« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月15日 (日)

暑い!!

まだ七月の中旬なのに、この暑さ!!

地球が段々暑くなっている感が益々強くなってきた。

こう暑いと、お昼に熱いラーメンとか熱いうどんとかは、当然食べられない。

となると、そーめんとか、冷麺が多くなる。みなさん、冷麺はどうやって食べていますか?

キュウリとハムや焼き豚の千切りと錦糸卵、それにトマトなどを添えて、というのが定番かな?

今日は、あり合わせの野菜(レタスやトマト)に、ちょっと安かったアスパラを添えて、残っていた生ハムや竹輪も添え、最後に、半熟っぽい卵(ラップをしないで、電子レンジ500wで40秒)を載せて作ってみた。

タレは醤油味ではなく、ごまだれだった。

DSC_0528-960x540

食べる時は卵をつぶして麺に絡めて食べる。このメーカー(シマダヤ)の冷麺は特に麺が美味しい。

今日の冷麺も最高に美味しかった。

 

今日も最高気温が37℃だとか、

ジジ(♀黒猫4歳)がこんな所に寝そべっていた。ここは涼しいのだろうか?

DSC_0527-960x540

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

梅雨明けの五六市

暑かった、本当に暑かった!! 大雨の後にこんなに暑かったら被災地は本当に大変だと思います。心からお見舞い申し上げます。

 

五六市に行った。

暑かったのでほとんどスルーしてしまった。暑い中、お店の人もぐったりしていた。

DSC_0524-960x540

あんまり暑かったので、早めのお昼にした。

久しぶりに、ちょっとユニークな「学校風のカフェ」で食事をした。

生ビールが美味しかった(これはこの日に限りませんが)

ランチは、いろんな野菜が適度にソティーされていて、香ばしくて美味しかった。

ランチはチキンとエンドウ豆ハンバーグを選べる。僕はチキンにした。チキンはグリルチキンで、皮はカリッとしていて、中はジューシーという定番の焼き加減で、本当に美味しかった。

DSC_0520-960x540DSC_0521-960x540

ご飯は、かまどで炊きたての白ご飯と、玄米ご飯を選べる。

玄米にした。他の人の注文も、何気なく聞いていると、玄米が圧倒的に多かった。

みんなヘルシー指向なんだね。

これから毎日35℃以上、なんて日が続きそうだけど、みなさん呉々も熱中症にはお気を付け下さい。

あまりお茶を飲まない僕も。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

雨の七夕

ここ暫くの間お日様を見ていないような気がする。

各地に大雨の被害があり、心からお見舞い申し上げます。

うちの近くにも避難指示が出たりして困惑した。幸い、うちの方は高い所にあるので、洪水に関しては少し安心だ。

地震に続いて大雨、本当に、日本はどんな自然災害があってもおかしくない国なんだと改めて思う。原発だって、決して安全じゃないんだと思う。

今日は七夕なのに、強い雨が一日中降っている。天の川も洪水にならないと良いと雨空を見て思う。

僕が住む市と隣の交野市は七夕伝説がたくさんあり、街の中に、「かささぎ橋」とか、「機物神社」とか「牛石(ぎゅうせき)」とか「天の川」、「逢合(あいあい)橋」、「星ヶ丘(駅名)」、「星田(駅名)」等々がある。

仙台のように、特に大きな祭りとかはないが、七夕が根付いていると思う。今夜はすっきりと晴れて、星が輝く夜空であってほし(星)かったのだけど、本当に残念だ。

明日は五六市、雨がないことを祈ってお休みなさい。

tanabata

(※ネットから拝借しています)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

音楽はコミュニケーションだ!

と、とある著名なミュージシャンがラジオで言っていた。さらに、こう続けた。

「下手でも、上手くとも関係無く、人に聴かせたら良いんですよ。そうやってコミュニケーションが生まれたり、感動してもらったり出来るんだから。逆に貶されたって良いんですよ。それはそれで人に伝わっているわけだから」

「家で一人で弾いたり、歌ったりしても、それは単なる練習であって音楽ではないですよ」

この言葉に得心し、勇気を得て「サマーコンサート2018」に参加した。ある大手チェーン店のドラッグストアが毎回主催するコンサートだ。

参加料千円払えば、誰でも参加できる。といっても、参加するのはなかなか勇気がいるので、それ程多くの参加者はいないようだ。

二部構成で、第1部はピアノ独走や連弾で、第2部は合奏、バンド、歌、などになっている。

僕は第1部に参加することにした。自作のピアノ曲「風、八月の空に」という曲を演奏することにした。

第一部は僕以外はみんな小学生高学年の女子で、かなり上手い。リハーサルでの練習を聴いて驚いた。かなり高度なテクニックを駆使している。

これは勝負にならないので(勝ち負けではないが)僕は僕のスタイルで訴えようと思った。リハーサル終了後に若いスタッフの男性が「今日は朝から忙しくてバタバタしていてすごい疲れていたのですが、あなたのピアノを聴いて、すごく癒されました。気持ちが落ち着きました」と言ってくれた。緊張していた僕も、その言葉で緊張が幾分和らいだ。同時に、自分の音楽が人を癒したり、気持ちを落ち着かせたりすることが出来るという事実に感動した。

後ろから二番目の僕の番が終わった。結構落ち着いて演奏することが出来た。ホールの音響が良かったので、今までで一番良い出来だったかもしれない。

concert

演奏が終わって席に戻ると、後ろの席の知らないご夫婦が「良かったよ!! とっても良かった。感動した」と、わざわざ言ってくれた。

第一部が終わって休憩に入る。みんなが会場を一旦出る。その時に別なご夫婦が声を掛けてくれて「良かった!! 感動した。曲名にぴったりですごく良かった」と言い、握手まで求められた。一瞬知り合いの人かと思ったが、まったく知らない人だった。嬉しかった。本当に嬉しかった。今まで、この曲を別な所で数回演奏したことがあったがほとんど反応がなかったので、今回のリアクションは本当に意外で嬉しいことだった。

自分の作った音楽が人を癒したり、少なからず感動させる力があることに驚き、そのことに感動した。やっぱり音楽はコミュニケーションなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ