« 大塚美術館 | トップページ | 月の終わりのお楽しみ »

2018年7月25日 (水)

いろんなこと

外に出るのが大変だけど、出ないわけにはいかないので外にも出る。買い物もする。

庭を見たらオクラの実がなっていた。オクラの花って、一日しか咲かないので、ちゃんと見てやらないと気付かない内に散ってしまう。

早速収穫した。一本だけだけど。

オクラの花って可愛いので、実よりも、花を見るために植えた。と言うとオクラに怒られそうだが……。

この愛くるしい、可憐な花の実が、あのネバネバになるなんて、ちょっと想像できないですよね。ましてや、納豆と山芋と混ぜて、「強力ネバネバトリオ」なんて言われるとは、あの可憐な花からは想像できない。

これを人間に例えると……、いや、やめておこう。

DSC_0629-540x960DSC_0635-540x960

ホームセンターに行って、懸案の「突っ張り棒」を購入した。

地震の直後には何も無かった「防災グッズコーナー」には様々な商品が溢れていた。

自作の突っ張り棒はやっと役目を終える。

ホームセンターのトレイで用を足していると、個室から「ウオー!!」という雄叫びにも似た咆哮が聞こえた。一瞬ギクっとしたが、人には人の事情があるのだろう。でも、驚いた。

 

朝、水やりをしていたら、知らないうちに桔梗が咲いていた。紫の桔梗はとっくに枯れてしまったが、この桔梗は今頃咲いた。注意しないと気付かない位小さい。背丈10センチ位の小さな桔梗だった。

たくさん水をあげた。

 

DSC_0630-540x960

一昨日、バスで三つ目位の商店街で夜店が出るというので、行こうと思った。ここの「ボルボ(あの自動車メーカーです)」の夜店が面白い。ちょっとオシャレなつまみとビールがセットで350円などもある。

ついでに、どこかで食事をしようと思った。夕方、コンビニでお金を降ろしに往復10分ほど歩いたら熱中症の初期状態になり、夜店は取りやめた。

皆さんも、呉々も熱中症にはお気を付け下さい。

|

« 大塚美術館 | トップページ | 月の終わりのお楽しみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

モーツアルトさん。cute

連日の猛暑お見舞い申し上げます。
オクラの花って、ほんとうにかわいいですよね。
「花オクラ」ていうんだったか、
食べられるオクラの花があって、
そのきれいな花びらの色が食卓を涼やかにしてくれますよ。
なんと、花びらもねばねばします。
ご存知なかったら、一度お試しください。
野菜の花は、どれも美しいです。
でも、桔梗も大好きです。
この暑さの中咲いてくれて、愛おしさが増しますね。

日々いろんな出来事が起きますが、
どうぞご自愛くださいね。
まだこれから8月なので、先が思いやられますが…

投稿: a-kaki | 2018年7月25日 (水) 06時43分

毎日オクラを食べてますが、私もオクラの花が大好きなんですよ。我が家のオクラの花を少し前にFacebookやInstagramに載せたところです。酷暑の中で凛として涼やかに咲いていて良いですよね。

投稿: casa blanca | 2018年7月26日 (木) 10時07分

a-kakiさん
コメントがおそくなってすみませんでした。

>「花オクラ」ていうんだったか、
食べられるオクラの花があって、
そのきれいな花びらの色が食卓を涼やかにしてくれますよ。

それは知りませんでした。一度試してみたいです。しかも、花びらもネバネバしているなんてちょっと面白いですね。夏野菜カレーにオクラを入れるのが好きで、もう少し収穫出来たらカレーにしようと思っています。
うちの桔梗は何故こんなに小さいのだろう? と不思議に思っています。でも、本当に愛おしいです。

投稿: モーツアルト | 2018年7月28日 (土) 10時50分

casa blancaさん
コメントがおそくなってすみませんでした。

>毎日オクラを食べてますが、私もオクラの花が大好きなんですよ。

毎日と言うことは、たくさん植えていて収穫されているということですね。羨ましいなぁ。うちはプランターに一株だけなので、きっと、もうすぐ終わってしまいます。来年はもっと沢山植えようと思っています。本当に癒される花ですよね。

野菜の花は一様に可愛いのですが、オクラは女王様という感じがします。

投稿: モーツアルト | 2018年7月28日 (土) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187847/66983189

この記事へのトラックバック一覧です: いろんなこと:

« 大塚美術館 | トップページ | 月の終わりのお楽しみ »