グルメ・クッキング

2017年4月25日 (火)

電気圧力鍋

最近、その存在を忘れていた。いっ時はかなり頻繁に使っていたのだが、最近はまったく使っていない。

これではホコリが付いて汚れてしまうだろうと思い、カバーを作ることにした(それなら使ったらどうだと思うのだが、それはそれとして)。

幸い(何が幸いかよく分からないのだが)、前に、トートバッグにショルダーのベルトを付けたときの糸が余っていたので、それを使うことにした。

ついでに、コードを入れるポケットも付けることにした。ミシンでしようと思ったが、ミシンもしばらく使ってなかったので、何だか煩わしくて手縫いにした。

あまり上手じゃないので、結構根気強くコツコツとやった。そしてついに完成!

ふむふむ、我ながら頑張ったと、しみじみと眺めました。

20170423_084834_001-747x132820170423_084814-747x1328

完成した暁に、鶏の骨付きモモ肉の軟らか煮をこれで作りました。こちらもとても美味しく出来上がった。

調理器具って、やっぱり、時々使ってあげないといけないとつくづく感じた日でした。

ついでに、鶏の骨付きモモ肉(小さいやつです)の軟らか煮のレシピです。

1、鶏をグリルで焼く(9分位。焦げ目が付く程度)

2、醤油、酒、酢をそれぞれ50㎜ℓと砂糖大さじ2杯位(お好みです)水100㎜ℓの出汁を作る

3、焼いた鶏肉と出汁を入れ、高圧6分でセット

4、その後、出汁が少なくなるまで煮込む(圧力鍋でしない場合は、いきなりここに来ます)

5、出来上がり

柔らかくてとても美味しいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

とんこつラーメン

ずーっと前から気になっていた「博多ラーメン」の店がある。

よくその店の前を通るのだが、時間が中途半端なので、一度も入ったことがなかった。

昨日、ちょうどお昼過ぎに近くに居たので食べてみることにした。

1時前だったので混んでるかな? と思ったら結構空いていた。

半熟玉子入りのとんこつラーメンを注文した。

わくわくしながらラーメンが出来るのを待つ。

来ました、来ました。

美味しそうな細麺。白っぽいとんこつスープ。

ん? いつものあの独特の匂いがちょっと違う?

まあ、取りあえずひと口。

「ん? ん?」

ズルズル。

「ん? ん?」

外れだった。

面は少し固めの細麺でいいのだが、スープが全然ダメだった。

九州で何度も食べたとんこつラーメンとはまったく違う。脂っこいだけで、まったくコクが無い。美味しくない。

でも、もったいないのでスープ意外は全部食べた。

とんこつラーメンを食べて、初めて不味いと思った。昼時なのに客が少ない理由が分かった。

福岡出身の蒼井優さんが、テレビで

「(東京では)美味しい豚骨ラーメンが食べられないのが辛いです。似ているけど、やっぱり福岡のとは全然違います。変に脂っこいか、変にあっさりしているかのどちらかで、なかなかあの味にであえません」

と言っていたが、大阪でも同じだと思う。

今月の初めに福岡で食べたあの豚骨ラーメン、美味しかったなぁ!

なかなか出会えないのです。

tonkotu

(※イメージです。ウェブサイトから拝借しました)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

秋の……

やっと「秋の……」という形容詞が自然になってきた。

「秋の空」「秋の雲」「秋の夕焼け」

街を歩くと「ふっ」っと金木犀の香りがしたような気がした。実物を探したが見当たらなかった。気のせいかもしれない。

夕方ウォーキング(徘徊ではありません)をしていたら、どんよりと曇った西の空が少し破けていた。

ほころびから夕日が漏れていた。

20160924_174911

こういう風景を絵に描けたらいいなぁとつくづく思う。

絵心がないので、いつまでも見ていることしか出来ませんでした。

 

話は変わって、サンマを味噌漬けにして焼いて食べた。

「秋の味」がした。

sanma

(※ネットから拝借しました)

そのまま焼いて食べても美味しいのだろうが、サンマは味噌漬けにして食べるのが好きです。

七輪で焼いて食べたらもっと美味しいのでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

久しぶりの学食

台風が四国から近畿に近づいています。どこも大きな被害が出ないように祈るばかりです。

 

最近外食などでお金を使いすぎてかなり金欠(死語かもしれない)状態だった。お昼を出来るだけ節約しようと思い、学食で食べることにした。ここでは、ほとんどが300円台で、ちょっと豪華でも400円台で食べれる。

20160919_14513420160919_145124

今日は祝日であるが(19日)授業が始まるので、さすがに学生がたくさん並んでいた。

「冷たいうどんセット」350円にした。

冷たいうどんに肉そぼろ丼がセットになったもので、適度にボリュームもあり、ちょうど良かった。

それで、味はどうなんだ? と思われますよね。

それが、意外に美味しい。

うどんもしっかりコシがあり、出汁も美味しい。肉そぼろ丼もしっかり味付けしてあり、これもなかなか美味しい。

これで350円は安いと思う。

学食は種類もたくさんあるので、結構楽しみだ。ラーメンだけだと200円台で食べることが出来る。お財布が淋しいのでやはりとても助かる。

私大への補助金がだいぶ減ってきており、学費が上がり、学生の生活も結構厳しくなっている。そんな中、学食はやはりありがたいと思う。リーズナブルにお腹を満たしてくれる。

 

今回は学生が周りにたくさん居たので、写真は撮れなかった。

あまり詩的な話じゃなくてすみません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

オクトーバーフェスト

あいにくの雨だったが、オクトーバーフェストに行って来た。

りえさんに教えてもらい是非行ってみたいと思っていた。

なんせ、大好きなドイツビールとソーセージの店がたくさん出ているということだ。

これは万難を排して行かなくっちゃ。

午前中ジムに行って、しっかり汗を流し、その足で会場へ。徒歩7、8分の所だ。

会場に着いた頃に雨も上がり、丁度良いタイミングだった。足元がぬかるんでいたが、屋根はあるし、まあ、これくらいは仕方が無い。

そして、食べましたよ、ソーセージセット。そして、ドイツビール。

20160918_12274520160918_123741

(※写真撮るの忘れていて食べちゃいました)

20160918_124758

ビールの値段高めだったので、2杯で我慢して、この後さらに別なお店でお昼を食べたので、もう、それはそれはお腹が一杯でした。

腹ごなしにTサイトをうろうろし、面白い品を見つけたり、本を探したりしているうちに、あっという間に3時間も経っていた。それでも、まだお腹が一杯で腹ごなしにはならなかった。

夕方までお腹が一杯で、もう晩ご飯は要らない、などと思っていたが、結局、ビールを飲んで、ご飯もしっかり食べてしまいました(^^;)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

ポンせんべいの黒豆君

豊田勇造さんの小さなコンサートでポンせんべいを買った。

なぜポンせんべいなのかと言うと、彼の福島の友人が原発事故のため長野で避難生活を続けているが、その方の工房でこのせんべいを作っているそうだ。

20160516_215845

(「食工房やまぼうし」一袋250円)

自家製の米と、天塩と黒豆だけの素朴な味で、しかもパリパリとした食感がなんとも良くて、ついつい一袋忽ち食べてしまう。懐かしい味だが、昔食べたものと違って、厚さが比較的薄く、硬い部分がなく、均一で食べやすい。

黒豆の香りがほんのりとしてとても美味しかった。しかもヘルシーである。

このコンサートは飲み物、食べ物持ち込み自由で、みんないろんな物を食べたり飲んだりしながら、しかし、とても熱心に音楽を聞いている。

僕も、会場で販売していた発泡酒(150円、おつまみ付き)を飲みながら、ポンせんべいをぱりぱりと食べながら熱心に勇造さんの歌を聞いていた。

 

※このブログを書いている時に机のお茶をキーボードの上にこぼしてしまい、がガーン!! と暗い気持ちになっています。

机の上にお茶やコーヒーを載せるのは禁物ですね。とほほほほほー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

BBQ

あっという間に4月になってしまいました。

辺りは百花繚乱というか、いろんな花が咲き乱れています。サクラも満開で、道を歩くと「あっ、こんな所にもサクラがあったんだ!!」などと思うことがあります。

新年度にあたり「これからはしっかり更新しないといけない」と強く決意しました。(毎年決意しているなぁ)

 

日曜日にバーベキューをした。

もう何年振りだろう? 本当に久しぶりだった。

公営キャンプ場のバーベキュー施設で、バーベキューコンロや炭などは施設で用意してくれる。

前日に食材(10人分)や、紙皿、紙コップなどの買い出しに行き、準備は万端。

炭火で焼いたステーキをガッツリと食べたいと思っていた。憧れのバーベキューである。

11時頃に着いた。施設ではすでに良い匂いがして、ビール片手にお肉や野菜を頬張るグループがいくつもあり、少し焦る。

殻つきの牡蠣を焼いているグループもあり、食欲がそそられる。

BBQ

(※イメージです。食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れていました。でも、だいたいこんな感じでした)

 

久しぶりの炭おこし。着火剤を使って火をおこす。焦る気持ちを抑えて完全に炭がおこるのを待つ。焦って、炎が出ているときに焼いたりしたら材料が真っ黒に焦げてしまう。

昔、大失敗をしたことがある。表面は真っ黒、中味は生、という最悪の状態だったことを思い起こす。

30分位かけて炭が良い状態になる。「さぁ、焼くぞー」

牛肉、鶏モモ、豚肉、野菜、フランクフルト、焼き鳥……

「ん? 豚肉がない!!」

豚ロースのブロックを厚切りにして用意しておいたのに無い!!

「あっ、冷蔵庫に忘れてきた」

うちの奥さんが叫ぶ。

「ステーキは?」

「あっ、いっしょに冷蔵庫に入れて持ってきてない!!」

ガーン!! ガーン!!

仕方ないので、それらは諦めて、焼き肉用の肉と、鶏モモ、焼き鳥、フランクフルト、野菜(つまり、ステーキと豚ロースの厚切り以外)を焼き始める。

それでも、とっても美味しかったのです。

炭火の遠赤外線で良い具合に焼けた肉も野菜も、香ばしくて、美味しかった。当然ビールが進んだ。

すぐ近くに「天の川」(比喩ではなくそういう名前なのです)が流れていて、対岸のサクラが柔らかい風に揺れていた。

今回のBBQはほぼ成功だったと思う。

<教訓>

・着火剤だけじゃなく、燃やせる新聞紙などもあればいい

・軍手が必要

・肉、野菜だけでなく、魚介類もあれば良い

・団扇がいる

 

まあ、とにかくバーベキューは持ち物が多い。お箸とかお皿とか調味料とかを忘れなかっただけでも良かったと思う(うん、うん)。

でも、この良い季節にしか出来ないバーベキューはやっぱり魅力的です。もう少ししたらまた行こーっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

ビーフシチュー

またまた食べ物の話ですみません。しかも、また学食の話です。「もういい!」と思われる方はここでスルーしてくださいね。

 

今日のお昼も同じ学食の日替わりメニューにした。

本日は、昨日と同じ「ステーキプレート」と「ビーフシチュー」と「パスタ・アラカルト」の3種類だった。

さすがに、昨日と同じステーキプレートはいかがなものか? と思い「ビーフシチュー」にした。

パスタという選択肢もチラッと頭をよぎったのであるがすぐに却下された。

だって、ビーフシチューとかステーキとかってテンションが上がりますよね。

決して肉ばっかり食べているわけではないし、魚とか野菜も大好きなのだが、お昼はガッツリ系にしたくなる。

ビーフシチューは正解だったか?

beefsityuu

 

不正解だった。残念ながら……。

味は良かったのだが、内容物が貧弱だった。

普通、ビーフシチューと言えば、塊の肉がゴロゴロで、ジャガイモとニンジンの角切りが入ってるのが定番だと思うが、ここのは薄切りの肉だった。

さらにジャガイモの角切りが一つだけ。ニンジン無し。

上がっていたテンションが瞬く間に下がった。

まあ、これで500円だから仕方ないかぁ などと気を取り直してビーフシチューセットを平らげた。

 

男性が「ステーキプレートお願いします」と注文しているのが聞こえた。「うん、うん正解だよ」と思ったが、「もう終わりました。すみません。五食限定だったものですから」という返事。

彼はさぞかしがっかりしただろうなと思った。

「じゃー、パスタセット。ナポリタンでお願いします」

気を取り直して男性が注文を変える。

「うん、うん正解、正解」

心の中で呟いた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

ステーキプレート

このブログをいつもご覧になっている方は

「あれ? この前今シーズン最後のスキーって言ってなかったっけ?」

と思われるかもしれません。

でも、今回のステーキプレートはスキー場のレストランではなく、大学の学食です。

今日は大食堂ではなく、日替わりメニューしかない小さなカフェ風学食にしました。

今日の日替わりはメニューが二つで「ステーキプレート」と「ミックスピザセット」でした。

迷わず「ステーキプレート」に。

これでスープが付いて800円。セットでコーヒーを注文するとプラス60円でコーヒーも飲めます。

stekiplate

大学は春休みで学生も少ないので(大食堂の方は学生が結構居ました)のんびりと、ゆったりとステーキプレートを頂きました。

美味しかったか? とお思いでしょう。もちろん美味しかったですよ。高級で分厚いステーキではありませんが、800円にしてはなかなかのお味でしたよ。添付していたスープも美味しかったです。

コーヒーはとても苦くて、あまり美味しいとは思えませんでした。60円(実際は110円)なら仕方ないかという感じでした。

gakushoku

長期休暇中の大学はのんびりして良いものです。もし、近くに大学があれば、お昼を食べに行ってみてください。リーズナブルな値段でのんびりといただけますよ。

どこの大学も(たぶん)誰でも利用出来ます。身分証明書の提示など求められません(笑)

僕の職場でも、近所のおばちゃんや、おっちゃん達が食べに来ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セーフ!

少し前の話です。

ある会の打ち上げがあった。飲み放題の中国四川料理であった。

料理はどれも美味しく、会話も弾み、楽しいひと時だった。

sisenryori

(※イメージです)

もちろん飲み放題なので、生ビールもたくさんお代わりをした。

最後の〆のチャーハンだったか焼きそばだったかはお腹が一杯で食べられなかった(たぶん?)

そして、その時にふと思った。

「これだけ食べて飲んだりしたらきっと体重が戻るだろうなぁ。鶏の唐揚げ、餃子、シュウマイ、焼き豚、酢豚……etc.」

という危惧だった。というのも、3週間前に罹ったインフルエンザのお陰(?)で体重が理想目標値に到達したのだ。

設定はしたものの、そもそも目標値というのは到達するのが困難であるのが定番である。それが、インフルエンザで1週間近く寝込み、苦しんだせいで、体重が減った。

そして、治った後に考えた。

「苦しい思いをしたのだから、せっかく減った体重を維持しよう」

それでその日まで何とか維持することが出来た。

でも、こんなに飲んで、食べたりしたらきっと元に戻るだろうなぁ、とは思うものの、せっかく美味しく飲んで食べているのだから「もういいや」とも思う。

 

そして、翌日。

いつものように朝、体重を計る。

「ひどく増えていないと良いけど……」

と思いながらそっと右足から体重計に乗る。

「なななな、何と!」

当然増えていると思っているのに、減っていた!

前日よりもわずかに減っていた。

あり得ない! と思い、もう一度体重計に乗る。

数字は変わらない。「ん? ん?……」

あの四川料理は薬膳効果でもあったんやろか?

何て思ったりしました。人間の身体って不思議ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧