日記・コラム・つぶやき

2020年5月31日 (日)

耳鼻科

カーテンレールが壊れた。

古いので寿命なのだ。新しいものと交換した。

古いカーテンレールは伸縮出来ないタイプでかなり長い。無料の粗大ゴミでは出すことが出来ない。

コンビニで300円の証紙を買わなければいけない。

それも面倒なので、電動鋸で切ることにした。切り始めたら相当の高い金属音がして耳が痛くなるが我慢して切った。

切り終わっても暫く耳鳴りが止まらない。耳鼻科で観てもらった方良いだろうと思い、予約を取った。非常事態宣言が出てから、耳鼻科が一番患者が少なくなったと聞く。

しかし、予約が多く2時間後の診察になった。

聴力検査などもしてもらい、聴力が下がっていたが、一時的なものだろうとのことで、様子をみることになった。

診察料1750円。やっぱり300円の証紙を買っておいた方が良かったのだ。

ちなみに、耳鳴りは翌々日には治まりました。うーん!

うちのジジ(♀黒猫7歳)も首を傾げていた。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

初夏

コンプライアンスが全くない男が検事長をしていた。そして、さらには検事総長になろうとしていた。驚いた! 信じ難いことだ。

しかも、発覚前にギリギリセーフで法案を見送った疑いも強いらしい……。(ため息……!)

 

不愉快なので、この話は置いといて、

夏の定番、朝顔の種を植えた。去年の花が終わりの時に少し捕獲していたものと、友人からいただいた空色の種が。

朝顔は無事に芽が出た。新しい土がなかったので、古い土に百均で買った腐葉土と赤玉土を混ぜて再生土を造った。

夕顔も植えたけど、まだ芽が出ない。夕顔は難しい。

朝、ウォーキングしていたら、「たちあおい」が咲いていた。これも初夏の定番だ。

コロナの猛威や永田町の猛威と関係なしに、初夏は確実に訪れるものだ。

| | コメント (4)

2020年5月17日 (日)

ならぬことはならぬものです

あまり政治的な発言をしない日本の芸能人が勇気を持って発言し始めた。ご存知の「検察庁法案」だ。

キョンキョンとか、いきものがかりの水野さん、他大勢。

彼らの勇気ある発言にエールを送りたい。「ならぬことは、ならぬものです」。

 

話は変わるけど、今まで、植物園でしか見たことがなかった、ユリノキの花を、何とうちのすぐ近くでみた。運動不足解消のために、うちの棟のすぐ横で毎日縄跳びをしているのだけど、そこに何とユリノキがあった。似ているとは思ったけど、気付かなかった。昨日なにげなく見たらユリノキの花が咲いていた。とても珍しい花で(ユリノキはチューリップツリーとも呼ばれている)植物園が休園で今年は見られないと思っていたら、何と家から1分もかからない所にあった! まさに目と鼻の先。
縄跳びをする楽しみが増えた。




| | コメント (2)

2020年4月19日 (日)

さて、どうしたものか?

ここらで、日常を見直さないといけないと、ようやく思った。

「これは日常ではないのだ。異常なんだ」という意識があったけど、この状態は今年中(?)続くという可能性が高い。異常が日常になる。

この状態に慣れるのではなく、この状態の中で、どうやって新しい日常を作り出すのかということだと思った。

例えば、「マスク」が無かったら、今あるもので、あるいは代用できるもので、何とかしないといけないし「アベノマスク」に頼るのはあまりに滑稽だ。

今必要とされるのは「ブリコラージュ」的な知恵と、日常の再構築ではないかと、良くない頭で考えている。

季節は着実に前に進んでいるのだから。



(ソメイヨシノから八重桜、そしてハナミズキへ)


 

| | コメント (4)

2020年4月10日 (金)

「宣言」後の街の様子

今日、プリンターのインクが無くなったので、近くのショッピングセンターにある電気店に買いに行った。

驚いたことに長蛇の列。「開店セール」だったのだ。どうやら、予約抽選販売の家電がお目当てらしい。それにしても、この状況下でそれはないだろうと思った。僕は早々にその場を立ち去った。インクどころじゃないなあ! インクはネットで買うことにした。

「非常事態宣言」がどうなのかは別として、これだけコロナウィルスの感染者が増えているのに、客も、店員も群がるように狭い空間に居るのはアカンやろとさすがに思う。店の人が二人、小さな声で「これ、マスコミに見られたらエライことやな」と話していた。ホントにそう思う。

これじゃあ「宣言」の意味がないと思いませんか?

 

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

視力検査

ドイツのメルケル首相の「新型コロナウィルスについての演説」を読んで感心した。民主主義国家の指導者として、きちんと自らの理念を伝え、市民を説得し、共感させる内容だった。どこかの首相とはえらい違いだった。

話は変わって、先日、眼科に行って来た。診察を待っている時に、いろんな人が視力検査をしていた。大人の人はみんな、「右」とか「上」とか言葉で答えている。高校生位の男子がやって来て視力検査をした。彼は右手人差し指で空いている方向を指していた。そうです、小学校の視力検査で子ども達がやっている方法です。次に大人の女性がやって来たが、彼女は「右」とか「下」とか言葉で伝えている。その次はやはり高校生か中学生の男子だった。彼がどうするか、僕はとても興味を持って見守った。彼はやはり、人差し指で空いている方向を指さしていた。しかも、左目の時は左手で、右目の時は右手で指さしていた。「うーん、すごい!」この2人の男子は小学校6年間で培った視力検査の方法を未だに実践しているのであった。しかし、いつの時点で「指さし」から「言葉」に変わるのだろう?

C



| | コメント (0)

後100アクセス!

アクセスカウンターを見たら後100で10万アクセスになる。

結構長い間細々とこのブログを書いてきたけど、やっと10万になると思うと何だか、感無量だ。

一日で10万アクセスなんていうブログはいっぱいあるけど、このブログは随分時間が掛かった。でも、よくここまで続いたと、我ながらつくづく思う。

いろんな方々に見ていただいてとても感謝しています。あっ、このセリフは10万アクセスを達成してからだ!

暫くの間お預けですね。

どうかよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2019年10月14日 (月)

やっかいな金木犀と綺麗な月夜と妖艶な夕顔

金木犀が二度咲きした。以前に咲いて、あまり匂わず、そのまま散ってしまった。
それがまた咲いた。今度は匂う(らしい)。妻がすごく良い香り! と言っていたので、専用庭に出て匂ってみたけどあまり感じなかった。
この匂いは人を選ぶのかもしれない。それにしても、金木犀が二度咲くなんて初めてだ。驚いた!

友人からラインがあって、月が綺麗だというので、庭に出て月を見たら本当に綺麗な満月だった。そして、ふっと、庭を見ると、夕顔の花が二つ、大きく開いていた。暗い庭にぽっかりと二つ、まるで満月を楽しんでいるように咲いていた。この取り合わせ、幻想的で非現実的な趣があった。
良い夜だった。








 

| | コメント (2)

2019年7月 5日 (金)

カードのポイント

カードのポイントが急に増えていたりする。

通信会社系のカードだけど、エントリーすると、ポイント20倍とか、ゲームでポイント付加とかいろんな案内が来て、気が向けばスゴロクゲームをしたり、クイズをしたりして、結構小まめにポイントを稼いだりする。たまたま必要な買い物があって、20倍の時に買い物をするとポイントがまたまた増える。

先日、千円分のポイントを使って、残りが100ポイント位になっていてちょっと淋しいなぁと思っていた。ところが、しばらくして見たら、急に5000ポイント増えていた。

こんな時は嬉しい。地道な努力(?)が実ったのだと思うと自分を褒めたくなる(^^;)。

でも、これは、地道な努力のせいではなく、ポイント20倍が大きかったようだ。

でも、よく考えてみたら、スマホで結構高い通信費を払っているので、これ位のリターンは当然かなとも思う。

それでも、まあ、時々入ってくる3000ポイントとか5000ポイントはやっぱり嬉しいのです!

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

半夏生

今月の初め頃半夏生を見に行ったけど、もちろん、まだ白くなっていなかった。

昨日もう一度見に行った。ちょっと億劫ではあったが、後悔しないようにと思って電車に乗った。

いつものように七条で降りて、五条まで歩いた。

高瀬川沿いをのんびり上がって、途中で五条の喫茶店(前回と同じとこ)でハンバーグランチを食べた。

ここのランチはとても美味しい。サラダもしっかり美味しい。

満足して建仁寺、両足院へ向かってのんびり歩く。15分ほど歩くと建仁寺に着く。

両足院はあまり混んでいなくてゆったりと見学できた。観光客は半夏生にはあまり興味がないのかもしれない。

半夏生はすっかり化粧済みだった。

Dsc_2270540x960  

縁側に座って、半夏生の庭を眺める。こういう時間は何ごとにも変えがたいとつくづく思う。涼しい風が庭からフッと流れてきて、さらに癒される。

帰りは五条まで歩いて電車に乗る。この道程は古い街並みが続いていて、とても懐かしい。「懐かしい昔のお店」という看板の家があったが、とっくの昔に閉店したようで、古い看板だけ残されていた。

どんな店だったんだろう? この界隈を見ると、京都に来たばかりの大昔を思い出して、何だかキュンと切なくなる。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧