« 真夏です | トップページ | 夏のプラネタリウム »

2016年7月 8日 (金)

ピアノの調律

昨夜は疲れてしまい、カーテンもベランダの窓も開けたまま寝てしまった。そのまま朝まで。

早朝目が覚めて、網戸越しに外を見ると、白い桔梗と目が合った。

20160706_071248

もう、そろそろとは思っていたが、今朝、こんな風に出会うとは思ってなかった。それも、蒲団に横になった状態で……。

あまりに早くに目覚めたので、読みかけの「羊と鋼の森」を読んだ。

そう言えば、うちのピアノしばらく調律してないなぁと改めて思った。今年になって調律師さんから何回か電話があって、曖昧に返事をしていて、それっきりになっていた。

音の関係で、最近は電子ピアノばっかりなので、ピアノの蓋すら開けていない。本を読んで、「ピアノが泣いてるだろうなぁ」と妙に感傷的になる。

何とか今月中に調律して貰おうと深く決心した。

ピアノの調律って「正しくチューニング」するだけだと思っていたら、鳴り方まで調律するのだと知らなかった。

奥が深いのですね。

|

« 真夏です | トップページ | 夏のプラネタリウム »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ピアノ調律は
整調と整音が基本です。
鍵盤のタッチを調整するといった方がわかりやすいかもですね。
弦を叩くハンマーを削ったりすることでも音色が微妙に違ってきます。
ということを、大学卒業して就職した会社でみっちり教わりました(笑)
自分で調律すしてみるのもおもしろいかもです。

投稿: たろ | 2016年7月10日 (日) 15時16分

たろさん
そうでしたね。たろさんは大手の楽器メーカーにお勤めでしたものね。さすが、良く分かってらっしゃる。
僕の場合3、4年調律していないので、やっぱり気になります。

>自分で調律すしてみるのもおもしろいかもです。

いえいえ、とんでもないことです(笑)
「羊と鋼の森」を読んでいたらやっぱり調律してもらった方が良いと強く思いました。ビアノが可愛そうですよね。

投稿: モーツアルト | 2016年7月10日 (日) 18時29分

”桔梗と目があった”
モーツアルトさんらしい表現ですね。

娘が使っていたピアノ
旧宅へ置いたままです。
娘は置き場がないから要らないと言うし、
我が家にも置き場が....
ピアノに申し訳ないと思いつつ
調律から遠ざかってます。(^。^;)

投稿: casa blanca | 2016年7月11日 (月) 10時20分

casa blancaさん
そうなんですよね。弾き手がいないと、なかなか調律しようと思わないし、マンションも高齢化のせいか、昔のようにピアノの練習の音も聞こえてこないし、日中、家に居る人も多いと思うので、ピアノが弾きにくくなっているような気がします。
それでも調律してやらないといけないかなぁ、なんて、小説を読んで思いました。

投稿: モーツアルト | 2016年7月12日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/63885285

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの調律:

« 真夏です | トップページ | 夏のプラネタリウム »