« ビーフシチュー | トップページ | BBQ »

2016年3月20日 (日)

ぼくがラーメンをたべてるとき

今回は食べ物の話ではありませんよ。

衝撃を受けました。

 

いつものKちゃんが、うちの団地に来る移動図書館から本を借りてきた。

その内の一冊が、長谷川義史さんの「ぼくがラーメンをたべてるとき」だった。

Kちゃんが「おじちゃん読んで」というので読んであげた。

実は、Kちゃんも僕も、長谷川義史さんの絵本が大好きなのです。

絵も面白いし、優しい、懐かしい感じがする。

お話しはとてもシンプルだ。

男の子が家でラーメンを食べているところから始まる。

「ぼくがラーメンをたべてるとき、となりでミケがあくびした」

「となりでミケがあくびしたとき……」

ehon4

(注、絵本の一部を撮影させてもらいました。以下も……)

(次ページ)

「となりのみっちゃんがチャンネルをかえた」

「となりのみっちゃんがチャンネルをかえたとき……」

ehon2

(次ページへ)

 

こうして場所がどんどん変わっていき、やがて隣の国になり、またまた隣の国へ……。

そして、終わりのほうで

「そのまたやまのむこうのくにで」

「おとこのこがたおれていた」

ehon3

(次ページ)

「かぜがふいている」

「そのとき……」

(次ページ)

「かぜがふいていた……」

ehon1

で、元の男の子がラーメンを食べている場面に戻る。

最後は、ミケがソファーに座りまどの外を見ている。その景色は男の子が倒れていた国の景色によく似ていた。

 

1ページに2行ほどのテキストだけで、何も説明していないが、とてもよく伝わってくる。この絵本にはそういう力があった。

いつもは長谷川さんの絵本をにこにこして読んでいるKちゃんだが、この本を読み終わった時悲しそうだった。

ちゃんと伝わってくるのだと思う。

ネットで調べたら、この絵本は多くの賞を貰っているみたいだ。そして、長谷川義史さんの写真を見て、まったく迂闊だった自分に驚いた。

絵も、作者の名前も、何だか見たことがあると思っていたら、時々見る「毎日テレビ」の「ちちんぷいぷい」という番組に時々出てくる画家だった。

彼は、番組で、大阪や、神戸などのあちこちをぶらっと歩きながら絵を描いていて、その絵が優しくてとても良い絵で、僕はいつも楽しく見ていたのだ。

まったく迂闊であった。

 

絵本を言葉でうまく説明できなくてもどかしいです。

みなさんも機会があれば是非のこの絵本を手にとってご覧頂けたら嬉しいです。

|

« ビーフシチュー | トップページ | BBQ »

小説・童話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

なんか惹きつけられますね
図書館で借りてこようかなぁ

投稿: くるたんパパ | 2016年3月21日 (月) 04時30分

言葉で表現できないことを
表現できるのが絵の特性、絵の力だと思っています。
大きくて深い気持ちが、
この絵本に込められているのでしょうね。
難しいことでも、
ちゃんと子供にも伝わるって凄いですね。

投稿: りえ | 2016年4月 2日 (土) 16時34分

くるたんパパさん
またまたコメントが遅れてすみません。

本当に良い絵本です。是非お近くの図書館で借りてみて下さい。
絵本の良さを再確認しました。すぐに読めますしね(^^)

投稿: モーツアルト | 2016年4月 5日 (火) 11時07分

りえさん
コメントが遅くなってすみません。

>言葉で表現できないことを
表現できるのが絵の特性、絵の力だと思っています。

本当にそうですね。絵の力を改めて感じました。文章以上の意味を表現できるのだと思いました。

りえさんの絵本もそういう力があります。Kちゃんはりえさんの絵本も大好きです。

投稿: モーツアルト | 2016年4月 5日 (火) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/63371599

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくがラーメンをたべてるとき:

« ビーフシチュー | トップページ | BBQ »