« 水彩色鉛筆~その3~ | トップページ | 真冬が来ないうちに梅が咲いた »

2020年1月31日 (金)

ストーブ@お絵かき

今日で一月も終わり。

さて、お絵かきなのだけど、室内で描き始めてから4作目になる。

何を書こうか? と考えて、ストーブにした。この形が好きなので、描いておきたいと初めから思っていた。

うちのストーブは本当はアイボリーホワイトなのだけど、グリーンが好きなので、色を変えた(ごめんね)。

買う時も、グリーンを買いたかったのだけれど、同じ物なのにグリーンだと一万円近く高くなる。それで、やむを得ずこの色にした。

それと、筒の部分にセーフティガードが付いてるのだけど、描くのが面倒なのでやめた。

このストーブのアイデンティティーである、青い炎が上手く描けなかった。残念!

でも、これで後は描く物がなくなってしまった。あと一つお気に入りのアイテムがあるのだけど、色が黒と白だけなので、何だかもう一つ意欲が湧かない。

それは何かというと、「エレピアノ」なのです。色もそうだけど、形もシンプル過ぎるしなあ。ジジ(♀黒猫7歳)を描いたら? と言う人もいたけど、この子はそれこそ黒一色だし、ジッとしてないし無理かもしれない。

ということで、色々考えてみた。そしたら自転車かあった。外に置いてるけど、家の中に入れて描いてみようかと思う。

|

« 水彩色鉛筆~その3~ | トップページ | 真冬が来ないうちに梅が咲いた »

コメント

もう一年の十二分の一が過ぎたのですね。毎回、「大和尼寺精進日記」を見ると、わあ、今月も終わりだあと思います。二月は短いからまたすぐに終わるんだろうな。
アラジンのストーブ、懐かしいです。青い炎がチロチロと燃え、ほんのりとした暖かさがあって。実家でも、結婚してからもずっと使っていましたが、灯油を買うのが結構大変で、いつの間にかエアコンだけになりました。ストーブの上でお湯を沸かしたり、ちょっとお鍋を温めたり。便利ですよね。石油が燃える匂いも、何とはなしに郷愁を覚えます。

投稿: びーのえむ | 2020年2月 1日 (土) 16時39分

モーツアルトさん。🎨

描かれるたびに
モーツアルトさんらしさ?というか
個性のようなものがはっきりしてきて
とてもいい雰囲気ですね。このタッチ好きです。
そして描いてみたいな~って思うようになりました。
きっとモーツアルトさんが楽しんでらっしゃるからですね。
それが伝わる作品ってすごいですね。

投稿: a-kaki | 2020年2月 1日 (土) 22時46分

びーのえむさん
コメントがおそくなってすみませんでした。
昨日の午後から熱が出て、伏せっています。幸いインフルエンザではないようですが、熱、鼻水、くしゃみでゼイゼイ言ってます。

>毎回、「大和尼寺精進日記」を見ると、わあ、今月も終わりだあと思います。二月は短いからまたすぐに終わるんだろうな。

ああ、いっしょだ!! 僕もこの番組を見て、ああ今日で今月も終わりだ、なんて思ってます。

そうなんです。このストーブ、結構面倒なのです。それでも、この形と炎の色に惹かれてしまいます。冬に欠かせないアイテムになりました。

投稿: モーツアルト | 2020年2月 4日 (火) 22時30分

a-kakiさん
コメントがおそくなってすみませんでした。
昨日からの発熱で苦しんで(?)います。幸いインフルエンザではなかったので、ほっとしています。

>個性のようなものがはっきりしてきて
とてもいい雰囲気ですね。このタッチ好きです。

ありがとうございます。特に何も意識せずに描いているのですが、下手なりに、自然に自分らしさが出るのでしょうか? そうだったら嬉しいです。

>そして描いてみたいな~って思うようになりました。

センスの良いa-kakiさんですから、きっと良い絵になると思います。是非描いて下さい。

投稿: モーツアルト | 2020年2月 4日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水彩色鉛筆~その3~ | トップページ | 真冬が来ないうちに梅が咲いた »