« 復活 | トップページ | 真夜中の声 »

2017年5月14日 (日)

母の日

今日は母の日。

五六市でこんな「スマホ入れポシェット」を見つけたので、「母」ではないが、妻のプレゼントにしようと思う。

20170514_174507_001-747x1328

母は随分前に亡くなったが、仏壇に、「母の日」用のアロマ・ストロベリーお線香を焚いた。何となく元気が出てきそうな、落ち着くような香りだった。

でも、「母の日」用のお線香があるとは知りませんでした。「カーネーションのお線香」というのもありました。

母の日が終わっても、毎日しばらくはこのお線香を焚こうと思った。これだけでは、親不孝だった償いにはならないのだが、仕方がない。

 

ラジオを聞いていたら、母の日の話題が出ていて、面白い話があったので紹介します。ある男性(年令は忘れました)のメールです。

「昔、ダメージジーンズが出始めた頃のこと。僕がダメージジーンズを買ってきて、穿きやすいように洗濯をして置いてたら、母親がミシンで丁寧にほころびにつぎを当てていた。それもかなり丁寧に……」

車を掃除しながら思わず吹き出してしまいました。

 

五六市ではこんな可愛くてシンプルなネックレスも買いましたよ。

20170514_180453-747x1328

(革製です)

|

« 復活 | トップページ | 真夜中の声 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

モーツアルトさん。heart

五六市,お一人で行かれると
少しちがった雰囲気でしょうか。
奥様へのプレゼント,きっと喜ばれるでしょうね。
猫のホルダーもついててかわいい…。

「母の日」用のお線香なんていうのがあるのですね。
全く知りませんでした。
お母さまにお気持ちが届いていることでしょう。
わたしの母は,89歳で一人で暮らしています。
母の日も,電話で話しただけでした。
できることなら,行って一緒にご飯食べたりしたかったです。

投稿: a-kaki | 2017年5月16日 (火) 00時37分

a-kakiさん

>五六市,お一人で行かれると
少しちがった雰囲気でしょうか。

はい。一人だと、好きなところを好きなように見れるので良いかもしれません(^^;)。欲しい物も遠慮なく買えます。

>できることなら,行って一緒にご飯食べたりしたかったです。

本当ですね。お母様、89歳でお一人で暮らして居られるなんてすごいです。お元気なのですね。でも、ご心配なこともあると思います。
九州までは遠いですからちょっと行ってくるという訳にはいきませんね。

投稿: モーツアルト | 2017年5月16日 (火) 09時53分

今年の母の日は、
お陰様で一緒に過ごすことができました。

仙台のハーフマラソンを走って、
そのまま盛岡に帰りました。

何十年かぶりで母の日に母親の顔をみることができました。

奥様へのプレゼント、すばらしいです。
自分も感謝の気持ちをそえて
何かプレゼントしなくては…(^0^;)

投稿: たろ | 2017年5月19日 (金) 07時00分

たろさん
仙台ハーフマラソンお疲れ様でした。自己ベスト更新おめでとうございます。しっかり準備されてましたからね。

>何十年かぶりで母の日に母親の顔をみることができました。

最高の親孝行でしたね。お母様も喜んでおられたと思います。ちょうど良い時期に仙台でマラソンがあって良かったですね。

奥様にも是非(^_-)

投稿: モーツアルト | 2017年5月19日 (金) 07時10分

今は、色んな香りの線香がありますね。
ふんわりイチゴの香り、いいですね。

可愛いバッグは奥様にですか。
いいなぁ。
母の日に、今日は母の日
家事お休みデーよね?と言うと、
うちのは、母親はもうおらんぞなんて
可愛くないことを言うんですよ。( ̄^ ̄)

今年は、娘からは
紫陽花の鉢植えが届きました。(*^ ^* )V

投稿: casa blanca | 2017年5月19日 (金) 10時14分

casa blancaさん
こちらにもありがとうございます。

>うちのは、母親はもうおらんぞなんて
可愛くないことを言うんですよ。( ̄^ ̄)

あははははー。面白い旦那様ですね(^^)。

カーネーションよりも紫陽花がいいですね。うちの妻も紫陽花が良いと申しておりました。

投稿: モーツアルト | 2017年5月21日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/65278871

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日:

« 復活 | トップページ | 真夜中の声 »