« 覗いている子だーれだ? | トップページ

2019年11月10日 (日)

お絵かき

何故か急に絵が描きたくなった。絵が得意かと言えば、まったく得意ではない。どちらかと言えば、今まで一番したくないことだった。

楽器を弾いたり、小説を書いたりすることは好きだけど、絵は一番苦手だった。

植物園に行くと、絵を描いている人をよく見かける。「何が楽しくて絵なんて描くんだろう?」と思ってた。それなのに突然。何故なのか自分でもよく分らない。取りあえず、ネットで絵の具(40色固形水彩絵の具、筆付き)を買って、文房具屋さんでスケッチブッックを買った。そして植物園に行った。

ビールを飲みながらお弁当を食べて、いよいよお絵かき。

シープペンシルで下書きして、水彩絵の具を塗る。紅葉の風景が綺麗なので、何だか心も弾む。しかし、上手く描けない。それでも、ペンの動くまま、筆の動くまま、描いた。根気がないので、細かいところまで丁寧に描かない。ざざっと仕上げる。それでも、一枚の絵に90分は掛かる。

3回植物園に行って、3枚の絵を仕上げた。稚拙な絵なのに、ここで公開するのはどうしてかと言えば、僕のように絵が苦手で敬遠していた人に絵を楽しんでもらいたいからだ。絵は楽しい! 下手でも楽しい! 稚拙な絵でも、風景を描いていると、心が躍る。

「そんなことはないやろう!」と思うかもしれないけど、ホントです。上手く描こうと思わなければ、本当に楽しい。本当ですよ!

僕の友人に、描いた絵の写真を送ったら「写真よりも、絵の方がほんわか、心に響きます」と言っていた。写真の上手な人は別だが、僕のように下手な人間が写真を撮るよりも、下手でも、絵の方が心に響くらしい。

絵を楽しみましょう!

メタセコイアの風景

大山桜の風景

ユリノキの巨木


 

|

« 覗いている子だーれだ? | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

モーツァルトさん

絵画、とても素敵じゃないですか!

絵を拡大できないので、切手ぐらいの大きさので見せていただきましたが、何とも言えないほのぼの感と、爽やかさが伝わってきました。

作者が楽しんで描いておられるからでしょうね。

新しい楽しみ、もう一つゲット! ですね。モーツァルトさんの人生はますます豊かになっていく。

先日、『美の巨人たち』というテレビ番組で、ゴッホの糸杉の絵を見ました。それも素敵でしたよ。

投稿: びーのえむ | 2019年11月11日 (月) 14時37分

びーのえむさん
コメントがおそくなってすみませんでした。
恥ずかしながら公開しました。後悔しないと良いのですが?
妻は、長谷川義史さんの絵をもの凄く下手にしたような絵と言っていました。
僕にはそれが褒め言葉に聞こえます(笑)
絵を描くと小説の描写の意味がよく分るように思えてきます。
本当に寒くなるまで、植物園に行って描き続けたいと思っています。
ありがとうございました。

投稿: モーツアルト | 2019年11月15日 (金) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覗いている子だーれだ? | トップページ