ペット

2017年3月 3日 (金)

お内裏様とお雛様

ふーたり並んですまし顔♪ に、ちゃっかりジジ(♀黒猫4歳)が加わりました。

20170301_181309-1328x747

いつもはもう少し早く出すのですが、今年は3月に入ってからになってしまった。

この場所は整理ダンスの上で、いつもはここにたくさんの本が置いてある。その本を片付ける適当な場所がないのでギリギリまで飾れない。

本は床に固めて置いてあるので、ひな祭りが終わったら、(お雛様達には申し訳ないが)早々に片付けたいと思っている。

それに、ジジはいつもはこのように、ただ隣に座っているだけなのだが、時々思い出したように「あっ、何やこいつ!?」と言いながら、内裏びなの烏帽子を外して落としたり、笏を囓ったりする。

内裏びなの笏にはジジの歯形がしっかり付いていたりする。今年は未だしていないが、去年はお雛様の扇子を外して床に落としていた。まるで「気取って、そんなもん持ってるんやないぞ!」と言わんばかりに……。

そう言えば、去年、お盆の時に飾った(僕がとても気に入っている)盆提灯に爪を立てて破いてしまったのだ。またしても、ジジの悪行を思い出した。

今年はおとなしく側に座っているだけにしてほしい。

お願いだから余計なことはしないでね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

好奇心

ブログのタイトルの割には、うちのジジ(♀黒猫4歳)だけの話題があまりないのでたまには……。

この時期、毎朝の窓ガラスの結露落としがルーティンになっている。

それほど広い家ではないが、窓は結構ある。どの窓にも結露がびっしりで、黴の原因にもなるのでケルヒャーの窓掃除機で結露を吸い取っている。

好奇心旺盛なジジはこの作業も興味があるようで、作業を始めて横を向くと必ず側に居る。

20170131_105311-665x1183

(「何か?」)

毎朝のことなのに、まったく飽きずに、どの部屋にも、もれなく付いてくる。そして、何が面白いのか結露落とし作業をじっと見ている。

彼女はこの作業だけでなく、よその人にもすごく興味がある。例えば、家電などの修理に来た人など、家族以外の人にはかなりの興味を示す。

先日も植木屋さんが伸びすぎたゴールドクレストを切りに来てくれたので、10時にお茶を出すと、匂いを嗅ぎながら、その側をずーっと離れなかった。

幸い猫好きの植木屋さんだったので良かった。

そう言えば、家電の修理に来てくれた人も、みんな不思議と猫好きだった。パナソニックの人は、携帯に入れてる愛猫の写真を嬉しそうに見せてくれた。

何なんだろう?

そして、今も僕の膝の上で気持ちよさそうに眠っているのです。

20170131_110559-1328x747

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

冷蔵庫の番人

お昼に冷蔵庫からビールを出そうとすると、鋭い声で

「だめよ!!」

という声がする。冷蔵庫の上からだ。

また、頼んでもいないのに見張り番が居る。

20160916_084128

一瞬ドキっとしたが、構わずドアを開けてビールを取り出す。すると、もう一度

「にゃー!!」

と鋭い声。

うちのジジ(♀黒猫3歳)は時々この冷蔵庫の見張り番をする。

ドアを開ける度に「にゃー」と鳴く。いつもその度にドキっとする。

冷蔵庫のドアを閉めるときにしっぽを挟んだりする。

「フギャー!!」

と鳴いて怒るがいつも無視する。

何が嬉しくて冷蔵庫の見張り番をするのか、いつも不思議に思う。

冷蔵庫の中にはジジのご飯を入れたりしているので、もしかしたら、僕が勝手に食べたりしないか見張っているのかもしれない。

みなさんの家にはこんな見張り番はいませんか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ねこの番組を見るネコ

「世界ネコ歩き」というBSの番組を見ていたら、うちのジジ(♀黒猫4歳)も興味を持ったらしくかなり真剣に見ていた。

ねこは普通、テレビにはほとんど興味をしめさず、「おいおい、こんな下らない番組に貴重な時間をつぶして良いのかい?」みたいな顔をしてジロッと見たりする。しかし、この番組は興味があるらしい。食い入るように見つめて、時々「ニャー」と鳴いて相づちをうったりする。

20160822_124811_800x600

20160805_211229_1_800x600
(※すみません。写真が横になってしまいました)


ねこが出てくる番組は他にもあるのだが、あまり興味を示さない。でも、この番組は違うようだ。カメラマンの岩合光昭さんの「ねこ目線」のせいかもしれない。

ねこに対する愛情のこもったカメラアイがうちのジジにも通じるのかも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

ネコ踏んじゃった♪

ブログのタイトルにもなっているのにうちのジジ(♀黒猫3歳)はあまり登場しません。

このジジが結構厄介で、とにかく纏わり付きます。

ご飯の催促や甘え(あるいはその両方)のためなのでしょうが、急に足元に飛び出したりして大変なのです。

先日チャイムが鳴って宅配の人が来たので慌てて玄関に向かったら何やら足にグニャッとした足応えが……。

同時に「ギャッ!!」と悲鳴が。

そうなんです。ジジをもろに踏んでしまったのです。でも、無意識に力を加減したようで大事には至りませんでした。

かくの如く危なくて鬱陶しいのです。しかも、すぐに脱走しようとします。玄関の戸が少しでも開くと、すぐに外に出たがります。

でも、うちにはとても便利なアイテムがあります。それは玄関の内灯です。人感センサー付きのLEDで、人はもちろん、ジジにもきちんと反応し、側に近づくと灯りが点きます。

世に便利な物はたくさんありますが、これがとても重宝しています。家に帰ってきたときに、玄関のドアをそっと少しだけ開けます。灯りが点いていなかったらジジは居ません。それで確認してから家に入るようにしています。

ちょっと困るのは、ジジがここを通る度に玄関の灯りがついてしまうことです。まあ、でも、これ位は仕方ないか。

とにかく、いろいろとややこしい子です。

 

20160420_140125

今朝、TVを見ていたら、福島県の飯舘村から岡山に引き取られて可愛がられている犬の、元の飼い主と連絡が取れて再会するというトピックがありました。

岡山に住む今の飼い主が「この子を見ていると、どういう育てられ方をしていたのかが良く分かります。この子はとっても優しい子なんですよ」と仰っていた。

うちのジジにも、もう少し愛情を込めて接しないといけないかなぁなどと、少し反省しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

うー寒い!!

猫を見ていると季節を感じます。

うちのジジ(♀黒猫3歳)は、最近は朝方になるとお布団の中に入って、なかなか出てきません。

jijinegao

ちょっとだけ顔を出してはいるのですが、なかなか全体が出てきません。

しばらくして部屋が暖かくなると

「やれやれ」

などと言って出てきます。

やっぱり動物って季節の変化に敏感なのかもしれません。

僕は、半月遅れぐらいで季節の変化に順応するようで、すぐには対応出来ないでいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

ネコと過ごす一日

特に一緒に居たいわけでは全然ないのですが、前にも書いたように、うちのジジ(♀黒猫3歳)は僕が家に居るときは、側にいることが多いのです。

休日の午前中、自分の部屋で本を読んだり、仕事をしていたりすると、必ず机の上にやってきます。

特に邪魔をしたりするわけではないのでほっといてます。

仕事の合間に少し話しかけてやると

「ニャー!」

と返事をしたりします。

Jiji_tukuenoue

 

洗濯かごとか、段ボールとか、大きなビニール袋とかが好きで、よく中に入って遊びます。ネコは、こういう閉鎖された空間が安心出来て好きなんですね、きっと。そして、誰にも干渉されない。

僕もネコだったらこういう所が好きなんだろうなーと思います。人間なのでかごに入るわけにはいかないけど。

Jiji_sentakukago

 

ふかふかした所も大好きで、蒲団が入った大きな袋を見つけると、ちゃっかりその上に座って動きません。

Jiji_futonnoue

 

夜になると僕の蒲団の足元で寝ることが多いのですが、最近は暑いせいか、箪笥の上にだらしなく寝そべって寝ていることが多いようです。

Jiji_tansu

 

こうやってジジの一日を見ていると、気楽で良いなと思うのですが、あまり刺激の無い家の中で一日過ごすのも退屈なんだろうなーと思います。

それで、すきがあれば僕をからかおうと思ったり、何か面白いことしてくれないかとか思って、側にいて様子を窺っているのではないかなどと想像しています。

でも、そんなに面白いこともなく、ジジを満足させられることはありません。ギターを弾いて聞かせようと思うと、一目散に逃げていきます。僕の弾くギターがとても嫌いなようです。

ネコって全般的にギターが嫌いなのか、ジジだけ嫌いなのか、僕の弾くギターが嫌いなのか、本人に聞いてみても、面倒くさそうに

「ニャー!」

と言うだけでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

机に居座るネコ

早朝(※個人差があります)に起きて仕事をしたり、小説を書いたりしています。

そうすると、もれなくジジ(♀黒猫3歳)も付いてきます。

2015070908130000

いつも僕の蒲団の足元に寝ているのですが、僕が起きないといつまでも寝ているし、僕が起きると必ず起きます。寝ていればいいのにと思うのですが……。

そして、机の上から外を見ていたり、パソコンの側で寝ていたりします。まあ、特に邪魔になるわけではないのですが、このように本の上に寝られるといちいち

「ちょっとごめん」

などと言って本を取り出さないといけないし、ジジは「うるさいなー!」と言うように「ニャー!」と鋭く鳴きます。

そうすると、僕は

「ごめん、ごめん」

などと、謝らなくていいはずなのに謝ってしまいます。まったくどっちが主人なのかわかりません。

あまつさえ、キーボードを叩いている指にじゃれついて爪を立てたりもします。そういう時は怒るのですが、後はただ、ただひたすら耐えています。

やれやれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

朝のルーティン・ワーク

朝のルーティンはいろいろあるのですが、いつも書いているように結露除去作業が、何とも無駄な仕事のような気がして……。

ほって置いても自然に無くなるものだし、ムキになって除去する必要も無いと思うのですが、窓ガラスを見てしまうとほっては置けなくなります。

前にも書いたようにケルヒャーの窓クリーナーにしてからは随分楽になったのですが、もう一つやっかいなことがあります。

この子です。

jiji

(小さなテレビの上に乗っています。ちょっとこわい顔でした)

四部屋の窓の結露を除去するのですが、必ずこの子がもれなく付いてきます。

むりむり狭い所に乗ったりするので、物が倒れたりすることもあります。それでも彼女は平気です。

ホントに邪魔なのです。そうでなくともこの仕事は面倒なのに……

「今日は来ないなー。しめしめ」

などと思っていると、「チャラ、チャラ」と小さな鈴の音が聞こえてきます。

どこからやってくるのか、必ず察知します。

これは何とかならないかなと思うのですが……。

好奇心旺盛な子は賢くなると言いますが、ネコの場合はどうなんでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

真夏のひととき

アイロンをかけようと思いシャツを出していたらいつの間にかジジ(♀黒猫3歳)が僕のシャツの中に入っていました。

jijisode2

しばらくほって置いたのですが、袖口に入り込んでしまい出られなくなったようです。

jijisode1

袖口から顔を出して

「ねえ、写真なんか撮ってないで早くだしてよ!!」

と言って鳴きます。

こういうお馬鹿なことをする猫です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧