ペット

2018年8月31日 (金)

新しいアクセサリー

「何だかいつもと様子が違う」

と思ったら、首輪がなかった。いや、僕のじゃないですよ(笑)。

うちのジジ(♀黒猫4歳)です。

どこかに引っかかって外れてしまったと思う。

たいがいはすぐに見つかるのだけど、何処を探しても見つからない。仕方ないので以前、百均で買った黄色い首輪を付けた。

でも、何だかしっくりこない。よその子みたいだ。

やっぱりこの子には赤い首輪が似合うと思った。百均ではなく、ペットショップで赤い首輪を買って来た。

うん、やっぱりこれが似合う。ジジも気に入っているみたいだ(と思う)

DSC_0847-540x960DSC_0855-540x960

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

挨拶するネコ

そうなんです。うちのジジ(♀黒猫4歳)は挨拶が出来るようになった。

朝、ジジに「おはよう」と言うと、「おはよう」と挨拶する。

「そんなことは信じられない」と思う人は多いと思う。でも、本当に挨拶する。

「ニャー」とは明らかに違う「おはよう」なのだ。

録音して証拠を見せたいと思うのだけど、スマホを向けて「おはよう」と声を掛けると黙ってしまう。

何度繰り返しても録音できない。

なので、残念ながら立証することが出来ない。

でも、日々上手になっていく。

「おはよう」というか、どちらかというと「おあよう」という感じで挨拶する。

それと、「ごはん」も言う。これもどちらかというと「ごあん」と言う感じだ。

ネコも、いずれは、日本語が話せるようになるのかもしれない。

あっ、そんなことはないか!!

20170921_095709-747x1328

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

一人暖をとる……

随分と暖かくなってきた。それでもまだまだストーブは要る。特に、曇った日は肌寒い。

お気に入りのアラジン「ブルーフレーム」も活躍中だ。

このレトロな姿を見ていると心が落ち着く。

それは僕だけではなく、うちのジジ(♀黒猫4歳)もそうみたいだ。

火が点いてなくてもストーブの前でジッと待っている。

20180213_080832-1328x747

そして、恨めしそうに僕の顔を見て「ニャー!」と鳴く。

ストーブを点けてやると、満足そうに寛ぐ。

たぶん、彼女もこのストーブが好きなんだと思う。

20180223_103019-747x1328

もうすぐ3月。ストーブの出番は少なくなるかもしれない。

でも、日中は暖かくとも朝晩はまだまだ寒い。もう暫く活躍してもらわなければいけないだろう。

そろそろひな人形も出さなくっちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

「騎士団長殺し」を読むネコ

寒い日が続く。チラチラと雪が舞ったりする。

そんな寒い晩はうちのジジ(♀黒猫4歳)も蒲団が恋しくなるのか、必ず蒲団にやってくる。

そして、時には本を読んだりもする。その日は村上春樹氏の「騎士団長殺し~遷ろうメタファー編~」だった。

20180209_043432-1328x747

「謎の多い免色さん、一体何物なんやろう?」

「うん、なかなか興味深いな。これからが楽しみだ(俺は2回目だけど)」

「秋川笙子さんって、魅力的よね」

「確かに。一度お会いしてみたいものだ」

「私と秋川笙子さんとではどちらが、より魅力的やろ?」

「どちらも魅力的だよ。比べる必要は無い」

などと言う会話を交わしながら深夜(早朝?)を二人で過ごす。

外はチラチラと雪が降っていた。

外から騎士団長が覗いているような気がした。

「私はイディアだ。気にする必要はあらない」

なんて言いながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

一休み

インフルエンザからやっと解放された。

寝ていて出来なかった仕事を家でしている。

お節介なATOKが、「そろそろ休憩の時間です」というメッセージを送ってきた。

お節介を受け入れ、休憩することにした。

ストーブの前でジジ(♀黒猫4歳)が気持ちよさそうに寝そべって居た。

P1050460(1)

こんな風に何もかも投げ出して寝そべりたいとつくづく思う。

石油ストーブの暖かさは穏やかで良い。温風も無く、ヤカンがあるので乾燥もあまり感じない。

仕方ないので紅茶にスライスしたレモンを入れて机に戻る。

クッキーをかじりながら寛いでいるジジを眺めた。自分も寝転んでいるような気になってくる。見ているだけで何だか嬉しい。

ちょっと休んで元気が出て来た。仕事再開!

 

ふと気付くとパソコンの横にジジが……。いつの間に。

P1050461(1)

何処でも寛げる才覚がうらやましい。しかし、猫には猫の悩みもあるのかもしれない。

「寛いでいるように見えるかもしれないけど、実はいろいろと思索にふけっているのよ」

なんて思っているのかもしれないですよ。

今日はお陰で仕事がずいぶん捗った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

お内裏様とお雛様

ふーたり並んですまし顔♪ に、ちゃっかりジジ(♀黒猫4歳)が加わりました。

20170301_181309-1328x747

いつもはもう少し早く出すのですが、今年は3月に入ってからになってしまった。

この場所は整理ダンスの上で、いつもはここにたくさんの本が置いてある。その本を片付ける適当な場所がないのでギリギリまで飾れない。

本は床に固めて置いてあるので、ひな祭りが終わったら、(お雛様達には申し訳ないが)早々に片付けたいと思っている。

それに、ジジはいつもはこのように、ただ隣に座っているだけなのだが、時々思い出したように「あっ、何やこいつ!?」と言いながら、内裏びなの烏帽子を外して落としたり、笏を囓ったりする。

内裏びなの笏にはジジの歯形がしっかり付いていたりする。今年は未だしていないが、去年はお雛様の扇子を外して床に落としていた。まるで「気取って、そんなもん持ってるんやないぞ!」と言わんばかりに……。

そう言えば、去年、お盆の時に飾った(僕がとても気に入っている)盆提灯に爪を立てて破いてしまったのだ。またしても、ジジの悪行を思い出した。

今年はおとなしく側に座っているだけにしてほしい。

お願いだから余計なことはしないでね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

好奇心

ブログのタイトルの割には、うちのジジ(♀黒猫4歳)だけの話題があまりないのでたまには……。

この時期、毎朝の窓ガラスの結露落としがルーティンになっている。

それほど広い家ではないが、窓は結構ある。どの窓にも結露がびっしりで、黴の原因にもなるのでケルヒャーの窓掃除機で結露を吸い取っている。

好奇心旺盛なジジはこの作業も興味があるようで、作業を始めて横を向くと必ず側に居る。

20170131_105311-665x1183

(「何か?」)

毎朝のことなのに、まったく飽きずに、どの部屋にも、もれなく付いてくる。そして、何が面白いのか結露落とし作業をじっと見ている。

彼女はこの作業だけでなく、よその人にもすごく興味がある。例えば、家電などの修理に来た人など、家族以外の人にはかなりの興味を示す。

先日も植木屋さんが伸びすぎたゴールドクレストを切りに来てくれたので、10時にお茶を出すと、匂いを嗅ぎながら、その側をずーっと離れなかった。

幸い猫好きの植木屋さんだったので良かった。

そう言えば、家電の修理に来てくれた人も、みんな不思議と猫好きだった。パナソニックの人は、携帯に入れてる愛猫の写真を嬉しそうに見せてくれた。

何なんだろう?

そして、今も僕の膝の上で気持ちよさそうに眠っているのです。

20170131_110559-1328x747

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

冷蔵庫の番人

お昼に冷蔵庫からビールを出そうとすると、鋭い声で

「だめよ!!」

という声がする。冷蔵庫の上からだ。

また、頼んでもいないのに見張り番が居る。

20160916_084128

一瞬ドキっとしたが、構わずドアを開けてビールを取り出す。すると、もう一度

「にゃー!!」

と鋭い声。

うちのジジ(♀黒猫3歳)は時々この冷蔵庫の見張り番をする。

ドアを開ける度に「にゃー」と鳴く。いつもその度にドキっとする。

冷蔵庫のドアを閉めるときにしっぽを挟んだりする。

「フギャー!!」

と鳴いて怒るがいつも無視する。

何が嬉しくて冷蔵庫の見張り番をするのか、いつも不思議に思う。

冷蔵庫の中にはジジのご飯を入れたりしているので、もしかしたら、僕が勝手に食べたりしないか見張っているのかもしれない。

みなさんの家にはこんな見張り番はいませんか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ねこの番組を見るネコ

「世界ネコ歩き」というBSの番組を見ていたら、うちのジジ(♀黒猫4歳)も興味を持ったらしくかなり真剣に見ていた。

ねこは普通、テレビにはほとんど興味をしめさず、「おいおい、こんな下らない番組に貴重な時間をつぶして良いのかい?」みたいな顔をしてジロッと見たりする。しかし、この番組は興味があるらしい。食い入るように見つめて、時々「ニャー」と鳴いて相づちをうったりする。

20160822_124811_800x600

20160805_211229_1_800x600
(※すみません。写真が横になってしまいました)


ねこが出てくる番組は他にもあるのだが、あまり興味を示さない。でも、この番組は違うようだ。カメラマンの岩合光昭さんの「ねこ目線」のせいかもしれない。

ねこに対する愛情のこもったカメラアイがうちのジジにも通じるのかも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

ネコ踏んじゃった♪

ブログのタイトルにもなっているのにうちのジジ(♀黒猫3歳)はあまり登場しません。

このジジが結構厄介で、とにかく纏わり付きます。

ご飯の催促や甘え(あるいはその両方)のためなのでしょうが、急に足元に飛び出したりして大変なのです。

先日チャイムが鳴って宅配の人が来たので慌てて玄関に向かったら何やら足にグニャッとした足応えが……。

同時に「ギャッ!!」と悲鳴が。

そうなんです。ジジをもろに踏んでしまったのです。でも、無意識に力を加減したようで大事には至りませんでした。

かくの如く危なくて鬱陶しいのです。しかも、すぐに脱走しようとします。玄関の戸が少しでも開くと、すぐに外に出たがります。

でも、うちにはとても便利なアイテムがあります。それは玄関の内灯です。人感センサー付きのLEDで、人はもちろん、ジジにもきちんと反応し、側に近づくと灯りが点きます。

世に便利な物はたくさんありますが、これがとても重宝しています。家に帰ってきたときに、玄関のドアをそっと少しだけ開けます。灯りが点いていなかったらジジは居ません。それで確認してから家に入るようにしています。

ちょっと困るのは、ジジがここを通る度に玄関の灯りがついてしまうことです。まあ、でも、これ位は仕方ないか。

とにかく、いろいろとややこしい子です。

 

20160420_140125

今朝、TVを見ていたら、福島県の飯舘村から岡山に引き取られて可愛がられている犬の、元の飼い主と連絡が取れて再会するというトピックがありました。

岡山に住む今の飼い主が「この子を見ていると、どういう育てられ方をしていたのかが良く分かります。この子はとっても優しい子なんですよ」と仰っていた。

うちのジジにも、もう少し愛情を込めて接しないといけないかなぁなどと、少し反省しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧