« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

秋の休日

予定していた京都に行けなかったので、土曜日、またまた、うちの狭い庭に超簡易テントを張ってお弁当を食べた。

日差しが強いわけでもないのだが、遊びに来ていたKちゃんが、このテントがお気に入りなので出すことにした。

おにぎりと玉子焼きとウィンナーなど、ささやかな弁当であるが、庭の隅に咲きだしたツワブキを見ながらお弁当を食べた。

もちろんビールも。

20161029_123218

まだ、寒くはないが、もうそろそろ外は寒くなりそうだ。このテントでの食事もあと一回位かな?

 

日曜日は恒例の大学女子駅伝だった。「杜の都駅伝」と呼ばれる大学女子駅伝も今年で34回になるそうだ。

缶ビールとおつまみ、おにぎりなど万全の準備をして正午からテレビの前に。応援していた立命館大学がいつもより順位が上がらず、ビールも味が無い。

結局、史上初の5連覇を達成した立命館大学は残念ながら2位。6連覇が達成出来なかった。1位は初優勝の松山大学。

casa blancaさんの故郷にある大学だから、まっ良いか!

結局、何を食べたかも分からないうちに日曜日のお昼が過ぎて行った。気付いたら空の缶ビールが3本、テーブルに残っていた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

里の秋

そんな唄が出てきそうな風景だった。

どこか懐かしい里の秋。

でも、これがうちの近くなのです。京阪電車の最寄り駅に行く途中、この一画だけに昔から田んぼが残っている。

20161022_115742

夏になると、どこからやってくるのかカエルの大合唱がおこり、青々とした稲が広がる。そして、秋。

こんな風景を見ながら駅まで。

美味しい新米もこうやって出来るんだ、などと癒されながら駅に向かう。

いつまでもこの風景を残して欲しいと心から願っている。

 

先週末はお隣の市にある市立大学の附属植物園に行って来た。ここにも里の秋があった。

20161022_154750

お弁当を食べて、ビールを少々。里の秋を満喫した。

これから紅葉が始まり、もっときれいな里の秋が楽しめそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

再会

ツタヤT-SITEの4階。下のグラウンズベイカーで買って来たサンドイッチとスターバックスのコーヒーを小さなテーブルに置いて本を読んでいた。

ページをめくって顔を上げると、半分雲に隠れた太陽が大きなガラス窓の向こうに浮かんでいた。その時、フッと懐かしい香りを感じた。香りなのか気配なのか、その両方かもしれない。

女性と目が合った。彼女は一瞬大きく目を見開き、そしてすぐに、その目が穏やかに緩んだ。僕も同じような表情をしていたかもしれない。

「久しぶりね……元気そう……」

彼女は立ち止まってそう言った。読んでいた本をテーブルに置いて、僕も立ち上がる。

「……君も元気そうだ。何年ぶりかな?」

薄手の綿ニットのセーターにスカート。彼女はそれ程変わっていないと思った。もちろん当時の若さではないし、過ぎてきた年月は十分感じる。でも、きれいだった。

「三十年は経つわね。この街もずいぶん変わった。こんなステキな店も出来たし……」

「ずっと住んでるとあまり分からないけどね。君は東京だったよね」

「兄が入院してお見舞いに来たの。明日帰る予定」

少しの間、お互いの近況などを話した。その後、話が途切れた。彼女はテーブルの本とコーヒーに少しだけ目を遣った後、

「邪魔してごめんね。お元気で。また会えるといいね」

と言った。

もう会うことはないだろう。

雑誌を抱えた若者の間を通り抜け、エスカレーターに向かう後ろ姿を見送りながらそう思った。でも、奇蹟のようにここで出会えたことに感謝せずにはおれなかった。彼女は、下りのエスカレーターに足を乗せてから僕の方を見た。微笑んだ顔の横で小さく手を振った。ボーッと見ていた僕も小さく手を振った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

ニューロン

少し前に読んだ本に次のようなことが書かれていた。少し長くなりますが、引用します。

「最近の研究によれば、脳内にある海馬のニューロンが生まれる数は、有酸素運動を行うことによって飛躍的に増加するということです。

(中略)しかし、そのままにしておくと28時間後には何の役に立つことも無く消滅してしまいます。(中略)生まれたばかりのニューロンに知的刺激を与えると(中略)

学習と記憶の能力が高められます。その結果思考を臨機応変に変えたり、普通ではない創造力を発揮したりすることができやすくなるのです。より複雑な思考をし、

大胆な発想をすることが可能になります。(後略)」(「職業としての小説家」村上春樹 2015年(株)スイッチパブリッシングより)

有酸素運動と言えば、水泳とかジョギング、ウォーキングなどであるが、ジョギング以外は日常的にしている。そう言えば、小説を書いていて次が浮かばないときに、諦めてウォーキングに出かけて、歩きながら考えるとフッとアイデアが出たりすることがたびたびあった。「そうか、そういうことなのか!!」

そこで、最近は少し積極的に、ウォーキングの時にカードを持つようにした。受験生の時に使った英単語を覚えるためのカードのようなものに、覚えておくべき大事な言葉や、定義、人物名等々を書いて、それを見ながら歩くことにした。

「歩きスマホ」が問題になっているが、この「歩きカード」も場合によっては危険なのだが、僕のウォーキングコースは車も人も自転車もあまり通らない道が多いので、その時に「歩きカード」をする。

20161021_071645

で、効果はどうだったのか? 次の四つの選択肢から選ぶとすればどうなのか?

1、絶大な効果があった

2、どちらかと言えば効果があったと思う

3、どちらかと言えば効果が感じられない

4、まったく効果がなかった。

僕の場合は2番だった。1番を期待したのだが、ラジオを聞きながらの「ながらカード」のせいか、はたまた「ニューロン」にも個人差があつて、僕のニューロンの質はそれほど高くないのか……。

まあ、でも、せっかく出来たニューロンを無駄にしないだけでも良いかもしれない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

秋祭り

収穫のこの時期、いろんな所で秋祭りがある。

土曜日にうちの近所の神社でも秋祭りがあった。夜店もたくさん出て賑わっていた。

参道を歩くといろんな匂いに出会う。それはもう、目を瞑っていても何の店かすぐに分かる。

夜店と言えば、定番はやはり、焼きそば、たこ焼き、イカ焼き、綿菓子、リンゴ飴、フランクフルトというところかな?

この参道にはすべて出そろっていた。イカ焼きも丸々1匹だと結構高いので、ゲソだけとか、半身とか、売り手もいろいろと工夫している。

綿菓子も袋つきだと5百円だが、袋無しだと300円など、工夫が見られる。たこ焼きも4個から買える。

早速、たこ焼き4個を買い、食べながら夜店を冷やかす。

20161014_183256

こんな風に秋の夜長が過ぎて行くのでした。あっ、そうだ。神社のお祭りに来て、お参りするのをすっかり忘れてた。神様すみません。

 

翌朝、庭(※マンションなのですが、一階なので、専用庭がついています。ねこの額ほどです)に出ると庭用の水道の蛇口の所に朝顔が咲いていた。

うーむ、これはかなりしぶとい。この時期に、しかも、根元はわずかの隙間なのです。たくましいというか、あるいは、ケナゲとも言えるかな。ちょっと驚きました。

 

20161017_103905

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

ラジオ タイムフリー

突然、金木犀の香りがした。駅に向かう途中の木立から。

昨日の夕方そこを通ったときはまったく匂わなかったし、花も咲いていなかった。

金木犀は突然咲いたり匂ったりすることに初めて気がついた(a-kakiさんの言う通りでした)。

今年は随分遅かった。いつもは9月下旬から10月上旬位までだったような気がする(違うかもしれません)。

「ああ、やっと!!」

何だか少しうれしくなった。

20161017_103735

 

ラジオでもDJが同じようなことを言っていた。

ラジオと言えば、「ラジコ」がバージョンアップして機能が増えた。(「ラジコ」というのは、ネットで聞くラジオのことで、直接ラジオの電波を拾うわけではないので、クリアに聞けるし、ネット上なので情報量も多いアプリです)

その一つが「タイムフリー」という機能だ。つまり、1週間以内であれば、過去の番組をさかのぼっていつでも聴けるというもので、これは結構待ち望んでいた。

FMラジオは再放送もあるが、極限られた番組だけで、一度聞き逃したら二度と聞くことが出来ない。テレビのように自由に録画するレコーダーとかもあまり見たことがない。

ラジオは基本生放送なので、生で聞くのが1番良いと思うが、聞けないときの方が多い。なので、この機能は僕にとっては願っても無い機能なのです。

寝る前に、聞きたかったラジオ番組を聴きながら眠りに就くというのも「小確幸」の一つです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

秋を感じる

どんな時に秋を感じるだろう?

今朝、顔を洗った時

「あっ、もう秋なんだ」

と、しみじみ思った。水が冷たかった。昨日まではあまり思わなかった。

そう言えば、昨日ラジオのリクエストで

「最近、強く秋を感じたのは便座に座った時でした」

という便りがあった。なるほど。

いずれにしてもあまり詩的ではないのでこの辺で……。

 

うちにもハロウィンの花が咲いた。

20161012_123124

20161012_123302

今までハロウィンだから特に何かをした訳ではないが、これ位は便乗しても良いかなって思う(リースも)。

これも、やっぱり秋を感じますよね。もしかしたら、子ども達がお面をかぶってお菓子をねだりに来たりするかもしれません。

 

みなさんはどんな時に秋を感じますか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

ハロウィンのリース

第2日曜日は恒例の五六市だった。

さすがにちょっと飽きてきて、今回はパスしてお弁当を持って植物園に!! などと思っていたら夜半から大雨。

朝には止んでいたが、この雨では下がグッショリで植物園はむりだろう、ということで五六市へ。

うちの奥さんも「五六市ちょっと飽きたな」などと言っていたのだが、もう最初から手作りの洋服の店で釘付け。さっそく一着購入してルンルン気分。

お腹が空いてきたので、適当にスルーしようと思ったが、なかなか進まない。どこが飽きたのだろうと思ってしまう。

途中、布製の小物の店で「ハロウィンのリース」を見つけた。これに惹かれた。800円、値段も手頃。すぐに購入。

20161010_181433

途中、冷しキュウリなどを囓りながら「京都たかばしラーメン」のお店に向かう。しかし、彼女は、またまた手作り布製バッグの店で立ち止まる。しばらくお店の人と立ち話。

「お腹空いたー!!」という僕の視線を感じたのかやっと店を離れる。

「京都たかばしラーメン」に到着。

いつもの小ラーメンと餃子セット(餃子とたくあん2きれが載った白ご飯)と、もちろん生ビール。

takabasi

「毎回、毎回、よく飽きないね」

と言われるのですが、これが飽きないんですね、五六市といっしょで。不思議なことに。

1度ルーティンになってしまうとなかなか変えられないものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

バンドチャレンジ

秋晴れの良い天気。

今日は毎年恒例のヤマハの「バンドチャレンジ2016」の日です。

今年もにわかバンドを結成して参加してきます。

(去年と格好があまり変わってないなぁ)

行って来まーす!!

20161010_103919_001480x853

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

幸せ物質

前回「晴れると気持ちが前向きになる」という趣旨の記事を書いたが、それを立証するような話を聞いた。

「幸せ物質」「幸福ホルモン」と呼ばれる「セロトニン」という脳内物質の影響が大きいらしい。

太陽の光を浴びると、この「セロトニン」という物質が増え、明るく、前向きな気持ちになるという。

太陽の光を浴び、適度な運動をすると「セロトニン」の生成を促すらしい。そうすると「申し訳ないが気分が良い」状態になるのかもしれない。

真夏の昼下がりに太陽の光を浴びても前向きな気分にはなれないと思ったら、真夏は早朝、明け方の太陽の光が良いらしい。なるほど。

逆に、前向きの良い気分になれない人は次の三つが原因かもしれないとのこと。

1、慢性的な運動不足

2、太陽を浴びていない

3、栄養が偏って、セロトニンの材料が足りない。

つまり、適度に運動をして、太陽の光を適度に浴びて、まんべんなく栄養を摂ることが大事らしい。

ん、僕はこれはクリアしているな。だってほぼ毎日ウォーキングしているし、ジムにも行ってるし、3食きちんとしっかり食べてるし……。

でも、いつも前向きで、幸せな気持ちではないなぁって思います。何故だろう?

「セロトニン」を増やす要素には次の三つも重要だとのこと。

1、よく笑う

2、よくしゃべる

3、きとめきを増やす

そうか、この三つが欠けてるのか!!

3番目の「ときめきを増やす」が1番難しそうだ。

「ときめきたいなぁ!!」

あくまでも比喩ですよ。

serotonin

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

抜けるような空が痛い♪

「風がひげに遊んでいる。申し訳ないが気分が良い♪」

という歌が昔あったような気がする。昨日の朝の空を見ていたらこの歌がフッと浮かんできた。

その位、久し振りに抜けるような青空を見たような気がします。

ウォーキングをしていると、日差しがない方が歩きやすいし涼しくていいのだが、曇りが続くと気持ちもどんよりしてくる。

ささいな心配事や気になっている嫌なことが増幅されて気持ちが後ろ向きになる。

しかし、昨日のような青空を見ると、そんな気持ちがきれいに払拭される。車のワイパーがすーっと水滴を払うように、視界がぱっと明るくなったような気がする。

20161006_095603

人の気持ちって、こんなにも天候に左右されるものなのだと改めて思いました。

お天気が続くと良いのですが……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

お気に入り

汚い部屋だが、ここに居るととても落ち着く。

机があって、パソコンがあって、ギターやピアノがあって、ジジが居て(TVは要らない)。

ここで仕事をして、小説を書いて、下手なギターを弾いて、下手なピアノを弾いて……。

時間があれば何時間でも本を読んでいたいと思うのですが、そうもいかず、日々あくせくと暮らしている。

でも、この部屋に居ると不思議と落ち着き、鈍い頭も多少冴え渡り、少しは意味ある時間を過ごせそうな気がする。

20161005_224948

奥さんとケンカした時もここに避難する(^^;)。

でも、引き籠もる訳ではないのですよ(籠もりたいと思ったりしますが)

北側の部屋なので、冬は寒い上に結露で湿度も高く、決して住みよいわけではないのだが、唯一のお気に入りなので仕方が無い。

大使館のように治外法権的なところも良い(笑)

みなさんもお気に入りの場所ありますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

ブログ

何年か前に事故に遭い、左足に怪我をした。

歩いていたら、突然軽自動車が後ろからぶつかってきた。

その時の左足が最近少し痛んで、整形外科で診てもらうことにした。

事故の時とは別な病院だったので、診察の時にいつ事故に遭ったか聞かれると思い、3年前の日記を調べてみた。

その日記には書いてなかったので、その前の年の日記を探してみたが、見つからない。時間も無くなり、仕方なく病院に出かける。

待合室で待っているときに気がついた。

「そうだ!! ブログに書いてるかもしれない」

思い立ちました。

早速待合室でスマホで確認すると、確かにその記事が出ていた。

やはり4年前の今頃だった。

「そうか、もう4年になるのか」などと、時の速さに感心しながらも、その時の記事を読んでみた。

「いろいろと大変だったんだ」

と、その頃を思い出した。

今回、レントゲンを撮ったりしたが、結局原因は分からず、様子を見るしか無いとのこと。

 

でも、ブログがこんな時に役に立つなんて、ちょっと感激だった。自分の記録のつもりで書いてる意識は全くなく、その時の気持ちを書きたいときに書くというスタンスで何とか続けてきたが、

初めて、実用的に役に立ったことが何か嬉しい日でした。

時の経つのはホントに速いなぁとつくづく感じた日でもありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

もう10月

気がついたら10月になっていた。

涼しくて穏やかな季節だと思ったら、ジメジメ、蒸し暑い!! これじゃ、梅雨と同じやないか!! などとブツブツ文句を言っています。

通勤の電車や、を行き交う人の服装を見ると、実に様々だ。薄手のセーターや長袖のシャツ。と思ったら、ノースリーブや、半袖Tシャツ。短パンにサンダルなんていうオジサンも居たりする。

この時期、ホントに何を着たら良いのか分からない。同じように、この時期、何を食べて良いのか分からない。熱いのか、冷たいのが良いのか、ホントに考えてしまう。

お昼もしっかり食べたのに、仕事で頭を使いすぎたせいか、3時頃小腹が空いて学食へ。

ラーメン(240円)を食べた。

とんこつ醤油味。麺は細麺。具はチャーシュー1枚ともやし。いたってシンプル。

20160926_143130

これが美味しかったのか、不味かったのか?

「おいしい」「どちらかと言えばおいしい」「どちらかと言えばまずい」「まずい」

の四択で言えば、「どちらかと言えばおいしい」だった。でも、熱かった。汗が流れる。

人の少ない広い学食で、汗をかきながら、一人ラーメンをすすっているオジサンってあまり絵になる図ではないですね。やっぱり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »