« DIY 顛末記~混合栓~ | トップページ | 世の中に 絶えて…… »

2017年6月25日 (日)

朝顔、夕顔、夕焼け

やっと梅雨らしい天候になってきた。今まで珍しくスカッと気持ちの良い天候だったので、あまり嬉しくはないが、梅雨なので仕方がない。

夏の定番。そして夏休みの象徴。絵日記のアイテム。そうです。それは朝顔!

朝顔を植えるのに毎年ぐずぐずしていて遅れてしまう。今年も先々週やっと種を植えて、ようやく芽が出て来てプランターに植え替えた。

夕顔は先週植えて、一つだけ芽が出たので、これもプランターに植え替えた。朝顔も夕顔も、去年と同じように、暑い盛りはあまり咲かないで、

夏の終わり頃に盛りになるかもしれない。どうも植えた人間(僕です)と同じでピントがずれてる。でも、一応、準備も出来てひと安心。

20170625_154923-1328x747

一昨日、久し振りに夕焼けを見た。近所のスーパーを出て空を見上げると

夕焼けがあった。夕焼けって特に珍しいものでもないのに人を感動させる。それは僕だけではなかった。何人かの人が駐車場に立ち止まって空を見上げていた。

「きれいね!」「きれいね!」

つられて、店から出て来た人も空を見上げる。

20170622_191801-1328x747

梅雨があけると憂鬱な真夏がやってくる。じっと耐えて秋を待とう。

いやだなぁ。

|

« DIY 顛末記~混合栓~ | トップページ | 世の中に 絶えて…… »

園芸・栽培」カテゴリの記事

コメント

モーツアルトさん

 朝顔の双葉って、ダイレクトに小学校の低学年に繋がっていますね。小さかったから、地面が近くてよく見えていたのかもしれません。アリとか、ダンゴムシももっとよく見ていた気がします。

 朝顔に夕顔。きれいな花が咲きますように。

投稿: びーのえむ | 2017年6月25日 (日) 21時43分

モーツアルトさん。bud

おはようございます。
朝顔や夕顔、ちゃんと芽出ししてから定植されるのですね。
手をかけると、植物の成長はうれしいですよね〜
お庭があれば、毎朝話しかけることもできるし…
細い竹の支柱も、雰囲気ぴったりです。
向こうに紫陽花や、ガザニア?も見えてる。
ミニひまわりの種袋も…楽しみですね。
またお庭拝見させてくださいね。
きれいな空も。ありがとうございました。

投稿: a-kaki | 2017年6月26日 (月) 05時36分

びーのえむさん。

>朝顔の双葉って、ダイレクトに小学校の低学年に繋がっていますね。

そうなんです。今でも小学校の宿題の絵日記を思い出します。双葉から花が咲くまで、何だかわくわくと楽しみで、毎朝ながめていました。
ダンゴムシとかアリもよく見ていました。あんなにも熱心に見られたのか不思議な気がします。

夕顔は咲いてもなかなか見られないのが残念です。でも、暗闇に白い姿が妖艶でドキっとします。

投稿: モーツアルト | 2017年6月26日 (月) 22時45分

a-kakiさん

>お庭があれば、毎朝話しかけることもできるし…
細い竹の支柱も、雰囲気ぴったりです。

毎朝話しかければ良いのですが、たまにしか出ないのですよ。「えっ、もう咲いてる!」なんて思うこともしばしば。几帳面に出来ないところが欠点です。この竹の支柱も3年越しで使い回しています。でも、これをしてしまうと安心です。後は暫くほっておいても大丈夫です。
a-kakiさんのように植物に愛情を持って接してやれば良いのですが……。反省しています。

投稿: モーツアルト | 2017年6月26日 (月) 22時53分

朝顔と言うと思い出すのは幼い頃かなぉ。
夏休み前に植えて観察日記とか、
花を絞って色水作ったり、
今年は知らない間に主人が裏庭に植えてまして
涼しげに咲いてます。(^-^)v

投稿: casa blanca | 2017年7月 2日 (日) 16時38分

casa blancaさん
朝顔と言えば、「夏休み」ですよね。観察、絵日記……。重要なアイテムでした。一度植えだすと、毎年植えないと落ち着かなくて植えています。

>今年は知らない間に主人が裏庭に植えてまして
涼しげに咲いてます。(^-^)v

もう咲いてるんですね。うちは植えるのがいつも遅くなって、花が咲くのもまだまだのようです。

投稿: モーツアルト | 2017年7月 3日 (月) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/65456089

この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔、夕顔、夕焼け:

« DIY 顛末記~混合栓~ | トップページ | 世の中に 絶えて…… »