« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

偶然

本日、最高気温24度。もう夏なの?

もう、辺りは大変で、木蓮、コブシ咲いてる、アセビも咲いてる、桜満開、名前は分からないけど花を咲かせている木はいろいろある。

普通は、木蓮、コブシが散った後に桜が咲き始めるという感じだと思っていたけど、何だか、いろんな木の花が一緒に咲いているような気がする。

これで良いのかな? 今年の春はちょっと変だと思う。

 

今日、車を駐めて用事を済ませて帰ろうとしたら、好きな物が揃っていた。

ミニと桜と夕方の月。

20180328_172553-747x1328

たまたま同じ方向にあった。何だか、意味も無くうれしくなる。

冬の初めに植えたチューリップが咲き出した。そのうちの一本を切り花にした。外では開ききっていたのに、部屋に入れたら、少ししぼんで、ちょうど良い形になった。

20180328_213438-747x1328

いつものことだけど、春は気持ちがざわついて落ち着かない。満開の桜の通りを車で走っていると、すごく綺麗なのに、何だか不安になってくる。ざわざわと胸が騒ぐ。

僕だけなんだろうなぁ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

春の訪れ

もう先週のことになってしまった。

暖かくなったのでいつもの植物園(大阪市立大学附属植物園・交野市)に行ってみた。

ここの名物のカタクリの花が咲いていた。あれっ? もっと遅い時期じゃなかったっけ? いや、思い違いらしい。やっぱりこの時期だった。

このように群生して咲いているのは珍しいのか、一眼レフのカメラを構えている人が何人かいた。

20180318_143715-1328x747

20180318_143704-1328x747

なかなか可憐な花で、知らなかったら「ああ、可愛いね」で終わりなんだろうけど、カタクリの花はなかなか珍しいと知ると、まじまじと見てしまうものだ。

スモモの花を初めて意識して見た。花びらがとても可愛い。知らなかったなぁ!!

20180318_120015-1328x747

アーモンドの花も今頃咲くそうで、桜に似た花びらだそうだ(僕は見たことないけど)。この時期っていろんな花が頑張って咲くんやなと改めて思う。

 

梅の花も終わって、「桜の開花がいつ頃か?」 などと騒がれるようになってきた。今年は寒かったので、遅いと思っていたら結構早いので驚く。

あんまり何もかも早く始まって、終わってしまうと淋しいのではないか? と思っても、こればっかりは自然のなせることで、人間がとやかく言うことではないけど、言いたくなる。

今までてっきり木蓮だと思っていた花がコブシだった。「ああ、ハクモクレンが咲く季節になったなぁ」と思って見ていたのに……実はコブシだった。

もうすぐにハナミズキが咲いて、ツツジも咲いて、サツキが咲いて……季節がどんどん進み、また冬になる。なんてことを考えると、焦らなくて良いのに何だか焦ってしまう。

やっぱり、今を楽しまないといけないと思う。「来年もこの桜を見られるのだろうか?」なんて言う人が多いけど、そんなこと考えてもちっとも面白くない。誰も来年のことは分からないのだから、そんなこと考えずに

素直に楽しんだら良いと思う。ねえ……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

DIY 鋳掛け屋さん

鍋に穴が空いた。

ステンレスの鍋で古い物だけど、大きさも使い勝手も良いので捨てたくない。この数ミリの穴を塞ぎたい。

取りあえず、ハンダで塞ごうと思った。きっちり塞げた。しかし、ハンダは熱に弱い。

案の定、コンロに掛けたら無くなった。ネットで調べたら、リベットという鋲状のアルミの部品で塞げるらしい。

試してみることにした。ホームセンターで一番小さなリベットを購入(一個しか要らないんだけど、一袋98円で無数に入っている)。

しかし、このリベットでも入らないので、ドリルで穴を少し大きくして、リベットを差し込む。

固いコンクリートの上で両面を叩き、平らにする。これで出来上がり。

Nabe_soko

Nabe_soto


(内側と外側)

そう言えば、昔、「鋳掛け屋さん」という職業の人が居て、鍋とか釜(何故あんな厚手の釜に穴があいたりするんやろ?)の穴を補修する。

近年はまったく見かけないし、「鋳掛け屋さん」という言葉自体が死語になっている。きっと、知らない人の方が多いと思う。

鍋を修理しながら、そんなことを考えていた。

今は、修理なんかしなくても、何でもすぐに手に入るので、ブリゴラージュ的な能力が衰えていると言われているが、修理してまた使えるようになるって何だか楽しい。

そう言えば、昔、うちの父なんかは、大概の道具は、壊れても修理して使っていたように思う。

さあ、後は壁紙とペンキの塗り替えだ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

机の上の小宇宙

それほど大袈裟なものではないが、自分には、何となくこ箱庭的な存在だ。

机に座って仕事をしたり、小説を書いたり、ふっと一息ついてこれを見ると何だか嬉しい。

客観的にはあまり意味の無い空間だけど、僕の中ではいろいろと想像が膨らむ。

20180313_093420-1328x747

そして、この道具たち。ちょっとした日常に欠かせない物が入っている。

20180313_093453-1328x747

そんな物が雑多に置いてある机の小宇宙。ここから、ささやかだけど、いろんなものが生まれている。

何も無いすっきりした机も良いけど、親密な物がちょっと雑多に置かれたこんな机も良い。

皆さんはどちらのタイプですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

そろそろ

お雛様を片付けようと思ったら、

20180309_222517-1328x747

ジジ(♀黒猫4歳)も混じっていた。

うーん、これじゃ片付けられない。まあ、福岡の柳川でも、お雛様は4月3日まで飾られているということなので、見習うことにした。

鬱陶しかった確定申告もやっと終わり、

バンドの練習もそろそろ。

同人誌の原稿もそろそろ。

車の掃除もそろそろ。

机の整理もそろそろ。

壁紙の張り替えもそろそろ。

でも、どれも嫌じゃない。

さて、そろそろ明日から……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

ここ一週間

内に入った途端、早春の香りがした。

ほんのり甘く、何だか切ない……。まるで初恋じゃないか。

そうかもしれない。久し振りだからね。

京都北野天満宮は2年振りか、3年降振りかもしれない。

先週のことだった。

梅は忘れずに、きちんと毎年咲いてくれるんやなぁって、妙に感動した。

20180303_1345281328x747
20180303_1341451328x747


ガラスのコップは、中にロウソクが入っていて、夜にはライトアップするそうだ。ロウソクのライトアップっていいなぁ!! 

ロウソクの仄かな灯りの中に無数の梅の花が浮かび上がっている光景が目に見えそうだ。一度見てみたい。

北野天満宮の近くにこんな古い酒屋さんがあった。今も営業しているみたいだ。ほとんど文字が消えている看板がすごい。一体いつから営業しているのだろう? 京都だから、かなり古いのだろう。
20180303_150637747x1328


五六市にも行った。

ずいぶん暖かくなったので、人も多かった。

この日はお昼過ぎに歩いたので、恒例のごぼう汁は売り切れていた。いつもの、和歌山から出店しているおじさんの八百屋さんでレモンとブロッコリーを買う。

レモンは大きいのが四つも入っていて2百円。もちろん和歌山産なのだ。大きなブロッコリーは100円。

こういう市って、毎月行っていても、何故か心踊る。出店している店の人もみんな頑張っている。若い人が多い。

20180311_1308571328x747_1


四苦八苦して確定申告をした。それほどの項目もないけど、医療費とか分かりにくい。

結局、時間を割いて作ったのに、7800円も納付しないといけないことが分かった。それまでに十分源泉徴収されているのに……。

税金って、全部合わせると、結構払っていることに今更ながら気付いた。「かけ」とか「もり」とか、不正に無駄に税金が使われていることに改めて腹が立つ。

この一週間、他にも、結構いろんなことがあった週になった。でも、春は確実に僕らの身の回りにひたひたと、やって来ている。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

アンラッキー、プチラッキー

やっちゃったー!!

いつもの通りから大通りに入る見通しの良いT字路で一時停止をしなかった(一時停止があるとは今までまったく意識していなかった)。

不幸にも右側から車がまったく来ていなかったからそのまま走った。

警官が止まれの合図。シートベルトはしているので、何だろう? と思った。

「一時停止ですよ」

と言われた。「エエー!!」

と言うことで、七千円の罰金。減点2点。

「こんな見通しの良い所で……」

でも、違反は違反だ。落ち込んだが仕方が無い。

 

翌日、ユ○○ロに春のチノパンを見に行った。

前から買おうと思っていたチノパンが通常より千円安かった。

「やったー!」(心の中で)

以前、安くなったと思ってレジに行ったら、安くなったのは違う棚の商品だったことがあったので、今回は商品名をきちんと確かめてからレジに向かった。

そしたら、何と、標準の値段を請求された。

値段の違いを指摘したら「確認します」と言って、店員さんが2人で首を捻っていた。

結局表示通り安くして貰った。

裾上げが終わって、受け取りに行ったら、値下げの表示が無くなっていた。

きっと、間違って、一週間早く出したのかもしれない。

本当にささやかなラッキーでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »