« 世界の美しいことばⅡ | トップページ | プチラッキー »

2019年3月16日 (土)

春風にのって♪

ひな人形も片付けたし、チューリップもずいぶん大きくなってきたのに、風が冷たく、寒い日がつづく。
そんな折りに、神戸のライブハウスで、またまた下手な歌を歌ってきた。

「杉田じゅんじ&たら」さんのコンサートの第2部のコーナーへの参加で、素人が自分で楽器を持ってきて歌うというコーナーなのです(僕はピアノなのでステージのを借りました)。

生憎の雨で、しかも風がけっこう強い日だった。地下鉄の大倉山駅で降りて、すぐ近くのはずで、しかも、去年も行っているのに

迷ってしまった。スマホの地図を見ると、すぐ近くなのに分からない。「北東に行け」と言われるが、どっちが北か分からない。

すぐに方位磁石のアプリをインストールしたが、何だかよく分からない。うろうろすること20分、ふっと気付いたら近くにあった。

何だかキツネにつままれたような妙な気持ちだった。取りあえずホッとする。

今回はオリジナル曲ではなく、懐かしい古い曲で「いちご白書をもう一度」という曲にした。

あまり春らしくないけど……。

20190316-105625

(※素のままの写真は本邦初公開です?)

 

もちろん他の人も歌っていたのだけど、みんなすごく良いギターを持っていた。楽器屋さんでもふだん見られないギターを見て、音色を聞いてきた。

それだけでも価値があったかもしれない。

|

« 世界の美しいことばⅡ | トップページ | プチラッキー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

モーツァルトさん

春の嵐の日のライブなんて、そのまま小説になりそうですね。しかも、良く知っている道で迷うなんて。
キツネにつままれたような妙な気持ち、私も経験あります。すごく良く知っている場所で迷いました。焦ると、全く回りが見えなくなって、ますます焦ってしまいます。南北が逆になったりして。

人の前で歌うって、気持ちいいだろうなぁ。健康にもいいし。

我家のチューリップも、少し背丈をのばしました。もうすぐ春ですね。

投稿: びーのえむ | 2019年3月16日 (土) 16時16分

モーツアルトさん。

「いちご白書をもう一度」はとても好きな歌です。
モーツアルトさんがどんな風に歌われるのか聞いてみたいです。

ギターでもピアノでも、楽器が弾けたなら…
そして、歌が歌えたなら…
人生変わっただろうなぁって思います。
音楽のセンスがある方はうらやましいです。
音楽で自己表現って、素敵ですね。

あ、行ったことあるのに迷ってしまったこと、
わたしもあります。
やはり、何かにとりつかれたような気になりました。💧

投稿: a-kaki | 2019年3月16日 (土) 23時17分

びーのえむさん
コメントがおそくなってすみませんでした。

>焦ると、全く回りが見えなくなって、ますます焦ってしまいます。南北が逆になったりして。

本当にそうなんですよね。僕も南北が逆になっていたりして、焦ってしまいます。しかも雨が降っていてパニックになります。見つかった喜びが大きくて、演奏で緊張するなんてすっ飛んでしまいました。良かったかもしれませんね。

投稿: モーツアルト | 2019年3月17日 (日) 22時06分

a-kakiさん
コメントがおそくなってすみませんでした。

>「いちご白書をもう一度」はとても好きな歌です。
モーツアルトさんがどんな風に歌われるのか聞いてみたいです。

a-kakiさんも好きなんですね。うれしいなぁ。この曲は割と歌いやすいので選びました。さびの一番高いはちょっと出にくかったですが……。
FBに動画で出そうとおもったのですが、改めて聞くと、やっぱり出せないと思って止めました。もっと上手くなってからですね。
ギターもピアノもそこそこで、なかなか上手くはなりませんが、最近、そこそこでも良いかぁなんて居直っています。

投稿: モーツアルト | 2019年3月17日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春風にのって♪:

« 世界の美しいことばⅡ | トップページ | プチラッキー »