« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月19日 (水)

アイネ・クライネ・ナハトムジーク

一昨日、ビオラ奏者の友人から突然のラインで、コンサートのお誘いがあり、昨夜行って来た。

20170719_204538_001-747x1328

当日券の受付で、友人が用意してくれた前売り券を受け取り会場に入る(当日券はプラス5百円なのです)。

PAを使わない、このコンサート会場は室内楽に適しているそうで、会場もそれほど広くなく一番後ろの席でも舞台の様子がよく分かる。

「城ホール」のように双眼鏡を使う必要も無いし、当然、モニターの画面もない。

生の音が心地よく耳に入る。

モーツアルト、ベートーベン、ブラームスの三部構成で、モーツアルトは弦楽四重奏、ベートーベンはピアノ三重奏、ブラームスはピアノ五重奏。

ピアノ三重奏とか、五重奏とか書いてあるので、ピアノが三台とか五台とか思ってしまうのだが、ピアノは舞台に一つしか無い。

解説を読むと、ピアノ三重奏は、ピアノとバイオリン(クラリネットの場合も)とチェロの三重奏ということで、五重奏は弦楽四重奏にピアノが入って五重奏なのだそうだ。

うーん? なかなかややこしい。

でも、1曲目はいきなり、モーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。僕の大好きな曲だった。

第一楽章はお馴染みのフレーズで盛り上がり、第二楽章の「ロマンス」、第三楽章のメヌエットと続く。やっぱりモーツアルトはいいなぁ、なんて感激した。

ベートーベンはピアノとチェロとバイオリン(一台)の三人なので友人は出ない。彼女はきっと、ドレス姿のままで、楽屋でお煎餅など囓りながら、渋いお茶でも飲んで寛いでるんやろな、などと想像してしまう。

コンサートは9時まで続く。

いつも思うのだけど、この時間って微妙ですよね。先に食事をするとちょっと早すぎるし、終わってからだとお腹が空いてちょっと困る。

僕は、いつも終わってから食べる派なので、コンサートの途中でお腹が空いてしまう。演奏を聴いているときはあまり感じないが、演奏が終わると急にお腹が空いてゆっくりと余韻を味わう事が出来ない。

ビオラを弾いてた彼女は休憩時にお煎餅を食べたので、あまりお腹も空いていないかもしれない? ずるいぞ、なんて、ちょっと想像してしまった。余計なお世話ですね。

コンサート会場を出ると雨の上がった空が群青色に広がっていた。月は無かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

好きマル スキマル

スキマル」というイベントがあって行って来た。

五六市のお気に入りのお店でもらったチラシで紹介されていた。サブタイトルに「女子が好きなものだけ集めたマルシェ」と書いてあったが、気付かなかった。

入り口に「女性限定。ただし、女性と同伴の男性はOK」と書いてあった。

一瞬うろたえた。でも、妻と一緒だったので、大丈夫だった。

その時に、初めてチラシのサブタイトルに気付いた。

でも、いろんな店が出ていたが、必ずしも女子だけが好きそうな品物ではない。アクセサリーなどは、ともかくとして、インテリア小物や和菓子やパン、クッキーなども置いている。

「これだったら男子だって好きなんだぞ!」と、かなり鼻を膨らませて思った。女子限定というのはあまりに理不尽ではないか!?

まっ、そういう怒りを収めて、とりあえずこんな物を買った。

20170717_172414-747x1328

貝殻のようなインテリアで前回の五六市で買った物を買い足して部屋の入り口に飾った。涼しげで気に入っている。

 

ミニサボテン。これもなかなか可愛い。月に一回水やりをすれば良いそうで、それも気に入った。

20170717_172530-747x1328

「毎月一日に水やり」などと決めておけば忘れませんよ」

と店の女性が言っていたが、なるほどそれだったら忘れないかも知れない。

そして、最後にこのリース。

20170717_223755-747x1328

アジサイ、ユーカリ、かすみ草などを使ったドライリース。これが一番気に入ったかな。

どれも値段はリーズナブルでした。

しかし、何で、「女性限定なんやろ?」と今も納得できない。

男性も結構居たし(女性同伴だったけど)、もし、チラシを見た男性が一人で来たら、すごくがっかりして、そして、恥ずかし思いをして帰るのではないかと心配した。

しかし、考えるに、未だに「女人禁制」などと言う時代錯誤が多いのだから、たまに「男子禁制」があっても(限定付きだけど)仕方ないか、などと少しは納得した一日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

置物?

妻が部屋の模様替えをした。

古い家具を捨て、新しい家具を入れた。

「どれどれ?」

ちょっと覗いてみようと思ってチラッと見たら、猫の置物があった。

20170711_091436-747x1328

「ん? 見覚えがある?」

このブログには久し振りの登場でした。

 

先日「織部」で買った、お茶碗は取りあえず、コーヒーカップにしようと思っている。

何だかちょっと新鮮な感じがする。

20170712_081742_001-1328x747

発想をちょっと変えたら器の使い方も楽しくなりそうだ。

料理もそうかもしれませんね。

そんな使い方をされてる方が居られたら是非教えて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

五六市 7月

まいど毎度すみません。

あれからひと月。本当に速いものだと思う。

この日は曇り空で、午後には雨の確率が高くなっていた。

いつもより足早に店を回る。暑いせいか、かき氷屋さんや、アイス屋さんが盛況だ。

熱々の「ごぼう汁」をフウフウしながら食べたのが懐かしいような気がする。

いつものように、キュウリの浅漬けを棒に刺した「棒キュウリ」を食べながら歩く。

昼食は、前に一度行った民家風カフェ(前はコーヒーだけだった)にしようと決めていた。

ここは、前にも書いたが、独創的だ。テーブルもイスも不要品を集めてきたような趣きだが、妙に違和感を感じない。

20170709_113708-747x1328

スタッフはみんな若くてオシャレだ。定食屋のおっちゃん、おばちゃん風の人は居ない(それはそれで好きだけど)

テーブルの上には学校の出席簿のようなメニューがある。出席簿を開けると、ランチメニューがある。

Aランチ「ごろごろ野菜のハンバーグ」、Bランチ「鯖のなんとか(名前は忘れました。洋風の美味しそうなアレンジでした)」、Cランチ「野菜カレーセット」。

随分迷ってAランチに決定。もちろんビール付き。ごはんは玄米を選ぶ。

20170709_114042-747x1328

「ごろごろ野菜」とあるだけに、野菜は豊富で、味付けもなかなか良い。ハンバーグの中にもレンコンなどいろんな野菜が入っていた。

僕は今まで、ハンバーグはタマネギという固定観念で作っていたが、いろんな野菜が入っていても良いんだと初めて気がついた。

20170709_114028-1328x747

ハンバーグの野菜も美味しい。

写真の右上がお味噌汁。このお茶碗にお味噌汁というのもちょっとしたカルチャーショックだった。

プラス2百円のコーヒーを追加してさらにビックリ。

 

20170709_121016-1328x747

むむ、これは抹茶風ではないか!? 器を回していただきそうになった。

そうか、コーヒーカップもこれで良いのか!

これも固定観念を覆された。この店のオーナーは「ラテラルシンキング」の持ち主かもしれない。

そして、ふと思った。

この前「織部」で買ったご飯茶碗も、お味噌汁の器にしても良いし、コーヒーカップにしても良いんだ!

美味しかったし、ラテラルシンキングに目覚めた良い一日だった。

夕方から、もの凄い雷と雨が降った。五六市終了直前だったので、お店は大変だったかもしれない。早くに仕舞い終わっていたら良いのになぁと願った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

雪舟の庭

「芬陀院(ふんだいん)」と言う。これも東福寺の塔頭の一つだ。

お寺は参拝客が誰も居なくてひっそりとしていた。

玄関に入ると、女性が掃除機をかけており、僕らを見て慌てて掃除機を止め、

「あらあら、失礼しました。ようおこしやす。どうぞ、どうぞ」

と、気さくで軟らかな京言葉で挨拶してくれる。

二人で600円。ここの拝観料が一番安い。

本堂の長い縁側。その向こうに枯山水の庭園が。

20170706_142019-1328x747

等間隔で開けられた障子の間には、座布団が2つずつ置かれていた。暫くの間、参拝者は僕ら以外誰も居ない。

時折、枯山水の庭から涼しい自然の風が吹く。長い縁側には等間隔に蚊取り線香が置いてある。うっすらと煙が上がり、懐かしい香りがする。

煙が揺れ、また真っ直ぐ上がる。その度に涼しさを味わう。

一人、二人、参拝客がやってきたが、みんな静かだ。

茶室が二部屋。その横には坪庭。窓からは、掛け軸状に切り取られた障子の間から、枯山水の庭が見える。

20170706_143340-747x132820170706_143505-747x1328

手水鉢の一輪挿しが涼しげに咲いていた。

20170706_144205_001-747x1328

入り口で頂いた案内によると、この庭は雪舟が作庭したもので、折り鶴を表現した石と亀を表現した石が置いてあると説明にある。

亀はすぐに分かったが(「頭を立てて泳いでいる様子」というのは妻に教えてもらった)、折り鶴はよく分からなかった。「こちらから見たら折り鶴よ」と妻が教えてくれた。なるほど、方向を変えると折り鶴に見える。

雪舟さんはそのへんも色々と考慮して作庭したのだろう。やはりただ者ではない。

20170706_143911-1328x747

(手前が頭で、何となく折り鶴に見えませんか?)

いつの間にか、このお寺で随分時間を過ごしたようだ。数人居た参拝客も居なくなり、また僕ら二人になった。

少し狭いけど心落ち着く庭園、二つずつ並んだ清潔な座布団、蚊取り線香、手水鉢、茶室、坪庭。みんな良い。

帰りしな、受付の女性にお礼を言うと

「年中無休で、元旦から開けてますので、またおこしやす。おおきに!」

と、柔らかい京言葉で応えてくれた。

何だかこのお寺が一番良かったような気がする。

帰り道、お寺の塀沿いに珍しいアジサイが咲いていた。まだ三時半だった。

20170706_144620-747x1328

(柏葉アジサイと言うのだそうです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

半夏生と桔梗

九州北部の大雨による災害、心からお見舞い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------

京都、建仁寺塔頭、両足院の「特別拝観」が7月6日までだったので、慌てて行って来た。

「半夏生(半化粧)の庭園」で有名なお寺だ。

今年もたくさんの半夏生が咲いていた。この時期だけ葉の一部が白くなり、時期が過ぎると元の緑に戻るという不思議な植物。

20170706_120118-1328x747

鶴をイメージした池の周りに群生する半夏生は美しい。何年か前に初めて見た時、庭が見えたとたん、一瞬息をのんで見とれたことを思い出す。

20170706_115242-1328x747

座敷に座って、半夏生の庭を眺めていると心が落ち着く。次の予定があるのでいつまでも落ち着いて居るわけにはいかないので、立ち上がり両足院を後にする。

(注、「半夏生」:雑節の1つ。夏至(げし)から十一日目。太陽暦では七月二日ごろ)

因みに、この建仁寺はあの「風神雷神図屏風」で有名なお寺だ。

その後、四条から南に下がって東福寺へ。東福寺塔頭の天得院。ここは、このブログでも何度か紹介した「桔梗の庭」がある。ここも、7月10日で特別拝観が終わりだそうだ。

桔梗は、決して派手な花ではないが、庭一面に咲いていると見事だ。可憐な花たちが風に揺られて「ひそひそ」と話をしている。その声に耳をすます。そんなひと時が好きだ。

20170706_135537-747x132820170706_140656-1328x747

以前は、拝観の時に桔梗の絵が描かれた小さな団扇を配っていたのだが、今年はなかった。

少し暑かったので、縁側に座り、団扇であおぎながら庭を見たかったのだが、残念だった。

天得院を出て、帰ろうと思ったら「雪舟の庭」という小さな看板が目に入る。

『あの雪舟が作った庭?』どんな庭だろう? 興味津々、寄ってみることにした。(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

雨の日の探し物

昨日は、台風の影響で大変だった地域も多かったと思います。お見舞い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------

年中探し物をしている。人生の3分の1は探し物に費やしているのではないかと思っている(特に人生の後半は)。

日曜日に、仕事で使う本を、かなり長い間探していて結局見つからなかった。

昨日、帰って来てもう一度探した。見た記憶がある場所をもう一度(いや、4度目位かな?)探したらあった!!

「ええ、あんなに何度も探したのに!!」

特に分かりにくい所に隠れていた訳でもなく、普通にあった。もう、自分の目が信じられない。

やれやれと思って、自分の部屋のエアコンを点けようとしたら(今シーズン初めての使用)リモコンがない!!

それから1時間以上探したが見つからない。別な部屋に置いてるはずはないので、自分の部屋だけ探した。

それほど広い部屋でもないのに時間がかかる。寝る時間がすっかり遅くなってしまった。それでも見つからないので、何だかモヤモヤした気持ちで寝付けない。

朝起きたらパッと思い出すかもしれないと期待して無理々寝た。

朝起きても思い出さなかった。それで、部屋を徹底的に掃除しながら探そうと決意した。

隅々にあるものまで全部出して、掃除をしながら、要らない物を処分し、どんどん整理していったが、見つからない。

最後にコンセントボックスを綺麗に拭いてコード類を整理していたらボックスの陰にリモコンが落ちていた。

20170705_132256-747x1328

最後の最後でやっと見つかった。

でも、部屋がとても綺麗になり、かなりスッキリした。これで落ち着いて仕事が出来そうだ。

やれやれ……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

ええー! 自分でできるんや!

「サバ、イワシ、アジ 青背の魚は苦手やなぁ」

とおっしゃる方も多いと思う。でも、僕は好きなんです。

とりわけ、鯖寿司は大好きで、京都に行ったときは必ず買ってくる。

しかし、美味しいけど結構高い。

先日友人と話をしていたら、鯖寿司の話になった。彼は、

「結構簡単に作れるよ」

と言う。

『嘘やろぉ! それはないよなぁ』

と僕は思う。彼が言うには

「京都の○○の一本四千円の鯖寿司よりも美味しいよ」

「ええー!?」

作り方はいたって簡単。

スーパーで売ってる「キズシ」用のサバを酢飯に載せるだけ。後は半日寝かせたら食べられる。

早速作ってみた。

近くの生協で「キズシ」用に調理されたサバ(378円)を購入。家で酢飯(市販の寿司酢を使用)を作る。寿司飯をすのこで巻いて鯖を載せる。

ラップでくるんで、さらにアルミホイルでくるむ。後は冷暗所で半日寝かせる。切るときはラップをしたまま切った方が切りやすい。

そして、いよいよ夜に試食。

 

「うまーい! うまーい!」

思わず叫んだ。

我を忘れて食べる。途中で、写真を撮ることを思いだした。二きれ残った鯖寿司をかろうじて撮影。

20170702_182303-747x1328

京都の○○の一本4千円の鯖寿司より美味しいかどうかは別として、家で簡単に作れて、しかも、とても美味しい!そのことに感動。

鯖寿司の好きな方は騙されたと思って一度お試し下さい。

因みに、この鯖は一度冷凍してあるので、寄生虫とかの心配はないそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

アクセス地域ランキングと半夏生

ついに7月に入ってしまった。いよいよ下半期に突入した。今日は半夏生だとか。昨日スーパーに行ったら書いてあった。タコを食べると良いらしく、早速タコを買って来た。

半夏生と言えば、京都の「両足院」というお寺の半夏生の花(正式には葉である)はとても良い。

angesyou

(※自分で撮ったのが見当たらないのでwebから借りました)

天得院の桔梗も見頃だと思う。まとめて見に行こうと思う。

 

下半期に入ったからって何かが大きく変わるわけではない。でも、何だか焦る。

1年が速すぎるので、日々を大切にと思いのだが、何をどう大切にしないといけないかが分からない。

日々のルーティンをこなしているうちに1日が過ぎる。何をしたら1日を大切に生きたことになるのか、よく分からない。

「僕は1日をこんな風に過ごしたから、1年間がとても充実していた」

という方がおられたら是非教えて欲しいと思ったりする。

 

話は変わって、このブログにも「アクセス地域ランキング」というのがある。暫くの間「宮城県」がトップだった。宮城県は馴染みの深い地域なので、そこの方々がたくさん(どのくらいなのかはよく分かりません)

見てくださっていると思うと嬉しい。それがある日突然ランキングに入らなくなった。どうしたんだろう? などと考えていたら最近またトップに復活した。何故なんだろう?

アクセスランキングを見ると順位に関係無く、地元の近畿地方はもとより、いろいろな地域の方々がこのブログを見てくれているようで嬉しくなる(数はとても少ないと思いますが)。

どんな人が見て、どんな風に感じているんだろう? なんて想像するだけでも楽しい。そして、もっとしっかり良い記事を更新しないといけないなぁとつくづく反省する次第です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ