旅行・地域

2017年9月 6日 (水)

夏休みの絵日記3

8月19日(土)

いよいよ大阪に帰る日が来た。今日も雨。こちらに来て、結局一日も晴れることはなかった。

夕方5時半の便なので、時間はゆっくりある。しかし、雨なので何処にも行けない。

ネットで調べたら、比較的新しい「道の駅」があるようだ。車で30分ほどなので行ってみることにした。

結構良い処だった。近くにダムがあり、絶景だった。七ヶ宿町という所で七ヶ宿ダムの側に新しい道の駅がある。

地元で採れた、ワラビなどの山菜や桃や梨など果物も豊富で、なかなか楽しめる処だった。

20170819_115122-747x132820170819_120052-1328x74720170819_120057-1328x747

塩漬けのワラビと、紫蘇味噌(味付け味噌を紫蘇で包み串に刺し、カラッと揚げた物)6個入りの桃(福島産)をお土産に購入。福島の桃は最高に美味しいのですよ。

思わぬ地元のお土産に満足して、ついでにそこでお昼をいただく。

僕は、白石名産の「温麺(うーめん)」の温かいやつ。Kちゃんは、昔懐かしいスパゲティ・ナポリタン(何でここでナポリタンなんやろ?)

とっても美味しかった。Kちゃんが残したナポリタンも食べてみたが、これも昔懐かしい味で美味しかった。

傘を差してダムを眺め、これが晴れていればもっと良かったのにと、ひとしきり残念がって、仙台空港に向かった。

でも、ステキな出会いや、予想もしなかった巡り会い(ブログには書けませんが)などがあり、そういう意味ではとても良い旅行になったと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

夏休みの絵日記2

8月17日(木)くもり

今日もお天気が悪く、カラッとは晴れてくれない。

晴れていれば蔵王山頂の「お釜」とか、牧場とかにも行けるのだが、蔵王山は雲に隠れて見えない。

今日も屋内の施設じゃないと無理ということで、白石市の「スパッシュランド」という温泉&プールの施設に行くことにした。

Kちゃんの希望もあり、温泉はパスして屋内プールで泳ぐことにした。

ここのプールは公式の50メートルプールで、かなり広い。水も綺麗だ。子供用のプールも隣にあり、小さな子も遊んでいる。

puul

(※ネットから借りました)

公式プールのせいか水温が少し低い。プールは総ガラス張りなので、晴れていれば室温は高くなるはずなのだが、あいにくの曇りで気温も低い。

それでも2時間位泳いだ(遊んだ)。Kちゃんを一人には出来ないので、勝手に泳ぐことは出来ないのが残念だった。でも、一回だけ50メートルプールを往復してみた。

同じ50メートル泳ぐのでも、いつもの25メートルプールで泳ぐのと全然違う。とにかく長い。ターンしないで、50メートルを泳ぐのは結構大変だということが分かった。

往復して100メートル泳いだら、かなりヘロヘロ状態だった。同じ距離なのに、まるで疲れ方が違うことに驚いた。

それにしても、蔵王の近くに来たのに、夏の高原の雰囲気を味わえなかったのが残念だった。明日はどうだろう? 出来れば、蔵王の「エコーライン」(山頂までの有料道路)を走ってみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

夏休みの絵日記

9月に入って、夏休みの宿題を提出しなければならないことに気付いた。

子どもの頃、夏休みの終わりギリギリになって、絵日記を仕上げたことを思い出した。

8月16日(水)

仙台空港は曇っていた。気温21度。涼しかった。いや、肌寒い位だった。

今日からこちらで過ごす4日間のためにレンタカーを借りた。Kちゃんと二人の旅。

雨が降りそうなので、屋内の施設に行こうと考えた。

去年も行った「うみの杜水族館」しか思い浮かばなかった。レンタカーのナビが古いため「水族館」が出てこない。

近くまで行けばわかるだろう? と思い出発。

近くまで行ったが、分からなかった。大きな標識や看板が出ているだろう思ったが、何も出ていない。

コンビニで2度訊ねて、ようやく到着(後に、友人からスマホのナビタイムを使えば良かったのにと指摘される)。

車を降りたら小雨が降っている。前を歩くアベック(死語かな)の、肩をすっかり出した女性が寒そうだった。

小雨にも関わらず(お天気が悪いからよけいかな)水族館はたくさんの人だった。

最初に出会う「マボヤのもり」は、やはり圧巻だった。2度目なので、前回ほどの驚きはなかったが、やはり迫力がある。

20170816_152252_800x450


時間があまり無かったので、前回よりは足早に見て回り、最後の「うみの杜スタジアム」で「アシカ・イルカショー」を見る。

アシカさんも、イルカさんも相変わらず賢くて、たくさんの芸を披露してくれた。とりわけ、イルカさんのジャンプは最高の迫力で「ウオー!」という歓声と盛大な拍手を浴びていた。

きっと、彼や彼女も、練習の成果を発揮できたことに満足しているのではないかと推察する。

20170816_1504101195x2124


外に出ると、激しい雷雨だった。

折りたたみ傘を、一応一本だけ用意してきたのだが、二人で入るには不十分で、かなり濡れてしまった。

そして、水族館を後にし、蔵王に向かった。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

真夏の五六市

暑いのでどうしようかと迷ったが、結局出かけた。

やはり暑かった。

いつもなら最寄り駅の近くから店が出ているが、まったく店がない。

建物の中の店はさすがにやっていたが、露天の店はポツリポツリしか出ていない。

少し歩くと日が陰ってきて暑さが和らいだ。

暑い時は、いつも八百屋さんで売っている、棒に刺した「冷しキュウリ」を食べるのだが、何だか食欲もなく、「冷しキュウリ」は素通り。

いつもなら多くの食べ物の露店が並ぶ公園も、数軒の店だけで、結構閑散としていた。

20170813_120717-2124x1195

そんな中、本当の氷屋さんの「かき氷」は盛況だった。人が並んでいた。

いつも並んでいるのだけど、この市に来ている人が少ないので、余計に多く並んでいるように見える。

今日はあまり食欲もなく(その割には体重が増えて、超えてはならないラインを超えてしまった)、ざる蕎麦とビールで締めくくった。

ビールはジョッキの冷えた生ビールを念頭に置いていたのだが、瓶ビールしか無いとのこと、まさに「がガーン!」状態だったが、椅子を蹴って出る勇気もなく、泣く泣く瓶ビールを飲んだ。

 

こんなに人が少ないのはお盆のせいか、暑さのせいか、両方か? 秋が恋しいと思った一日でした。

この日は、葦の和紙製のメモ帳と一筆箋だけ買ってきた。買うつもりは無かったのだけど、お姉さんがあんまり熱心に「葦の和紙」について説明してくれるので、何も買わない訳にはいかなかった。

20170814_075047-1195x2124

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

半夏生と桔梗

九州北部の大雨による災害、心からお見舞い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------

京都、建仁寺塔頭、両足院の「特別拝観」が7月6日までだったので、慌てて行って来た。

「半夏生(半化粧)の庭園」で有名なお寺だ。

今年もたくさんの半夏生が咲いていた。この時期だけ葉の一部が白くなり、時期が過ぎると元の緑に戻るという不思議な植物。

20170706_120118-1328x747

鶴をイメージした池の周りに群生する半夏生は美しい。何年か前に初めて見た時、庭が見えたとたん、一瞬息をのんで見とれたことを思い出す。

20170706_115242-1328x747

座敷に座って、半夏生の庭を眺めていると心が落ち着く。次の予定があるのでいつまでも落ち着いて居るわけにはいかないので、立ち上がり両足院を後にする。

(注、「半夏生」:雑節の1つ。夏至(げし)から十一日目。太陽暦では七月二日ごろ)

因みに、この建仁寺はあの「風神雷神図屏風」で有名なお寺だ。

その後、四条から南に下がって東福寺へ。東福寺塔頭の天得院。ここは、このブログでも何度か紹介した「桔梗の庭」がある。ここも、7月10日で特別拝観が終わりだそうだ。

桔梗は、決して派手な花ではないが、庭一面に咲いていると見事だ。可憐な花たちが風に揺られて「ひそひそ」と話をしている。その声に耳をすます。そんなひと時が好きだ。

20170706_135537-747x132820170706_140656-1328x747

以前は、拝観の時に桔梗の絵が描かれた小さな団扇を配っていたのだが、今年はなかった。

少し暑かったので、縁側に座り、団扇であおぎながら庭を見たかったのだが、残念だった。

天得院を出て、帰ろうと思ったら「雪舟の庭」という小さな看板が目に入る。

『あの雪舟が作った庭?』どんな庭だろう? 興味津々、寄ってみることにした。(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

五六市 6月

曇り空で、乾燥していた。

カラッとしていて、暑くなく絶好の五六市日和りだった。

駅に着いたら人だかりで、どうしたのかな? と思ったら、どこかの駅で人身事故があったため電車が動いてなかった。

近くで女性二人(シニア)が事故の原因を分析していた。

「最近高齢者が多いから、世をはかなんで自殺する人多いのよ」

一瞬のうちに物語りを構成したようだ。当ってるかは別としてすごい! 「高齢者は世を儚むんだ」と知りました。僕はどちらかと言うとそちらの年齢層に近いが、幸い、まだ世を儚んでない。

仕方がないので、妻と二人、ひと駅歩くことにした。ひと駅で良かった。

無駄遣いをしないようにと固く誓っていたので、今回はかなり自制した。

欲しい物も随分我慢した。結果、こんな物を……。

20170611_170053-747x1328

紫陽花の花びらのドライフラワーリース。季節柄すごく気に入りました。

20170611_170252-747x1328

友人(木工店とは違う友人)がやってる店で購入。ラベンダーの花がふくろうさんに詰まってて良い香りがする。

20170611_223745-747x1328

父ではないが、妻からの父の日のプレゼント。エプロンです。ギターに巻いてますが、腰に巻くと良い感じです。ポケットが気に入ってます。お店の人が「ご主人、料理されるんですか?」と聞いたので、

「はい。すごく上手いんですよ」と、妻が答えていた。

また頑張って料理しよーっと。

他に小物少々。

今回も充実した五六市だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

音楽博物館

ちょっとした用事があって浜松に行った。

浜名湖のホテルに宿泊した翌日、浜松駅近くに何かないかと探したら「音楽博物館」があった。さすが楽器メーカーの多い街。

中にはたくさんの楽器が展示してあった。世界中の楽器と言っても過言ではない。珍しい楽器もたくさんあり、とてもここだけでは紹介できない。

面白いピアノがあった。二人が同時に演奏できる「デュアルピアノ」だ。連弾ではなく、鍵盤が反対側にもう一つ付いているのだ。

20170522_114948-1328x747

(※左側と右側に鍵盤が付いています)

何だかとてもややこしそうだ。

初めて実物を見たという楽器もたくさんあったが、僕の大好きな「フェンダー・ローズ」という70年代のエレピが展示してあった。これは興奮した。

たくさんのアーティストが演奏しているのでもちろん聞いてはいるし、映像では見ているが、実物を目の当たりにしたのは初めてだった。

かなり長い時間見ていたような気がする。試奏できたら良かったのだが「手を触れないで下さい」と書いてあった。

20170522_123224-1328x74720170522_123230-1328x747

かなり長い時間見て回ったと思う。楽器試奏室という部屋があって、そこで、電子ドラムスとピアノを試奏して、音楽博物館を後にした。

ついでに、売店で、こんな可愛いえんぴつ削りを買いました。

20170523_144550-747x1328

そして、もちろんお昼は鰻丼と生ビール。美味しかったぁ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

京都ぶらり歩き

しばらくぶりで京都(街中)を歩こうと思った。三条通や四条通り、有名なお寺などは観光客でいっぱいなので避ける。

やっぱりいつもの高瀬川沿いかなと思い、出かけた。

20170502_115334-747x1328

やっぱりここは観光客が居ない。時折近所の住人と出会う位で妻と僕の二人だけ。

川を見ながら歩くと心落ち着く。川岸の植物も涼しげで穏やかになる。誰が付けたのか、所々に木の名前を書いたプレートがつけてある。

いかにも手作り風でそれも良い。

巨大なエノキに出会った。いったい何歳なんだろう? もしかして応仁の乱を生き残ったエノキではないだろうか? などと想像してみると楽しい。

20170502_120838-747x1328

所々にアジサイがあった。もちろん今はまだ咲いていないが、6月になったらまた来てみようと、楽しみが出来た。

20170502_120541-747x1328

(※これはアジサイではありません(^^;))

お腹が空いたので昼食にしようと思い、辺りを見回す。チェーン店の「なか卯」が目に入ったがどうもそんな雰囲気ではない。

川沿いの小さなビルの地下に居酒屋さんがあって、ランチを出しているようだ。これはピッタリだ(安心してビールが飲める)

店内は近所の住人らしき人やサラリーマンで一杯だった。妻とカウンターに座り、ランチ定食を注文する。ランチビール(300円)もうれしい。

お姉さんが一人で(厨房ではおじさんが一人で調理していた)切り盛りしている。忙しそうなお姉さんには申し訳なかったが、取りあえずランチビールを急いでもらった。

僕はAランチ(トンカツ定食)妻はBランチ(唐揚げ定食)。トンカツは柔らかくて美味しかった。妻から唐揚げを味見させてもらった。大きな唐揚げで、しっかり味の付いた香ばしいものだった。

壁に貼られたチラシによると、秘伝のタレに漬け込んだ鶏を唐揚げにしているそうだ。うん。良い店に入った。

忙しそうにしているお姉さんには悪いが、ランチビールをもう一杯お代わりした。ランチビールと言っても、軽く中ジョッキ位の量はある。満足、満足。

お腹が膨れたところで、散策のつづき。

途中でコーヒータイム。高瀬川を見ながら、コーヒーをいただく。

20170502_133551-747x132820170502_133602-747x1328

カフェにしては珍しいマグカップが嬉しい。コーヒーに付いてきたドライフルーツもブラックコーヒーにぴったりだった。

人通りも少し多くなり、いよいよ四条に近づいて来たので、散策もここら辺で終了。

のんびりした、穏やかな京都散策であった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

大都会の公園

少し前のことです。

Kちゃん(小3)やAくん(3歳)の両親が忙しくて、連休なのにどこへも連れて言ってもらえないというので、大阪にある「キッズプラザ」という子ども向けの博物館に連れて行った。

「遊んで学べる子どものための博物館」というこの施設はなかなか楽しそうだ。隣に大きな公園もある。

日本一長い、歴史あるアーケード商店街と言われている「天神橋筋商店街」を通って行くので、途中で食事をして行こうと思ったが、天気が良いのでお弁当を買って公園で食べることにした。

結構たくさんの人たちがお弁当を食べていた。うちにあるような小さなテントで食べている人も多い。

のどかな感じなのだが、いざ座って食べ始めると、風が強い。そして、ちょっと寒い。軍歌を流す街宣車がうるさい。おまけに近くに座った小学生の女の子(母親と二人連れ)が僕らの近くで鳩にエサをやりだした。

お弁当を食べているすぐ近くにたくさんの鳩が集まってきて食べ物をねだる。妻が、

「すみません、お弁当を食べているので向こうで鳩にエサをやって貰えますか!」

と言う。その女の子は「すみませーん!」と言って向こうでしてくれたが、近くに居た鳩はなかなか方針転換してくれない。

とりあえず急いで食事を済ましてキッズプラザに入った。

「のどかな公園でのんびりとお弁当を食べる」という、頭に描いていたささやかな望みは泡が消えるように弾けてしまった。

やっぱり大都会の公園じゃ無理ですね。うちの近くの「植物園」が愛おしく感じられた1日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

いつもの……

日曜日。ゆっくり花見が出来るのもこれで終わりかな? なんて思って京都の伏見に出かけた。

いつもの風景で、いつもの桜が同じように咲いていた。

でも、この桜は去年の桜とは違うんですよね。

ブログ友達のa-kakiさんが書いていたように、この桜の花びらは今年初めて出てきたものだし、彼らにしてみたら初めての風景を見る訳だ。そして、あまり間を置かず散っていく花なんだということに初めて気付いた。

そして、その花たちに今年も感動する。

20170409_125636-747x1328

ここは桜だけではなくて、川沿いにたくさんの綺麗な花が植えられている。これらが何とも心を癒してくれる。

20170409_144319-747x1328

桜と川と岸辺の花々、そして十石船。

きっと、この組み合わせが何とも言えない趣きと安らぎを与えてくれるのだと思う。

20170409_132302-747x1328

川面に浮かぶ花びらもとても愛おしく感じられる。君たちはどこまで流れていくのだろう。

20170409_141008-747x1328

そして、最後はいつものように、いつもの黄桜の地ビールで今年の春に乾杯!

20170409_152212-747x1328

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧