« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月29日 (月)

大原の里

思い立って大原の里に行って来た。
随分前に車で行った時は渋滞で大変だった記憶がある。しかし、この状況下では車も人も少ないだろうと思った。
予想通り、車も少なく、観光バスは一台も無かった。団体客や外国人観光客は皆無でひっそりとしていた。
少し雨が降ったので、三千院や寂光院は新緑がより一層美しく、苔は瑞々しかった。
三千院・往生極楽院を抜けた苔の中に小さなわらべ地蔵が笑っていた。


さらに上ると「紫陽花苑」がある。急に無数の紫陽花たちに出会える。それぞれが微笑み、色とりどりの色彩を誇示していた。
門前の小さな食堂で、湯葉の付いた「にしん蕎麦セット」を食べた。妻は湯葉うどんセットを頼んだ。もちろん、柴漬けも付いている。意外とリーズナブルで驚いた。



寂光院はさらに静かで、沙羅双樹の花が咲き、諸行無常の鐘が新緑の中にひっそりとあつた。本堂は放火により焼失して、再建されたのだけど、20年経った今は、新しさは無く、建礼門院の時代から続く風景にしっとりと馴染んでいた。


庭園の苔の真ん中に小さなお地蔵さんが一体、小さな手を合わせ合掌していた。僕も思わず合掌してしまう。
大原の里は昔のままの静かさと、のどかさを忘れていなかった。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

半夏生

「半夏生」とは、七十二侯から取られた名称で7月2日~七夕(七日)までの期間を言うそうだが、今日取り上げたのはいつもの植物の方だ。

京都祇園、建仁寺の塔頭、両足院の庭園に咲く「半夏生」(ドクダミ科))なのだ。

去年は外国人観光客で埋め尽くされていた建仁寺はほとんど人が居なかった。学生時代に平日に来た時はこんな感じだったと思う。

初夏の建仁寺は静かだった。池に咲く蓮は伸び伸びと葉を茂らせ、赤い蓮の花が初夏の風にゆらりゆらり揺れていた。

両足院は拝観料が少し値上げしていた。その代わり、庭を歩くことが出来るのだそうだ。昔は普通に庭が歩けた。今年は観光客が少ないせいだと思う。半夏生は白と緑のコントラストが美しく、群生している様は見事だった。庭巡りをした後、座敷に上がり、縁側に座って庭を眺める。時折、庭から涼しい風が入ってくる。何て穏やかで、贅沢なひとときなのだと思った。







帰り道、祇園花見小路を通ったのだけど、いつもの溢れかえる程の観光客もその姿は無く、地元の人が数人、のんびりと歩いているだけだった。




 

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

初夏のお絵かき

先週のことである。

本格的な夏が来る前にと思って植物園にお絵かきに行った。

暑いことは暑いけど、真夏に比べると、まだ十分にましだと思う。

植物園は描きたいところは一杯あるのだけど、描けるところが段々少なくなってきた。

花はまだしも、樹木は難しい。建物は何もないし、樹木以外に描ける物はない。

今回は仕方なく、以前にも描いた「ユリの木広場」のユリの木とメタセコイヤを描いた。

長時間坐って描くので、日向は暑いし、日陰に入ると蚊が寄ってくる。蚊よけスプレーとか持って来てなかったので、蚊に刺されながらのお絵かきだった。

元々人が少ない場所ではあるけど、コロナの影響なのか、さらに人が居なかった。のびのびと絵を描くことができた。

でも、このシーズンではこれが最後かなと思う。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

三つの再開

6月に入って一番待っていた三つの施設が再開された。

一つはスポーツジム、二つ目は植物園、そして三つ目は図書館。

とりあえずこの三つが再開されると僕の日常は随分変わる。

3ヶ月筋トレなしは結構きつい。家には3キロのダメベルしかないので、筋トレにもならない。

ジムでマシンをしたら、筋肉は記憶しているけど、かなりきつい。いつものコースをしてみたが、大変だった。

もうしばらくはきついのだと思う。

植物園再園の日に行って来た。久しぶりにお絵かきをしてきた。ほとんど人が居ず、絵を描くスポットの一つで、普段は何人かの人が絵を描いている沼杉に誰も居なかった。心置きなく下手な絵が描ける。

もうすぐ暑くなって行きにくくなるので、まだ比較的ましな今月位は暇を見て行こうと思っている。3ヶ月も待ったのだから。

図書館からも本を借りてきた。これで、暫くの間読む本が無いと嘆くこともなさそうだ。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »