の中に折り込んでブルマのようにして
ぐるぐる回っていました。

いたいた!そういう子が(^^)。そして、そういう子は鉄棒が上手いんですよね。もう、何回も連続回りをしたり、足かけ回りをしたり。僕はもう、尊敬の眼差しでうっとりと見ていました。懐かしいなー!

投稿: モーツアルト | 2015年9月25日 (金) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/62331417

この記事へのトラックバック一覧です: けん玉、棒挿し、成功の秘訣:

« 小説「かげろふ ー二度目の夏ー」その3 | トップページ | 京都伏見の龍馬寿司 »