« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

寒風の中

大阪は、まだ雪が積もるということはないが、さすがに寒い。最高気温が3度などという日も珍しくない。日本中がこんな寒さの中にあるんだと思う。

久し振りにウォーキングに出た。本当に何日ぶりだろうか。やはり歩くと、代謝が良くなるのか、身も心もリフレッシュするようだ。

それにしても風が冷たい。寒さ対策は十分だと思っていたのに、耳当てを忘れたり、完璧だと思っていたブロックテックのパーカーが意外に寒かったりで、ちょっとめげてしまう。

それでも、暫く歩くと、自家発電のように体内で熱を生み出し、身体が徐々に暖かくなってくる。それでも顔に当る冷たい風は避けられないが、歩き出しと比べると随分楽になる。

モノクロの映画のような風景の中を歩いていると、公園の中に赤い蕾が。梅だ! いつの間にか、梅が小さな蕾をつけていた。

20180127_102849_001-1328x747

この時期になれば当たり前のことなのだが、毎年繰り返される、こんな些細な自然の営みが心を温めてくれる。満開に咲く梅の花が、春の風に揺れている光景を想像しながら帰途についた。

「冬来たりなば春……」

なるほど、なるほど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

一休み

インフルエンザからやっと解放された。

寝ていて出来なかった仕事を家でしている。

お節介なATOKが、「そろそろ休憩の時間です」というメッセージを送ってきた。

お節介を受け入れ、休憩することにした。

ストーブの前でジジ(♀黒猫4歳)が気持ちよさそうに寝そべって居た。

P1050460(1)

こんな風に何もかも投げ出して寝そべりたいとつくづく思う。

石油ストーブの暖かさは穏やかで良い。温風も無く、ヤカンがあるので乾燥もあまり感じない。

仕方ないので紅茶にスライスしたレモンを入れて机に戻る。

クッキーをかじりながら寛いでいるジジを眺めた。自分も寝転んでいるような気になってくる。見ているだけで何だか嬉しい。

ちょっと休んで元気が出て来た。仕事再開!

 

ふと気付くとパソコンの横にジジが……。いつの間に。

P1050461(1)

何処でも寛げる才覚がうらやましい。しかし、猫には猫の悩みもあるのかもしれない。

「寛いでいるように見えるかもしれないけど、実はいろいろと思索にふけっているのよ」

なんて思っているのかもしれないですよ。

今日はお陰で仕事がずいぶん捗った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

五六市~1月~

新年初の五六市だった。

まずは、名物「ごぼう汁」で暖を摂る。

20180114_110720_001-747x1328

写真で撮るとあまり美味しそうに見えないのだが、ごぼうの香りと出汁が美味しくて、身も心も温まる。

気温は低かったが、陽が差して、風も無く、良い「市」日和りだった。

お正月にお金を使いすぎたので、今日は控えめに、干支にちなんで、こんなストラップを。

20180114_165021-747x1328

それに、和歌山のレモンと野菜を少々。かなり謙虚な五六市になった。

お天気が良かったので、食べ物のテントの前は大勢の人だった。

20180114_114540_001-747x1328

(※百均で買った魚眼レンズを装着して写真を撮りました)

帰り道、名物の「あかつき」というどら焼きの、五六市バージョンを囓りながら、ほこほこと帰りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

新春初DIY

あけましておめでとうございます。今年も「ネコおんがく」よろしくお願いします。

年末に、ジムで突き立てのお餅をダイコンおろしでいただいて、「もうそろそろお正月やなぁ!」などと思っていたら、今年も既に10日!!

新年に入って、新春ガラガラ抽選で千円のクオカードが当ったり、Aプラザの年賀はがき下二桁の番号で2割引が4枚も当ったり、プチ・ラッキーが続いた。

今年は幸先良し!! などとほくそ笑む。

年末の物置の組み立てに続いて、新年はペンキ塗りが初DIYとなった。

まずは、昨年のリフォームの時に余ったオフホワイトのペンキ(油性)を使ってキッチンのドアのペンキ塗り。

うん、これはまずまずの仕上がり。

20180109_185049-747x1328

続いて、懸案の玄関ドア内側のペンキ塗り。

所々ペンキが剥げていたり、かなり汚くなっていたので、塗りたかったが、なかなかその気にならなかった。

意を決して、ヤスリ掛けをし、マスキングテープで養生し、トイレの配管を塗った時に余った真っ白のペンキ(水性)を取り出す。

楽に塗れると思っていた。

しかし……。

塗り始めたら、ペンキムラというか、刷毛ムラというか、どうも綺麗に仕上がらない。油性のペンキの方が良かったのか? 刷毛ではなく、ローラーの方が良かったのか?

20180109_184930-747x1328

調べてから作業をしたら良かったのかもしれない。でも、僕の性格上、思い立ったらすぐに行動しないと気が済まないので仕方が無い。

ドアの前で胡座をかいて腕を組んで唸っていたら、妻の「暖かくなったら塗り直せば良いやろ」のひと言で「なるほど、ペンキは何度でも塗り直せるんだ!!」というごく当たり前のことに気付いた。

春になったら若草色のペンキで塗り直そうと思い、そう思ったら気が楽になった。

今年はもう少しまめにブログを更新しようと心に誓いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »