« あの日 あの時 | トップページ | 記事の訂正 »

2016年6月13日 (月)

6月の「五六市」

もうひと月が過ぎたのですね。

ついこの前「五六市」に行って来たと思っていたのに……。こうして人生は光のように過ぎていくのです。

まあ、それはともかく……

午前中はお天気が持ちそうなので少し早めに家を出た。

今回は無駄な買い物はしないで見るだけにしようと心に決めた。そして一番最初に革製品のお店に入る。

ふと見ると、新書判用の革のブックカバーが……。2千円……。

20160612_154026

前回布製の大きさを変えられるブックカバーを買ったのに……でもこれがとても気に入ったのです。それに新書判用のブックカバーはなかなか見かけないので。

「よし、今日はこれで買い物は終わり」

と思っていろいろな店を見ていると、木工品のお店に、見たような顔が。

10年近く会っていない友人が、しかも、自作の木工品の販売を!!

フォトスタンド

20160612_154321

手作りでしっかりと出来ています。1300円。

うちの奥さんはこれ。

20160612_154845

僕が勝手にペンを入れたが、彼女はこれに木の実のオブジェなどを入れたいらしい。4千円。

これもしっかりした作りで、しかも箱の部分は組んであって一つの面だけ接着剤を使用しているという拘りの作り方をしているそうだ。

堅い会社に勤めていたのだが、早期退職をしてこの道に入ったようだ。生き生きとしていた。

彼は毎月店を出しているわけではなく(出店には抽選もあるので)実に1年ぶりだそうだ。

今回もいろいろと買ってしまったが後悔は無い。

そして、出会いに感謝!!

|

« あの日 あの時 | トップページ | 記事の訂正 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

モーツアルトさん
「五六市」って、素敵なものが出展されていますね。私も雑貨が好きで、ついつい買ってしまうのですが、最近は、自重しています。「断捨離」に励んでいる身ですから。

でも、昨日、近くのショッピングセンターで木工製品の出店に出くわし、競技用のけん玉を買ってしまいました。今までのは、百均で買ったプラスティック製です。

競技用のは重たいですが、。カツッという音が良いです。

お友達との再会も、よかったですね。

長くなりついでに。
以前、地下鉄で、ヘビメタ系のお兄さんが皮のブックカバーをかけた本を読んでおられ、感銘を受けました。
ヘビメタの兄ちゃんが、ヘビメタもできる、インテリ青年に見えました。

投稿: びーのえむ | 2016年6月13日 (月) 10時19分

びーのえむさん、こんばんは。
けん玉をおやりになるのですか? すごいなー!!
難しい技をこなしている、びーのえむさんを想像してしまいます。

>ヘビメタの兄ちゃんが、ヘビメタもできる、インテリ青年に見えました。

かっこいいですよね。スマホじゃなくて皮のブックカバーをした文庫本が良いですね。うん、かなりインテリ青年に見える!!
僕も今度大阪に行くときには、皮のブックカバーをした新書を持って出かけます。インテリのおじさんに見えるかな?

投稿: モーツアルト | 2016年6月13日 (月) 22時12分

おはようございます。
木製のMONOはぬくもりがいいですよね。
自分も最近HACOAの手作り製品が大好きで、
よく店で眺めています。
高くて買えません(笑)

早期退職って言葉が最近、リアルに感じています(笑)

投稿: たろ | 2016年6月14日 (火) 07時15分

こんばんは
旭川オフ会で、木のペントレイを
たろさんから頂きました。

木のぬくもりいいですね。
観葉植物を入れると、
また全然違った雰囲気になって
素敵でした。

投稿: casa blanca | 2016年6月16日 (木) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/63770765

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の「五六市」:

« あの日 あの時 | トップページ | 記事の訂正 »