音楽

2019年9月12日 (木)

カセットデッキ

いろいろと処分をして、1台だけ残った再生専用のカセットデッキ。

大部古い機種だけど、カセットテープをパソコンにダビングする時に便利だった。

最近、再生ボタンが接触不良みたいで、反応しなくなった。分解して調べてみようと思った。

分解して中を見ても肝心の部分が開けない。仕方ないので、エアダスターで、内部のほこりを落として、また元通り蓋をした。

電源を入れてみたら、電源が入らない。何度やってもダメ。

ついに完全に壊してしまったらしい。

今、単品のカセットデッキ(再生専用)など売ってない(たぶん)ので、もうカセットテープは永久に再生出来なくなった。

 

これはこれで淋しいものです。

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

風、八月の空に

あっという間に明日から8月。

長い間サボってしまった。多少なりともこのブログを訪れてくださっている方々には本当に申し訳なく思っています。

これに懲りずこれからもよろしくお願いします。

最近の世の中、某国の大統領を筆頭に、不安な言動が目立ち、これからどうなるんだろうと心配している。

8月6日は広島の原爆の日。この機会に平和について真剣に考えないといけないとつくづく思う。

そんな思いを込めて、先日、とあるサマーコンサートでピアノを弾いてきた。

スマホで遠くから撮影して、かなりアップだったので、画面が揺れていてお見苦しいと思いますが、良かったら見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=fgYzFg-3MVg&feature=youtu.be

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

完全ワイアレスイヤホン

ジムで筋トレしているときに、いつも音楽を聞いている。

筋トレは楽しくはないし、ただ辛いだけなので、せめて音楽でも聞いて頑張ろうと思っている。

しかし、イヤホンのコードが引っかかったりして邪魔になる。この前、ヨドバシカメラに行ったら「完全ワイアレスイヤホン」

というのを見かけた。結構良い値段だったけど、比較的安いものを選んだ。レコード針メーカーで有名な「ナガオカ」の製品だ。

これはとても便利だ。コードがまったくないので、引っかかることも無い。気軽に使える。音も良い。

しかし、難点が一つ。僕の右耳の形状のせいだと思うけど、たまに抜けて落ちてしまう。コードがあれば、本体が床に落ちることはないけど、コードがないので床に落ちる。

トイレとかだったらとても困る。あるいは、駅のホームで線路に落ちたりしたら……等々。

でも、今のところまだジムでしか使ってないので、最悪のことはないが、気をつけないといけない。

耳の形状に問題のない人は大丈夫だと思うけど、導入しようと思われている方は注意してくださいね。

Dsc_2227864x1536

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

春風にのって♪

ひな人形も片付けたし、チューリップもずいぶん大きくなってきたのに、風が冷たく、寒い日がつづく。
そんな折りに、神戸のライブハウスで、またまた下手な歌を歌ってきた。

「杉田じゅんじ&たら」さんのコンサートの第2部のコーナーへの参加で、素人が自分で楽器を持ってきて歌うというコーナーなのです(僕はピアノなのでステージのを借りました)。

生憎の雨で、しかも風がけっこう強い日だった。地下鉄の大倉山駅で降りて、すぐ近くのはずで、しかも、去年も行っているのに

迷ってしまった。スマホの地図を見ると、すぐ近くなのに分からない。「北東に行け」と言われるが、どっちが北か分からない。

すぐに方位磁石のアプリをインストールしたが、何だかよく分からない。うろうろすること20分、ふっと気付いたら近くにあった。

何だかキツネにつままれたような妙な気持ちだった。取りあえずホッとする。

今回はオリジナル曲ではなく、懐かしい古い曲で「いちご白書をもう一度」という曲にした。

あまり春らしくないけど……。

20190316-105625

(※素のままの写真は本邦初公開です?)

 

もちろん他の人も歌っていたのだけど、みんなすごく良いギターを持っていた。楽器屋さんでもふだん見られないギターを見て、音色を聞いてきた。

それだけでも価値があったかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

バンドチャレンジ

昨日、今年のバンドチャレンジが、大阪梅田「バナナホール」で開催された。

今年も参加した。

9人のバンドだけど、ドラムスが3人で、一曲ずつ交代するので、舞台に立つのは常時7人になる。

今回はドリカムの「何度でも」、スーパーフライの「beautiful」、AIKOの「Boyfriend」の3曲だった。

僕はエレアコ担当なので演奏だけだが、やっぱりちょっと緊張したせいか、イントロやエンディングで詰まったりした。

失敗すると落ち込むこともあるが、何もしないよりはズッと良いと思う。失敗もあるが(こちらの方がずっと多い)、上手くいったときの達成感がある。

これは何かをやり遂げた時のご褒美で、何にも替えがたいと思う。

妻も一応見に来てくれた(「耳にたこ出来てるけど、しゃーないし行くわ」とのこと)し、友人達も来てくれて、励みになった。

バンドはやっぱり良い。音の重なりとハーモニー、歌声、ドラムスのお腹に響くリズム、どれも心地よく音の空間を作ってくれる。その中に居る幸せを感じる。

banchare2018_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

手首が痛い

ベンチプレスのし過ぎで肩を痛めたり、原因不明の首筋痛めで、車でバックする時に後ろを向くと、すごく痛かったりして困っている。

今度は、2、3日前から左手首が痛くなって、どうしたんだろう? と、いろいろと原因を考えたが、思い当たらない。

今日、ギターを触ったら気がついた。

ギターの練習し過ぎで左手首を痛めたようだ。今までそんなに練習をしたことがないので、気付かなかった。

来月の「バンドチャレンジ」を控えて、今までに無い位練習したせいだと思う。曲目は

ドリカムの「何度でも」、スーパーフライの「Beautiful」、AIKOの「Boy Friend」

どれも結構速い。しかも、大バレーで押さえるコードが多い。

バンドでやるので、出来れば楽譜を見て弾きたくない。

そんなこんなで、珍しく練習のし過ぎの成果(?)のようだ。

出来れば、舞台でちょっとカッコ良く弾きたいなんて下心のせいかも知れない。でも、これ以上悪化すると当日弾けなくなったりするのでほどほどにしておこうと思う。

DSC_0909-540x960

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

ENCORE!!

6月に予定されていた小田和正さんのコンサート「ENCORE!!」が地震のため1月に延期になった。

本来、大阪2度目の予定だった12日、13日の城ホールのコンサートが大阪初になった。

DSC_0891-960x540

彼はMCの中で「最近Tシャツを後ろ前に着ることがあるんですよ(笑)。でも、この歌は、決してTシャツを前後ろに着ることがなかった頃の歌です」
と言って、オフコース当時の「ワインの匂い」と「秋の気配」を歌った。もう何年も彼のコンサートに行っているが、僕の記憶が正しければ、これらの歌をコンサートで聞いたのは初めてだと思う。70歳になった小田さんが歌う「ワインの匂い」も「秋の気配」もなかなか良いものだ。

DSC_0893-864x1536

「秋の気配」は、当時、僕は、買ったばかりの電子ピアノで、伴奏を必死に練習して歌った。小田さんの弾くピアノの伴奏もとてもステキだった。

新曲の「この道を」「会いに行く」「坂道を上って」「小さな風景」

どれも心に沁みる良い曲だった。

今回のツアーで買ったTシャツはこれです。

DSC_0896-540x960

「バンドチャレンジ」の衣装に良いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

音楽はコミュニケーションだ!

と、とある著名なミュージシャンがラジオで言っていた。さらに、こう続けた。

「下手でも、上手くとも関係無く、人に聴かせたら良いんですよ。そうやってコミュニケーションが生まれたり、感動してもらったり出来るんだから。逆に貶されたって良いんですよ。それはそれで人に伝わっているわけだから」

「家で一人で弾いたり、歌ったりしても、それは単なる練習であって音楽ではないですよ」

この言葉に得心し、勇気を得て「サマーコンサート2018」に参加した。ある大手チェーン店のドラッグストアが毎回主催するコンサートだ。

参加料千円払えば、誰でも参加できる。といっても、参加するのはなかなか勇気がいるので、それ程多くの参加者はいないようだ。

二部構成で、第1部はピアノ独走や連弾で、第2部は合奏、バンド、歌、などになっている。

僕は第1部に参加することにした。自作のピアノ曲「風、八月の空に」という曲を演奏することにした。

第一部は僕以外はみんな小学生高学年の女子で、かなり上手い。リハーサルでの練習を聴いて驚いた。かなり高度なテクニックを駆使している。

これは勝負にならないので(勝ち負けではないが)僕は僕のスタイルで訴えようと思った。リハーサル終了後に若いスタッフの男性が「今日は朝から忙しくてバタバタしていてすごい疲れていたのですが、あなたのピアノを聴いて、すごく癒されました。気持ちが落ち着きました」と言ってくれた。緊張していた僕も、その言葉で緊張が幾分和らいだ。同時に、自分の音楽が人を癒したり、気持ちを落ち着かせたりすることが出来るという事実に感動した。

後ろから二番目の僕の番が終わった。結構落ち着いて演奏することが出来た。ホールの音響が良かったので、今までで一番良い出来だったかもしれない。

concert

演奏が終わって席に戻ると、後ろの席の知らないご夫婦が「良かったよ!! とっても良かった。感動した」と、わざわざ言ってくれた。

第一部が終わって休憩に入る。みんなが会場を一旦出る。その時に別なご夫婦が声を掛けてくれて「良かった!! 感動した。曲名にぴったりですごく良かった」と言い、握手まで求められた。一瞬知り合いの人かと思ったが、まったく知らない人だった。嬉しかった。本当に嬉しかった。今まで、この曲を別な所で数回演奏したことがあったがほとんど反応がなかったので、今回のリアクションは本当に意外で嬉しいことだった。

自分の作った音楽が人を癒したり、少なからず感動させる力があることに驚き、そのことに感動した。やっぱり音楽はコミュニケーションなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

サウンド・メッセ

土日の二日間だけ、大阪南港のATCホールというイベント会場で楽器(主にギター)の展示&即売会があった。

広ーい会場にいくつものメーカーのギターがずらりと並ぶ。

マーチンとかテイラーとか海外の有名メーカーはもちろん、ヤマハ、モーリスなどの国内メーカーに加えて、小さなギター工房が作るギターまで、実にたくさんのギターがあった。

メーカーの数に驚き、製品の種類に驚き、とにかくアドレナリン満開状態で、足が完全に浮いていた。

20180512_152632-747x132820180512_153453-1328x747

無金利24回払いローンなどという文言の誘惑もあったが、これ以上ギターが増えてもお守りできないので、なるべく足早に会場を歩いた。

とっ、そこにこのギター!

20180512_152450-747x1328

誰もが憧れるギブソンのレスポール。定価298,000円が、何と138,000円。限定4台。無金利24回ローン有り。

これにはかなり心が動かされた。心の中7対3に傾いた。ちょっと気を静めようと思い、ライブコーナーに。

20180512_155200-1328x747

デュエットのギター演奏をやっていた。さすがに上手で、うっとりと聞いていた。そして気がついた。

「良いギターが何本あっても、弾きこなさない限り宝の持ち腐れである」

という当たり前の命題に。

ビーズの松本さんのようにレスポールが弾けたら随分価値があるが、やっぱり僕には弾きこなせないと思った。

今持っているギターをしっかり練習することが大事なんだと気付いた。

そして、これを購入した。現金即決払い。

20180512_181556-747x1328

ギターの余った端切れの板。1枚50円。

コースターか、一輪挿しの台に使えると思う。

良い買い物をした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

A.ドボルザークからお寿司?

昨日は夕方から生憎の雨だったが、ビオラを演奏する友人(アンサンブル・ヴィトラ)のクラシックコンサートに行って来た。

アンサンブル・ヴィトラにはN響の次席ヴァイオリン奏者の白井篤さんも居る。

20180415_220656_001-747x1328

京都の市立堀川音楽高校のホールだった。このホールは素晴らしかった。音響的にもクラシックホールとしては申し分の無いものだと思う。

三部構成で、第一部はG.エネスクの「ピアノのための組曲第2番」、ピアノ奏者の塩見さんという人は楽譜なしで弾いていた。何故、あんなに多くの音が同時に出てくるのだろうと感心しながら聞いていた。

第2部はドボルザークの「弦楽三重奏のためのミニアチュール」。第3部は同じくドボルザークの「ピアノ五重奏曲第2番」だった。

ドボルザークはやっぱり良い!! 僕のような素人でも、とても聞きやすく、とても心地よい。うっとりと引き込まれてしまう。

そして、このピアノ五重奏を聞いていて、突然、お腹が空いた。何故だろう? きっと、良い音楽を聞いて胃が活性化されたのだと思う。

「孤独のグルメ」の五郎さんのように、突然、お腹が空いた。それも、お寿司が食べたい!! と思った。

コンサートが終わり、友人に挨拶もそこそこに、帰路についた。でも、その日は時間も遅かったしお寿司は食べられなかった。

そして、今日、リベンジすべく、お寿司のネタを買って来てお寿司を握った。

20180415_193454-1328x747

そして、もちろん美味しかった。それにしても、久しぶりにお寿司を握った。腕は衰えていなかった。

ドボルザークとお寿司、きっと相性が良いのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧