« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月16日 (金)

DIY 顛末記~混合栓~

さて、混合栓の取り付けはどうなったか?

いけたんちゃう? いや、むりやろ? などと予想された方も居られるかもしれませんね。

初めてだったので、少し戸惑いました。途中で水漏れ止めのシールテープが別売だったことが判明して、急遽買いに行ったり、水平器で水平を確認しないといけなかったり……。

水平器は持ってないので(普通どこの家にもあまりないと思います)いろいろ考えて、スマホは、画面が縦横変わるので、水平器の代わりになりそうだと思って、アプリを探したらありました。

20170616_133537-747x1328

この上にスマホを載せて水平をとりました。そして最終的に本体とシャワーを取り付けて

結局、こうなりました。

20170614_172013-747x1328

はい、何とか取り付けました。水が吹き出ることもありませんでした。

ところが、夜中にふと見ると、何と右側の水の方から微かに水漏れが!

20170616_131536-747x1328

何だか気持ち悪いので、今日の夕方、もう一度取り外して付け直しました。

これで、水漏れがないと良いのですが、もし水漏れしていたら、もう一度取り付け直したいと思っています。

初めてのことなので、いろいろと分からないことがあって少し戸惑いましたが、確定申告の書類を作ったり、事務的な書類を作ったりするよりは楽しかったです。

やっぱりDIYって基本楽しいですね。

次に水漏れしても、今度は簡単に再々取り付けができそうです。混合栓が壊れたら連絡して下さい。いろいろとコツを教えますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

壊れるんですよね

突然壊れると困る物……

車、冷蔵庫、洗濯機、給湯器、浴室混合栓……。

と、いろいろあるけど、うちの場合、お風呂のお湯が突然出なくなった。

水とお湯を自動的に混ぜて浴槽に給湯するあの水道栓みたいなやつです。

kongousen

(※ネットから拝借しました)

シャワーは出るので、まったくお湯が出なくて困るわけではないが、いろいろと不便には違いない。

メーカーに来てもらい見積もりを依頼すると、修理代5万円、新品に替えると9万円位とのこと。

ええー、それはあまりにも理不尽ではないか! まだ8年位しか経ってないのに!

「水周りなのでどうしても故障が出てしまうんですよね」

とのこと。『だってお風呂だから当たり前やろ! それは承知のことやないかー!』

と心の中で思ったけど口には出さず、「考えさせて下さい」と言って帰ってもらった。

早速、ホームセンターへ。今まで使っていたタイマー付きの機種はないが、1万円台からいろいろある。取り付け料1万近く払っても2万円台で収まる。

「よし、ホームセンターにしよう」

と固く心に誓った。

三軒目のホームセンターにシャワーヘッド無しで1万5千円の混合栓があった(タイマーとか付いてるとどうしても故障が多いと思い、シンプルな物にした)。メーカーは今まで使っていたT陶。これに別メーカーの手元ストップ付きシャワーヘッドを付けても17,900円で済む。

取り付けはどうするか? いろいろ考えて自分ですることにした。でも、したことないし、結構難しそうだ。店の人に聞いてみると

「自分で付ける人も居ますよ。まあ、得手不得手あるから何とも言えませんが……」

とのこと。しばらく考えて、僕は決心した。

「よし、やったろやないか!!」

17,900円払って購入。早速、取り付けに掛った。

さて、どうなったと思いますか? つづきは明日に。すみません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

五六市 6月

曇り空で、乾燥していた。

カラッとしていて、暑くなく絶好の五六市日和りだった。

駅に着いたら人だかりで、どうしたのかな? と思ったら、どこかの駅で人身事故があったため電車が動いてなかった。

近くで女性二人(シニア)が事故の原因を分析していた。

「最近高齢者が多いから、世をはかなんで自殺する人多いのよ」

一瞬のうちに物語りを構成したようだ。当ってるかは別としてすごい! 「高齢者は世を儚むんだ」と知りました。僕はどちらかと言うとそちらの年齢層に近いが、幸い、まだ世を儚んでない。

仕方がないので、妻と二人、ひと駅歩くことにした。ひと駅で良かった。

無駄遣いをしないようにと固く誓っていたので、今回はかなり自制した。

欲しい物も随分我慢した。結果、こんな物を……。

20170611_170053-747x1328

紫陽花の花びらのドライフラワーリース。季節柄すごく気に入りました。

20170611_170252-747x1328

友人(木工店とは違う友人)がやってる店で購入。ラベンダーの花がふくろうさんに詰まってて良い香りがする。

20170611_223745-747x1328

父ではないが、妻からの父の日のプレゼント。エプロンです。ギターに巻いてますが、腰に巻くと良い感じです。ポケットが気に入ってます。お店の人が「ご主人、料理されるんですか?」と聞いたので、

「はい。すごく上手いんですよ」と、妻が答えていた。

また頑張って料理しよーっと。

他に小物少々。

今回も充実した五六市だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

ストロベリームーン

小さいけど「可愛くて、健気」(友人の言葉)とっても綺麗な月だった。スーパームーンとは違う魅力があった。

凝縮されたパワーを感じる月だった。

何か願い事をしたら叶いそうな、そんな力を感じた。でも、あんまり見とれていて何も願いもせず、部屋に戻ってしまった。

お昼のFMラジオで「今夜はストロベリームーンですよ。どんな色に輝くのか是非見てみましょう」とDJが言っていた。

それなのに、すっかり忘れて蒲団に入っていた。

友人から突然「小さい満月見た?」とラインがあった。

慌てて庭に飛び出して空を見上げた。

20170609_230837-747x1328

 

本当に小さいけどとっても、とっても力いっぱい輝いていた。

因みに、「ストロベリームーン」という名称は、赤く輝くからではなく、どこかの国(アメリカだったかな?)のネイティブの人達が呼んでいた名称らしいです。ちょうどこの時期イチゴの収穫で忙しい時期だからそう呼んだそうです。なるほど。日本でも今頃は路地植えのイチゴの収穫時期なのではないのかなぁ? と思ったりしました。違うかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

ビビりの紫陽花 in2017 そして、焦ったこと

近畿地方は一昨日梅雨入りしたらしい。

朝、歩いていると、もうすでに夏の気配がする。

紫陽花は当然ながら、ムクゲ? 芙蓉? が咲き誇っている。

20170608_094329-1328x74720170608_094335-1328x747

枇杷がなっている。

20170608_094802-747x1328

おまけに、シオカラトンボが飛んでいた。

今朝は気温は高くないが、これは、もう夏と言って良いのではないかと思う。

僕が体調を悪くして寝込んでる間に、世の中はすっかり夏模様になっていたのだ。

 

ところで、うちの「ビビりの紫陽花」はどうなったかと言うと、今年は

「咲かないんやったら切ってしまうぞ!」

などと脅かすこともなく、早々と花芽をつけて、

「今年は頑張るけんね!」

と、アピールしていた。「よしよし(^^)」と頭を(花芽を)なでてやった。

そして、今、こんなに咲き誇っています(よその紫陽花はもっとすごいと思うが、うちとしては初めてのこと)

20170609_062744-1328x747

もう、心身共に夏の準備をしないといけませんね。いやだけど?!

昨日は、短い時間だったが、久し振りに友人と話が出来て何だか気持ちがとても晴れた。

 

良い気分で、帰りの電車で何気なくポケットに手を入れたら「ん?」何だかおかしい?

家の鍵ともう一つ、原チャリの鍵がない。

ポケットの鍵を出してみるが、家の物しかない。バイクに差しっぱなしにしたのだ。

せっかく良い気持ちでいたのに急に焦りだした。発車しそうな電車に飛び乗り、電車の中を歩こうとしてやめた。

チェーンで固定してあるので、原チャリそのものが盗まれたりすることはないが、いたずらされて鍵を持って行かれたらどうしようもない。合鍵もない。用事があって急いでいるのに。

いろいろ面倒なことが頭に浮かぶ。

「これでもう何度目やろ?」

そうなのだ、もう同じ過ちを何度もしているのにまたやってしまった。

電車を降りると走るようにして駐輪場へ!

足早に歩く通勤客を縫うようにして競歩の選手のように歩く(走る)

「あったー!」

今回も首が繋がったぁ。世の中悪い人ばかりではないようです。

今度こそ気をつけよう! と、何度目かの誓いを立てたのでありました。やれやれ(^^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

吹き矢体験

近所の公民館で地域の「若葉祭り」という行事があり行ってみた。

一昨年ここで初めて「吹き矢」の体験をした。その時は思いもかけず良い成績で驚いた。

何故吹き矢を体験してみようと思ったかというと、僕の小説(「take it easy」)に吹き矢のシーンが何度か出てくる。一度もしたことがないのに文献で調べて書いた。

でも、実際に体験しないのは如何なものか? とずーっと思っていた。

良い機会だと思って体験してみたが、想像上では何回もしているので、あまり違和感もなく、ストンと的に当る。

的は真ん中が7点、次が5点、あとは3点、1点の順になっている。

mato

6メートル離れた処から1セット5本の矢でトライする。これを2セットした。

今年は以下の通りです。

(1R)

1、7点

2、5点

3、3点

4、3点

5、3点

計、21点

(2R)

1、5点

2、5点

3、5点

4、3点

5、1点

計、19点

一昨年は2Rの合計が46点だったが、今回は40点だったので、成績は落ちた。でも、2Rの1回目の5点と2回目の5点は同じ位置だった。つまり、円錐型の前の矢に重なって刺さったことになる。

これにはかなり興奮した。今回も1本も外すことがなかった。

とても単純なゲームなのだが、深呼吸して、息を溜め、神経を的に集中させて、短く「プッ!」と息を吐く。矢が真っ直ぐに飛び、ストンと的に当る。この一連の感覚がたまらなく良い。

体験なので2Rで百円。来年は4R挑戦しようと密かに決めました。皆さんも機会があれば是非!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

がま君のお手紙

先日、ブログ友達のa-kakiさんとこのブログにカエル君の写真がアップされていて、僕が「カエル君の手紙?を思い出しました」みたいなコメントを書いたら、

「それはアーノルド・ローベル作の『お手紙』という童話ですよ」と教えて貰いました。確かに、昔読んだ童話は「お手紙」でした。懐かしいなぁなどと思って童話を探したのですが、どこにしまったか忘れてしまいました。

 

やっと体調が良くなってウォーキングをしていたら、何と!! ガマ君に遭遇してしまいました。

彼は、まるで

「僕の話を読んでくれたかい?」

などと僕に尋ねるように一瞥し(たぶん)そのままジッと動きませんでした。

20170605_102243-747x1328

仕方なく、「それでは失礼します。ごきげんよう!!」

と挨拶してその場を去りました。

ガマ君はあの童話のように誰かからの手紙をじっと待っているようでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ