園芸・栽培

2020年7月26日 (日)

窓を開けると

朝、芽を覚まして窓を開けると、こんな光景を目にする。



夏だなあとつくづく思う。

夏の暑さは嫌いだけど、こんな光景は夏ならではだ。

今年はまだそれほど暑くはないけど、その内、災害とでも言える暑さがやってくるんだろうなあ。

| | コメント (2)

2020年5月22日 (金)

初夏

コンプライアンスが全くない男が検事長をしていた。そして、さらには検事総長になろうとしていた。驚いた! 信じ難いことだ。

しかも、発覚前にギリギリセーフで法案を見送った疑いも強いらしい……。(ため息……!)

 

不愉快なので、この話は置いといて、

夏の定番、朝顔の種を植えた。去年の花が終わりの時に少し捕獲していたものと、友人からいただいた空色の種が。

朝顔は無事に芽が出た。新しい土がなかったので、古い土に百均で買った腐葉土と赤玉土を混ぜて再生土を造った。

夕顔も植えたけど、まだ芽が出ない。夕顔は難しい。

朝、ウォーキングしていたら、「たちあおい」が咲いていた。これも初夏の定番だ。

コロナの猛威や永田町の猛威と関係なしに、初夏は確実に訪れるものだ。

| | コメント (4)

2019年10月23日 (水)

相思草

昨日の植物園の続きです。

もう、帰ろうかなと思ってちょっと休んでいたら、ここのスタッフが見学者に解説をしていた。

僕も気になって一緒に話を聞いた。彼岸花の話しだった。

でも、もちろん、彼岸花は既に終わっている。スタッフが草を掴んで説明していた。

「これは、彼岸花の草です。葉も茎も枯れてしまった後に、この草が出てきます。ですから、花と草は同じ身体でありながら出会うことはありません。それで、彼岸花のことを相思草(相思花)とも呼びます」

これは驚いた。まったく知らなかった。花が散って、茎が枯れたら終わりだと思っていた。しかも、彼岸花が球根だとも知らなかった。

「お互いに思い焦がれていても決して会うことは無い」

なんて、ロマンチックな話だ。みんな喜びそうな話だ。そんなことを思いながら咲いていたとは、何て健気なんだろうとしみじみ思った。もちろん、それは人間が勝手に思っていることなんだけどね。

(※彼岸花の草)

| | コメント (2)

2019年10月17日 (木)

部屋中金木犀

二度咲きの金木犀が満開で、外では良い香りをまき散らしている。

もうすぐ散りそうなので、外だけではもったいないので、部屋に入れることにした。

部屋に入れると、外よりも香りが強く漂う。癒され、身体が浄化されるような気がする。

一度は諦めた金木犀、この時期に二度咲きするとは!

嬉しいことです。

Dsc_2695864x1536


 

| | コメント (4)

2019年10月14日 (月)

やっかいな金木犀と綺麗な月夜と妖艶な夕顔

金木犀が二度咲きした。以前に咲いて、あまり匂わず、そのまま散ってしまった。
それがまた咲いた。今度は匂う(らしい)。妻がすごく良い香り! と言っていたので、専用庭に出て匂ってみたけどあまり感じなかった。
この匂いは人を選ぶのかもしれない。それにしても、金木犀が二度咲くなんて初めてだ。驚いた!

友人からラインがあって、月が綺麗だというので、庭に出て月を見たら本当に綺麗な満月だった。そして、ふっと、庭を見ると、夕顔の花が二つ、大きく開いていた。暗い庭にぽっかりと二つ、まるで満月を楽しんでいるように咲いていた。この取り合わせ、幻想的で非現実的な趣があった。
良い夜だった。








 

| | コメント (2)

2019年8月18日 (日)

朝の恵み

朝、専用庭の水やりをしたら、こんな収穫があった。

オクラと「オカワカメ」

オクラは有名人だから知っていると思うけど、「オカワカメ」は新人だ。

NHKの「趣味の園芸」で紹介されていた野菜で、スーパーとかでは見かけない。

知人に苗と味見用のオカワカメを貰ったので、試食してみたら、これがとっても美味しい。ツルムラサキの仲間みたいだけど、

まったく癖がなく、これだけでとても美味しい。サッと湯がいて食べる。ポン酢も合う。その名の通り「ワカメ」みたいな歯触りだ。

ひと株しかないので、たくさんは食べられないけど、少しずつ、暫くの間食べられそうだ。

ささやかだけど、こういう恵みは嬉しい。

 

| | コメント (2)

2019年6月23日 (日)

夕顔

去年できた夕顔のタネを植えたけど、全然芽が出なかった。

仕方なく、新しいタネを買ってきて植えたら芽が出た。これでひと安心。

朝顔も植えたのだけど、夕顔もないと淋しい。

夜中にふんわりと咲く白い花。近づくと石鹸の匂いのする美人(あくまでも比喩です)のような良い香りがする。

朝の元気な朝顔も良いけど、夜の夕顔はまた格別だ。何と言っても美人だ。

去年は部屋からは見えない所に植えてしまったので、今年は部屋からも見える所にした。

夜中に、カーテンを開けたら、ふんわりと咲いた美人の姿が見られるのが楽しみだ。それが月夜だったら、これもまた良い。 Dsc_2229864x1536

| | コメント (2)

2019年1月20日 (日)

春は近いのか?

スキーの準備をしようと思い、ベランダの下に入れていた板を取り出し、メンテナンスを始めた。

ふと、横のプランターを見ると、11月に植えたチャーリップの芽が出ていた。目の先っちょに微かに色が付いていて、どの色の花が咲くのかが分かる。

暫くの間、プランターには何の兆候も見られなかったので、何だか感動した(大袈裟だけど)。

DSC_1452-1040x780

スキーの板は完璧にメンテナンスしたので、いつでも行ける。が、今年は何だか億劫に思うこともあり、まだ気分が熟していない。

メンテナンスを終えて、近くの神社まで散歩に行って来た。境内の梅はどんな様子やろ?

「あっ、もう膨らんでる」

早咲きの小さな梅の木の蕾がすっかり膨らみ、今にも咲きそうだ。いや、もう咲いてる。

DSC_1454-1040x780

春はやっぱりそこまで来てる。早くスキーに行かなくっちゃ。

DSC_1450-540x960

みなさんの所は如何でしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

準備

本格的な夏が来る前にいろいろと準備をしておこうと思った。

まずは、かなり鬱陶しくなってきた我が家の狭い庭をスッキリすること。

サツキが終わったので、刈り込んだ。

DSC_0033-960x540

これだけでも結構さつぱりした(と思う)。

それから、オクラと朝顔の苗を植えた。オクラの花が楽しみだ。オクラは白い花しか見たことがないけど、赤とか黄色とかあるんだろうか?

DSC_0035-960x540

単に植えただけじゃなくて、プランターの古い土を出して、赤玉土と腐葉土を混ぜて再生する。それに、新しい土を加えて苗を植える。

古い土を出した時に、ナメクジやゲジゲジ、ムカデ(今回は出なかった)などと遭遇する。その都度退治する。

なので、すべて終了すると汗びっしょりになる。

シャワーを浴びて、ビールを飲んで水分補給。その後お昼寝。

四時頃目を覚まし、ウォーキングがてら買い物に。駅までの途中に、ここでも夏の準備がしてあった。僕よりももっと本格的だけど。

DSC_0036-960x540

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

朝顔、夕顔、夕焼け

やっと梅雨らしい天候になってきた。今まで珍しくスカッと気持ちの良い天候だったので、あまり嬉しくはないが、梅雨なので仕方がない。

夏の定番。そして夏休みの象徴。絵日記のアイテム。そうです。それは朝顔!

朝顔を植えるのに毎年ぐずぐずしていて遅れてしまう。今年も先々週やっと種を植えて、ようやく芽が出て来てプランターに植え替えた。

夕顔は先週植えて、一つだけ芽が出たので、これもプランターに植え替えた。朝顔も夕顔も、去年と同じように、暑い盛りはあまり咲かないで、

夏の終わり頃に盛りになるかもしれない。どうも植えた人間(僕です)と同じでピントがずれてる。でも、一応、準備も出来てひと安心。

20170625_154923-1328x747

一昨日、久し振りに夕焼けを見た。近所のスーパーを出て空を見上げると

夕焼けがあった。夕焼けって特に珍しいものでもないのに人を感動させる。それは僕だけではなかった。何人かの人が駐車場に立ち止まって空を見上げていた。

「きれいね!」「きれいね!」

つられて、店から出て来た人も空を見上げる。

20170622_191801-1328x747

梅雨があけると憂鬱な真夏がやってくる。じっと耐えて秋を待とう。

いやだなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧